先輩方と大寄せの茶会へ参加させていただきました。9時に待ち合わせをし、10時頃には到着しましたが、濃茶のお席はすでに多くの方がお待ちでした。

この先が濃茶席。

寄付のお軸。

広間に40人ほどが入りました。

お菓子、"錦秋です"

もちろん、点て出しをいただきますが、とても美味しいお茶でした。
また、お道具も素晴らしく、ホンモノの楽茶碗、手にとって拝見させていただきました。

薄茶をいただく前に丁度いい時間なので点心をいただくこととなりました。

茶道会館内にある仕出しのお弁当のようです。

色とりどり。冷めても美味しい仕上がりでした。

薄茶席主はとても気さくな方で、お道具の説明も熱心に教えていただいて勉強になりました。

お菓子は地元東松山の栗の上生菓子でした。とてもいいお味でした。

会記。どれだけ素晴らしいお道具かがわかります。
美術品を手にとって見れるのは願ってもないこと。厚かましく拝見させていただきました。
気になったのはイチョウのこぶの部分を乳銀杏とした茶杓。見慣れた竹と比べると艶やかで滑らかなつるりとした感じが印象的でした。

立礼は学生さんたちのお席でした。

星に願いをというテーマでの取り合わせは、

たくさんの国の楽しいものばかりでした。

白玉椿。

会記。

替茶碗は、生徒がデザインした三島。茶杓を削るワークショップもあったようで、お点前に選抜されたものが使われていました。

楽しい時間はあっという間。

お稽古では味わえない精神的なことやお茶会の雰囲気を存分に楽しませていただきました。楽しかったです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266689

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM