サントリー美術館で曉斎を観た後、近頃またブームになっているアフタヌーンティーをいただきにお隣のリッツ・カールトン最上階のザ・ロビー・ラウンジに行きました。
12時からいただける『ヘヴンリーティー』をネットで予約していました。

アフタヌーンティーですからまずは、オリジナルブレンドの紅茶をサービスしてくださいますが、この中の茶葉から2番目のお茶(中には緑茶やウバもありました)を選べます。
私は珈琲をお願いしましたが、おかわりは何度もできます。

その後こんなワゴンがやってきて、ジャムを一種と小菓子を二種選びます。

こちらが私の選んだチェリージャム。友人はレモンジャムを選びました。さすがにクオリティの高い品でした。

1番右はクロテッドクリーム。スコーンにハマった時、日本にはまだクロテッドクリームが余りなく、方々を捜したものです。蓼科のバラクライングリッシュガーデンで本場のを見つけた時は小躍りしたものです。確かデヴォン地方が有名だったと思いますけど、いまでは小岩井や中沢などが出していますね。リッツ・カールトンのクロテッドクリームはフレッシュでクリーミーでした。

トレーが運ばれる前に、プレーンスコーン。ココナッツクッキー、アーモンドロッシェ、フィナンシェが供されます。

スコーンは温めてあるのですぐにクロテッドクリームとジャムでいただきます。クリームが先かジャムが先かというのが議論になりますが、本場では、ジャムの後にたっぷりのクロテッドクリームを乗せていただくのが、王道なようです。

よくお菓子を焼いていた時にスコーン
はキツネの口がガバッと開いたような膨らみが目安とあり、そうなったものはホロホロと美味しいので、レシピを見漁りました。確かバターだけでなく、サワークリームを入れたものにたどり着いた記憶があります。

トレーの上段に乗るスウィーツ。
左奥時計回りに、シャンパンジュレ ストロベリー。苺のタルト 柚子クリーム。
ストロベリーオレンジマスカルポーネ。フロマージュクリュ オレンジジュレ フィヤンティーヌ。

下段に乗るセイボリーとフィンガーサンドウィッチ。
左奥時計回りに季節野菜のスティック、カボスのディップ。スモークサーモンのコンフィ ビーツ イクラ ディル。ズワイ蟹 ハイビスカス ライム。フォアグラムース 林檎のフレーバー。サンドウィッチがロースハム チーズ 金柑ジャム チョリソ。

豪華で優雅な時間が過ごせましたし、どれも小さい中に技術が収められたものたちでした。
そしてお腹は満足度でいっばいでした。

リッツ・カールトン/ザ・ロビー・ラウンジ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266750

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM