八代亜紀さんコンサートに行きました。
おばから譲り受けたお客様感謝祭の催し物。一度、生で八代さんの歌うジャズを聞いてみたかったので、有り難く二つ返事させていただきました。

目的のジャズナンバーの他、数々のヒット曲、カバー曲の「黒い花びら」は沁みました。ラストは「舟唄」。
唯一無二の歌声に一日のバタバタがぶっ飛びました。

コンサートはかつらメーカーのお客様への感謝祭なので、何か押し付けがあるとイヤだなと思っていましたら、会社の新業態のヒアルロン酸のサプリメントと本社のある愛知県の名産、ういろうをいただきました。

一子相伝という老舗もある中、日本の良き文化を広く長く継承するためには、今も昔も変わりないのかもしれません。

今は、SMS映えするビジュアル重視するものがものづくりの基本なのでしょうね。
老若男女、かわいいもの、キライなわけがありません。

名古屋の銘菓「ういろう」漢字では「外郎」と書き、600年もの昔に中国の米粉と砂糖で作られたお菓子を日本に伝えた人が「礼部員外郎(れいぶいんがいろう)」という官職にあったことからこの名前がついたそうです。

今回いただいたのは「青柳」と人気を二分するおいしいと評判の「大須ういろ」というブランドのもので、美味しかったし、この可愛さは牽かれるものがありました。

就任して4年目だという若き社長、外してないと思いました。

おしゃれなクラフト紙のパッケージに入ったアイスキャンディーみたいなういろう「ウイロバー」和菓子の概念を変えますね。

ないろは、小豆を練り込んだもので、ういろと呼ぶのと同じく「大須ういろ」の商法登録だそうです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266649

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM