初釜のお菓子を担当しています。
夏から調べて、花びら餅と干支干菓子を決めていました。
干菓子に添える彩りとして有平糖の千代結びと常磐結びが良いと思っておりましたが、物言いがつきました。
色々調べて御目出度い意匠の和三盆の干菓子にすることにしました。
その干菓子が六本木にある麻布青野製。
干菓子は日持ちするので、時間のある時にと、買いに行くことにしました。
で、せっかくなので、青野さんの人気商品【鶯もち】を買い求めました。

開けてみますとこのようになっております。

信玄餅に似ていますが、蜜などはかけません。

きな粉たっぷりの懐かしいお味ですが、柔らかい羽二重餅と和菓子屋の餡が絶妙です。

他にどら焼をいただきましたが、蜂蜜色でしっとりした裏切りのない美味しいお品でした。こちらは、焼き印をオリジナルでお願いできたり、ハートがあったりします。

また、男性のお客様がご進物にご購入でして、六本木にある会社ですとか慶弔に使われる方が多いのかしら?と、想像しました。
お祝い事の笑顔饅頭や紅白饅頭も種類豊富でした。

麻布 青野総本舗

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266702

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM