東山七条にある京都国立博物館は、上野にある東京国立博物館と同じようにその建造物が魅了的なので、入館したいと思っていましたが、昨年来た時は丁度『国宝展』が開催中で、午後5時に前を横切った時、二時間待ちの行列であきらめました。

博物館は6時閉館でしたので、まず豊国神社へ行ってから入館することにしました。

こちらは、その豊国神社の並びにある正門の前です。

夕暮れ間際、気さくな警備員さんが私を撮影してくれましたが、

残念(T_T) 私、豆粒です。

煉瓦造りの博物館ではなく、上野と同じく平成になってできた平成知新館での公開は、京都らしいテーマの『京のかたな』展。

よくわかりませんが、平安時代から現代までの刀工たちの作品が展示されているというので、出逢いを求めて入館いたします。

この平成知新館、デザインにとても惹かれました。

開館は2014年9月。

京都国立博物館自体は昨年120周年だったようです。

だから、国宝展、だったわけですね。

 

かたな展は、多くの方々でいっぱいでした。

夕方、美術鑑賞をすることがないので東京の状況はわからないのですが、文化財を多く抱える京都ならでは、意識が違うな、と思いました。

6時過ぎ、すっかり日も沈み。京都タワーが浮かびあがりました。

通常は、5時、特別展のある時は6時。金曜日は8時までが開館時間ですが、このナイトシーンはなかなか素敵です。

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266680

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM