今日は四ヶ伝【和巾】を教えていただきました。
塗蓋の瀬戸一重口の水指の前に古帛紗を広げて置き、桑生地、内部は金箔張りの仕覆に入れた中次という茶入を荘り行うお点前です。

和巾点の経緯は、
裏千家11世の玄々斉精中宗室(1810年〜1877年)が光明天皇にお茶(「龍の影」)を献上した時に、そのお返しとして立派な切地(裂地)を拝領した際に、その切地を使って、古帛紗などを作りました。それを使用したお点前として考案されたのが「和巾点」だそうです。

「和巾点」は、名物裂をもって作った古帛紗の上に、袋にいれた中次をのせて扱う点前ですから、亭主と正客の問答の際に、和巾については、「宮家から拝領した…です」などとと答えるそうです。

また玄々斉の当時は、中次は桑で作られ、特別に装飾などは施されていませんでしたが、14世の淡々斉の時に、中次に金箔を張ったものを濃茶用とし、銀箔を張ったものを薄茶用にすることが始まったそうです。

四ヶ伝で、真の帛紗捌きを教えていただいて、このお点前の時にする四方捌きがわからなくなりました。また、要である和巾の古帛紗の扱いは文字で読むだけではわからない所作でした。「むずかしーい」を連発すると、先輩は「わからないならやらない!」と、仰いましたが、わからないからやらせていただいております。教えてくださる先生に感謝でございます。「来週は何をやるの」とのお言葉もいただきましたので、『大天目』をお稽古したいとお願いしました。。

和巾の準備
1、塗蓋の瀬戸一重口の水指を定座に置き、その前(畳1目)に和巾(古帛
 紗)を広げて置き、仕服に入れた中次を乗せる。中次は、桑生地、内
 部は金箔張り。
2、茶巾、茶筅、草の茶杓を茶碗に仕組む
3、唐銅の建水に竹の蓋置、柄杓を仕組む
3、菓子は3種(主菓子2種と水菓子1種)を縁高に入れ、黒文字と杉箸を添える

床には、豪華な山水画、そして蹲(花器)啓翁桜、梅、椿が荘られました。
バランス、美しい!
お花のプロでもある先生からは、「そろそろコブシが咲くわね〜」と、
コブシ、木蓮が開花すると、春めいてきたを感じます。

Comment
全くもって面目ありません。
ご指摘ありがとうございます。
修行の身ゆえお許しくださいませ。
貴重なコメント、有難うございました。
  • klsetsuomederu
  • 2020/07/25 17:44
光明天皇だと、古過ぎるのではないですか?
宮家から拝領ではなく、天皇から拝領ではないのですか?
【大天目】ではなく、【台天目】ではないですか?
光明天皇は、日本の北朝第2代天皇。諱は豊仁。 その即位によって北朝が成立したので北朝最初の天皇ということになるが、鎌倉時代末期に在位した兄の光厳天皇が後醍醐天皇によって即位を否定され、歴代天皇126代に含まれない北朝初代天皇として扱われているため、光明は北朝第2代とされている。
生年月日: 1322年1月11日
死亡: 1380年7月26日
即位礼: 1338年1月19日(建武4年12月28日)
ネットに、載せる時は時代考証と誤字、気を付けて、四ヶ伝は教本もない相伝稽古ですから載せるべきではないと思います。
  • 2020/07/25 15:16





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM