目的地、【肥後細川庭園】に到着しました。以前は、「新江戸川公園」だったのですが、2017年3月18日の改修工事に伴い公募の中から改称されたそうです。

まず入園して思ったことは、
「これが無料?!」でした。

歩みを進めるごとに、手入れの行き届いた公園に感動します。

細川家下屋敷の庭園の跡地をそのまま公園にした池泉回遊式庭園です。

花嫁さん、発見!

正門の方にも、カメラマン待ち?のカップルがいらっしゃいました。制約があまりなく撮影が可能なのかもです。

トップの写真は神田川沿いにある南門でこちらが目白側にある正門です。

由緒正しき細川家の家紋。

正門側から望む景色です。
大泉水を中心に起伏に富んだ素晴らしい眺めです。夏でこの美しさですから、秋は素敵でしょうねー。

松聲閣(しょうせいかく)と呼ばれる、元細川家の学問所だった建物です。
大正時代の建造物で、歴史性を活かした整備工事等を行い、平成28年1月16日にリニューアルオープンしたそうです。

入り口のおもてなし。こちらだけかと思いましたら、後で寄る椿山荘にもサービスがありました。
目白台と呼ばれるあたりの夏の熱中症対策のようでした。素晴らしい!

松聲閣2階。一階は集会場で多目的にお借りできるお部屋が幾つかあり、ちょうどお着物姿で煎茶道のお稽古か何かで利用する方に遭遇いたしました。

2階から望む景色。

松聲閣を大泉水から見た景色。

松聲閣に面したあたりをうろうろしていると、水琴窟を発見!
すると近くで植木の手入れをなさっていた方がお声をかけてくださって、聴き方を教えてくれました。
あっても枯れていてなかなか聴けないことが多いので、綺麗で涼やかな音を聴くことができてプチ納涼感を味わいました。

こちらのスタッフはすべての方が感じが良かったですね。
こちらを愛していらして、色々なところを見て発見して利用して、というような思いが伝わりました。それが相まって、こちらの庭園はとてもいい印象です。

回遊式なので色々な角度からお庭を眺めようと、石段を上がって行きます。

小高いところから眺める景色はまた違うものです。

この庭園を維持されながら東京都に譲渡される前までこの場所にお住まいだった細川家も凄すぎます。

さて、次なる目的地は細川家の財宝が拝見できる永青文庫へ。こちら肥後細川庭園の散策路から通じています。

肥後細川庭園

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266596

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM