三菱一号館美術館とBunkamuraで見ていて、夢中になっていました。
その作風は多義に渡り、どれが曉斎スタイルなのか?それはまったくわかりません。開催中のタイトル通り「その手に描けぬものなし」なのです。
でも私的には風刺画やおどろおどろしい作品が好きです。
三菱一号館美術館の設計をしたジョサイア・コンドルが弟子入りしたというのは、西欧に評価されるような煌めきがあるからかもしれません。
今回はいつかは、と、思って行けていない西川口にある河鍋曉斎記念美術館からたくさんの作品が出展されているのも魅力的でした。

サントリー美術館『その手に描けぬものなし』
2015年三菱一号館美術館
2017年Bunkamura ザミュージアム

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266751

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM