還暦の東京タワーのきらきらに気持ちは高鳴ってきていました。忘年会場"とうふ屋うかい"は、東京タワーの足元にありますから、お店の周り、SNS映えする写真を撮ろうと多くの人でいっぱいでした。

"とうふ屋うかい"、客席は80ほどあるそうですが、とにかくお庭だけでなく、客室までのいざないが素敵!

通路に置かれた酒樽などの設えのご説明などを受けて、奥のお部屋にご案内されます。完全個室。お庭の景色をのぞめる堀ごたつ型の和室に通されます。

夜のコースは3つ。少食が多いので、お肉料理の入らない"花"をお願いしました。

先付けは、こんな形で運ばれてきました。
落花生とうふ。いくらなます、柚子がま入り。鴨ロース煮。柿の葉寿し。

名物"あげ田楽"お庭のまん中にある場所で揚げているそうです。
揚げたての油揚げ、サクサクして美味しいですね。

本日の湊より"お造り"
こんな風にお刺身を盛り付ける方法があるのですね。

"海老芋含め煮"

"名物 豆水とうふ"
土鍋に入ったとうふが分けられました。添えられた出汁醤油と塩こぶでいただくのも良しですが、そのまんまで十分美味しいです。

"銀だら柴焼き"きんぴらを柴に見立てたそうです。

ごはんものがきました。

"鯛ごはん、赤だし、香の物"

"熟柿、しるこ"
食事はこれでおしまい。
楽しくいただきました。

客席から中庭に出てみました。二階もあります。

まん中の東屋。ここでおあげさんが揚げられているようです。

入り口側。裏からみると、こんな景色です。

入り口、お蔵があるんです。飾られてる花。

クリスマスの設え。クリスマス柄の抹茶碗です。

冬至の設えは『ん』のつくもの。昔から冬至の日は『ん』のつくものを食事と縁起が良いそうです。にんじん、きんかん、れんこん、かんてん、なんきん、いんげん、ぎんなん。

入口、天井も素敵です。

並びに民芸調の部屋があります。

せっかくなので、と、バーに寄って行きました。

"吉祥庵"

あまおうのジュースをいただきました。

外に出ると雨も上がり、なんと!満月も拝めました。

鳥居や朱の橋。

そして、東京タワー。

赤羽橋まで、5分。アクセスもいいですね。

芝公園 とうふ屋うかい

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266705

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM