昨日は「経過を知りたいので連れてきてください」と言われていた日なので、小梅を獣医さんへ夫が連れて行きました。いただいたステロイドは効果なく、やはり診断は「ヘルニア」だということでした。

前日の夜。私は水曜日からの小梅の様子を見ていて、ヘルニアを確信していました。では、どうするか?
たぶん獣医さんは手術を奨めるのだろうと、予測しました。案の定、そうでした。そして、その後も予想しました。診察していただいた病院では外科的手術はできないので、高度医療の動物総合病院を紹介される。これも当たりでした。

杏の時で、経験済みです。

病気になった時に優先したいこと。QOL(クオリティ オブ ライフ)を大事にすること。これも学習済みです。そして、他の意見に流されず、自分で道を探して決めること。

色々調べました。私自身が脛椎ヘルニア持ちです。腰は脊柱管狭窄症という病名をいただいています。神経ブロック注射、おそらく30回以上は打っていただいています。それでよくなったのか?それもよくわかりません。
手術をして良くなった方の話も聞きますが、それもどうなんでしょうか?その人がその解決法を選んで結果良しということはすべての人に花丸ではないはずです。

わんこの場合もおなじ、ヘルニアの手術をすれば100%ということではないらしく、最近は余り積極的に手術を薦めていないこともわかりました。飼い主さんに寄り添う獣医さんだったらそうかもしれません。治らないのにメスをいれたがる大病院には注意!私はそんな風に心が育ってしまいました。

今日の小梅、@駒澤公園です。
依然として、後ろ足は麻痺したまま、排尿障害も変わらずです。でも写真でわかるでしょうか?今朝からこのように前足を使って動くという変化がありました。

実はネットで色々調べると、ヘルニアは発症してからとにかく早い処置をすることが大事だとありました。そして、鍼灸治療が効果的かもしれないということに望みがあるかもと思いました。

我が家の夫は閉鎖的なところがあるので、東洋治療の効果を実感し、効果があった実例やコメントを見てもらい説得しました。

とにかくは獣医には連れて行く!それは変わらぬことでしたが、その後なら行くのも考えると言ってくれたので、目星をつけた鍼灸の施術をしてくださる動物病院の予約を早朝にしました。そこはネットでの予約制なのでそれができましたが、間一髪でした。この日は予約できた時間しか空いていませんでした。ご縁があったんですね。

そこは学芸大学駅近くにある動物病院で、先生がとても個性的でした。たくさんの方のコメントを読んでなかったら覚悟がなく猜疑心でいっぱいになっていたかもしれません。

先生はおっしゃいました。ヘルニアという病気はないと…。そして、必ず治りますよ。と。
それを信じて、施術していただきました。獣医さんに行くと震える小梅が落ち着いていたことにも驚きましたが、術後、顔つきが変わりました。

ミラクルを信じて、もしかしてすぐに歩けるようになるんじゃないか、
それは叶わぬ夢でしたが、写真のような変化は私たちにとって光でした。

夫も確実に先生を信頼、希望を託す気持ちを抱いたようで、私が甘夏や茶豆と一緒に散歩に付き添うのは小梅に意味があることと、思ってくれている変化がありました。

そして今日も、本当は小梅ちゃんが行けないから週末ちょぴり遠くへ散歩はおあずけのはずでしたが、カートでもお散歩しやすい、駒澤公園へやってきました。

診察に行った獣医さんはこう言いました。「2週間は絶対安静」って。
私は、歩きたい気持ちは薬物治療よりも大きく変える何かだと信じています。

Comment
sourireさま
小梅の心配を有り難うございます。
まだ後ろ足の麻痺がありますが、排尿障害はステロイドの副作用だったようで、それだけでも不安がなくなりました。
まだほとんどバギーの生活ですが、前足を上手に使いながら、外でちゃんと排泄してくれます。
日々の回復を願っております。
  • kisetsuomederu
  • 2019/01/27 21:14
Gifuさま
ブログを見ていただいて有り難うございます。
私の未熟な写真で宜しければ、どうぞお使いくださいませ。
これからもよろしくお願いいたします。
  • kisetsuomederu
  • 2019/01/27 21:08
こんばんは。

その後、小梅ちゃんの様子はいかがでしょうか?

小梅ちゃんは、前足だけ使って前に進み始めているのですね。
看病は大変だと思いますが、応援しています。

  • sourire
  • 2019/01/27 21:00
突然のコメント失礼いたします。

http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?eid=1263998
にございます素敵な葉蓋のお写真を個人的に使用したいと思いご連絡さしあげました。
  • Gifu
  • 2019/01/26 16:44
kayokoさん、
ヒーローママさん、

お二人の経験談、大変参考になりました。

獣医さんで処方されたステロイドの影響で頻尿になり、排尿障害になった時はこのまま半身麻痺なのかと、絶望的になりましたが、様子に変化があり、希望を持って看病しています。

まだ後ろ足は麻痺状態ですが、今日は大きいのをしたい!と訴えて、ほふく前進してきました。自力ではできない状態だったので、これも進歩です。

おふたりのお見舞いと治る!の言葉、嬉しかったです。本当にありがとうございました。
  • kisetsuomederu
  • 2019/01/22 21:26
こんにちは!ご無沙汰してます。。。

小梅ちゃんの事心配ですね。

実は我が家のヒーローとアイがヘルニア経験者です。
アイですが以前ヘルニアの症状が出るたびにかかりつけの動物病院で点滴と薬(筋肉をほぐす作用)を処方され治めていました。(ステロイドはなし)
ヒーローが発症した時にも同じ処置をしたんですが彼は治らず悪化し、ラピスちゃんが針灸で治ったと聞いていたので、群馬で針灸を探したら、会計士の先生のコーギーが針灸で治った情報や知り合いのダックスも同じ病院で治ったと聞いて藁をもつかむ思いで通ったら2回ほどの針灸で普通に歩けるようになりました。
次にアイがまた発症したので同じ針灸に行ったらなんと1回で済みました。
それ以来2ワンコとも症状はありません。

この間自宅の近所の方がダックスを抱っこして散歩されていて、我が家の6ワンコが元気に庭を駆けずり回っているのをみて声を掛けられ、ヘルニアの話をされました。
抱っこされていたダックスはヘルニアを診断され横浜の病院で2度手術をしたそうですが歩けないようでした。我が家が針灸で治ったと聞いてびっくりしてました。ちなみに我が家の先生は、初めてアイを治療した時に体に触れ、体が冷えてると言いました。確かにアイは日向ぼっこが大好きで、暑いのではないかと日陰に移動させても日向に戻る癖?みたいのがあります。それからすごく生きようとする生命力を感じると言われ、びっくりしました。先生は占い師?とも思ってしまいました。
アイは心不全、乳がん、毒エサの誤食、ヘルニアと戦って来たから。。。
人間同様犬にも合う治療、合わない治療があるかと思いますがどうぞ、安静にしてあげてください。
ワンコは痛いとは言えないけど、きっと痛いはずです。
お大事にしてくださいね。

きっと大丈夫!!!!

  • ヒーローママ
  • 2019/01/22 16:46
こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただき、
ありがとうございます。

小梅ちゃん いかがでしょうか。

ウチの前犬も二度なりました。
かかりつけの先生からそのたぴに専門の先生を紹介いただき診ていただきましたが、手術はしにくい場所とのことで経過観察。
自分で判断していたようで、こちらも動きたくなさそうなときは動かさず、幸い時間がたち動けるようになりました。

(あとあとその他にもしていた形跡はありましたが)

生命力というか、気持ちが一番ですね。

どうぞ小梅ちゃんも含め、
皆様健やかでお過ごしになられますようにお祈りします。
  • kayoko
  • 2019/01/21 12:48





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266725

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM