社寺が恋しくなりました。
『東京社寺』でググってみると、何故か飛び込んできたのが、【日枝神社】でした。
午前中、美容院の予約をしていたので、その後にと考えていました。そのことを長年私の頭をやってくれている美容師さんに言うと、なんと!よく行くというのです。

そこで教えてくれたのが、この鳥居から入ってはダメということ。

教え通りに左手坂道を上がって行きます。確かに【日枝神社】の看板、鳥居の左奥にあり、そこに矢印。

彼女はこの階段も無視と言いました。

その先左手に鳥居がありました。ここからが参道?ということか?

鳥居の先『山王日枝神社』とありました。

「稲荷参道?」

あっ、でも、彼女は駐車場があったらその先と言っていました。看板もあり、間違いないようです。

到着しました。
これが神社に続く男坂。

かなり険しい。

宝物殿、本日金曜日、火曜日は閉まっていますが、刀剣など拝見できるようです。
手水舎でお清めします。

神門。

日枝神社は縁結びにご利益があるので、東京大神宮と同じく、神門にハート!正式には『猪の目(いのめ)』と呼ばれる形だそうで、待ち受け画面にすると恋愛運がアップするとの噂もあるとかです。

本殿です。
仕事運・出世運アップのご利益があるという事なので、多くのビジネスマンの姿がありました。

この先が外堀通り。ここから来るのを避けたわけですが、エスカレーターがあります。

こちら側は裏参道になるようです。
スピリチュアルな感覚は薄かったんですが、お詣りできて良かったです。

まさる守りは、「魔が去る」 「何事にも勝る」 といった魔除けや勝負事のお守り。
日枝神社は神様のお使いが猿なので、両隣には狛犬ではなく神猿像が置かれていました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266760

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM