韓国の旅に一緒にいった仲間の集まりの会をまとめてくれた友人が、食事の前にとお楽しみをもうひとつ企画してくれました。
新豊洲に設置されている【チームラボプラネッツ】

体験型プロジェクションマッピングとでもいうのでしょうか?
サイトから抜粋しますと、
チームラボプラネッツは、「Body Immersive」というコンセプトの超巨大な4つの作品空間を中心とした計7つの作品空間による「水に入るミュージアム」。

「Body Immersive」な巨大な作品の中に身体ごと没入することによって、身体と作品との境界を曖昧にし、自分と世界との間にある境界の認識を揺るがす。

はだしとなって、超巨大な作品空間に、他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入する。
とのことです。
『Immersive』は、没入型という意味らしいです。

時間毎の入場で、まずガレージのようなところで注意点を聞きます。
それから言われた通り、最初に渡されたビニールのケースにスマホを入れて、靴下を脱いで、膝までまくって荷物はすべてロッカーに入れます。

暗い通路を歩いて行くとまずはビーンズクッションの部屋、そこに横になってみると今まで体験したことのない居心地にいつまでもいたいと思うほどでした。
その先はLEDのカーテン。
まるで宇宙の空間は、レインボーの光のシャワーです。

ここで足は膝までつかります。
水面に写し出された映像と闇。

水面には錦鯉が…

これは美しい…

渡されたタオルで足を拭き、次の空間へ。

球体に埋め尽くされた空間です。
からだを委ねておしくらまんじゅうもできます。

最後はプラネタリウムのような天井に花が舞っています。フロアーに寝転んでこの異次元に突入です。

来年の秋まで。
豊洲 チームラボプラネッツ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266748

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM