富士山の茶会でいただいたお菓子です。

茶会会場で個展開催中の陶芸家 松田百合子先生が用意してくださいました。
京都亀屋清永謹製。『春のうらら』
桜の時期の限定だそうです。

少し日持ちのする棹菓子でしたが、美味しいお品でした。桜色は村雨。小豆と米粉と砂糖のみで作られたそぼろの蒸し菓子です。 緑色のこなし餡で巻いた小倉餡を包み込んでいる三色仕立てです。

亀屋清永

こちらも季節限定のヨックモック『さくらクッキー』
桜花クッキーは桜の花をイメージし、 軽いサブレ生地に焼き上げた、 はちみつと塩漬け桜花入りの口どけの良いクッキー。

桜葉クッキーは桜の葉をイメージし、 軽いサブレ生地に焼き上げた、 はちみつと塩漬け桜葉入りで甘塩っぱいクッキーです。

こちらがお好きという先輩にいただき教えていただいた品です。私もファンになりました。
2003年から人気のものが昨年リニューアルしたそうです。

桜色の袋をあけるとこんなパッケージが入っています。

「桜花」「桜葉」の2種類が個包装になっているという具合。相変わらず丁寧なお仕事。
春の代名詞である桜を「花びら」と「葉」のそれぞれで楽しめるという、桜への想いが込められているような気がしました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266784

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM