元号が『令和』に決まった日本は、桜満開の陽気の中でした。むかしむかし改元は厄を祓う意味でされたという時もあったといいますが、これほど国民が興味を持って歓喜をあげたのも春のうららかさと、天皇ご存命中の出来事であったからか?というような思いになりました。改元が2度目の私は明らかに違う空気を感じ、令和の文字に込められた穏やかな時代が訪れることを願いたいと思います。この熱気、来年のオリンピックyearも感じるんでしょうね。

床には、『百花春至為誰開』
「ひゃっかはるいたって たがためにかひらく」というお軸がかけられていました。

日本人にとって桜は特別な花ですが、さくらの季節は百花繚乱の季節でもあります。
花は一体、誰の為に咲くのでしょうか。誰の為でもありません。何の為でもありません。「美しく咲き乱れる春の花はいったい誰の為に咲くのか」という問いかけの禅語です。
花は誰の為でもなく、ただ無心に咲くだけです。ありのままに咲くからこそ花は美しいのでしょうね。花のように無心に生きることができることができれば人としても素晴らしいわけですね。
花はだから人を感動させるのですね。
Let It Go~ありのままで~

茶花は、レンギョウと卜伴(ボクハン)という椿が荘られました。
つばきももう終わりですね。
お稽古は四ヶ伝の台天目をさせていただきました。1回目に良くわからなかったところが少し明るくなりました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266778

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM