行ったであろう場所を訪ねてみる。また、再発見があります。そして、京都の春秋は、普段見れないものが拝見できる貴重な時期です。
世界遺産 御室【仁和寺】
御室とはこのあたりの地名だそうですが、御室と言えば仁和寺です。
このあたり、オムロンの創業地でもあるそうです。

神護寺の復路でもあったので、寄ってみることにしました。

仁王門には、

阿形、吽形の金剛力士像。
京都では珍しい道路に面した京都3大門のひとつだそうです。

『仁和寺御殿』といわれる御所風建築物が特長だそうです。

順路を歩いて行きます。

京都の社寺は本当に紅葉がよく合います。

手入れの行き届いた庭。五重塔が見せ所になっています。

高尾に比べると紅葉はかなり遅れています。

『霊明殿』
ご本尊の薬師如来像は仏像のなかでは日本一小さな国宝だそうです。

王朝の雅を偲ばせる宸殿と対照的なのが二つの庭園だそうです。

寺といえども門跡寺院。風格があります。

もみじの姿ありました!

やはり勅使門があります。他に薬医門、皇族門などが宸殿近くにあります。

宸殿をあとにして中門をくぐります。

浄心の参道を進むと、左手に春、洛中最後を飾る御室桜があります。樹高が低く遅咲きで”お多福桜”の愛称で親しまれています。

右手に五重塔。五重の屋根がほぼ同じ大きさなのだそうです。

阿弥陀三尊像をお祀りする建物は京都御所の紫宸殿(御所でもっとも格式の高い建物)を移築した国宝『金堂』。
仁和寺の最も重要なお堂だということです。

こちらで非公開を貫いてきた裏堂の壁画を拝見しました。
五大明王壁画は阿弥陀三尊の背面にあり、公開されるのは実に372年ぶりだそうです。見どころの説明もたいへん楽しゅうございました。

金堂の屋根。

このような繊細な装飾は見たことがありません。

こちらも特別公開の『経蔵』
内部には回転させるとそれだけで経典を読誦したのと同じ御利益が得られるという回転式の八角輪蔵が設けられています。
また、その輪蔵には一切経が収められている768の経箱が供えられています。

『金剛菩薩像』お花の菩薩像だそうです。
生け花御室流は仁和寺を創建された初代門跡、第59代宇多天皇を流祖と尊崇し伝承されている華道流派なのだそうです。

横にある霊宝館では、秋季公開のさまざまな仏の姿を拝見いたしました。
たいへん充実した時間が過ごせました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266677

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM