豊国神社(とよくにじんじゃ)は、豊臣秀吉を祀る神社で、全国にある豊国神社の総本社です。

養源院から近いところで、以前から機会があればと思っていたので、訪ねてみました。

日が陰り始めていましたので、社寺めぐりは、ライトアップしたお寺をのぞけば本日最後の場所です。

 

豊臣家滅亡とともに徳川家の命により廃絶となりましたが、のちに明治天皇の勅命により再興されました。

京都の人々からは、「ほうこくさん」の名で親しまれています。

正面には伝伏見城遺構の国宝唐門がそびえています。

『宝物殿』を拝見しました。

「豊国祭礼図屏風」は重要文化財だそうですが、祭事の盛大さがうかがい知れます。

並びにある鐘楼が目に入ったので行ってみました。

方広寺とありまして、豊臣、徳川の引き金と伝えられる「国家安泰」の鐘です。

大きな梵鐘の銘文の一部に「国家安康」「君臣豊楽」を「家康の名を引き裂いて呪詛(じゅそ)するもの」 といいがかりをつけたのが大坂冬の陣へとつながったそうですが、左上、白っぽくなっている箇所に刻まれています。    

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266679

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM