富士山の麓にあるギャラリー ナノリウム。
そこで以前お茶を教えていただいた先生が茶席を設けるのでと、お誘いをいただきました。闘病なさっている先生が会える状態に少し回復して元気に過ごされているサインと思い、教えていただいていた仲間3人と押し掛けることにしました。

メインはギャラリーにて行われている陶芸家 松田百合子先生の作品展です。

会期は5月7日(火)まで、茶席は20日(日)にもあります。

ギャラリー到着です。なんと!一昨日今期初の大雪が降り、防寒をしっかりして来てとのお達しをいただいたので、思い切り冬仕様の装いです。

ナノリウムにお邪魔するのは3回目。森の中の素敵なギャラリーです。

玄関には山で今咲いている花でしょうか?枝ものばかりが大胆に入れられていました。

エントランス ホール。

そしてこの廊下からがギャラリースペースです。

カフェスペース。

ほら、窓辺からは雪景色。山はこれだから油断できません。

富士山の麓でもソメイヨシノは咲くのでしょうが、今はこの『富士ざくら』別名 乙女桜が咲いているようです。

常設、販売コーナーもあります。以前、こちらで催された茶会に参加させていただきました。

本日は廊下を抜けて左手にあるギャラリースペースで、お茶をいただける設えになっていました。

急遽私たちは、お点前や半東、陰出しをお手伝いさせていただくことになりました。
色絵の水指、お茶碗、壁に飾られている大根の形の花入れ、筍の形の香合、松田先生の作品です。

もちろん美味しいお菓子とお抹茶もいただきました。今回は松田先生のお茶碗でお茶をいただけるという貴重な体験もさせていただきました。

松田 百合子先生HP

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266782

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM