先月は月頭に花月をやらせていただいたので、約2か月ぶりですが、今日も同じく三友之式を皆さんでさせていただきました。
今日はメンバーがお一人異なります。同じ曜日でお稽古させていただいていた生徒さんがご主人のお仕事の関係で地球の裏側に行ってしまわれました。仲良くさせていただいて、色々教えていただいていたのに残念です。
今日加われた方は、先日のタワマン茶室でKITTYちゃんのお茶碗を持参された方です。これから水曜日にご一緒できるようです。
花月は5人集まってするのがベストということなので、有り難いです。

床には、「杓底一残水」(しゃくていのいちざんすい)というお軸がかけられていました。
続く言葉は、「汲流千億人」(ながれをくむせんおくにん)で、
曹洞宗の大本山 永平寺(福井県)の入口正門の石柱に刻まれた有名な言葉だそうです。
懐かしい水を汲む杓(しゃく)の底に残るひとかけらの水でさえも,その流れの先には恩恵を受ける千億人の人がいるのであり,大切な水にほかならないという意味だそうです。

人が気にしないようなわずかなものを粗末にすることは自分を粗末にすること。小さなこと、誉められないことを積み重ねてしていくことは、無駄ではないことに繋がるのかもしれません。それは形あるものだけではなく時間や人を思う気持ちだったりするのでしょう。
人が見ていなくてもする努力をするように心がけましょ。

今日は支度は自分たちでしなさいと言われ、各自それぞれ準備をしました。
まだまだ私は教えていただいてばかりですが、最初は花をひきましたので、建水を置くまでを、2回目も花をひいてしまいましたが、月と取り替えていただき正客をさせていただきました。
一番に生けさせていただいた花はハナミズキです。

次客

三客

四客

それぞれに春の花が入れられました。
三友之式は、花を生ける、香をきく、薄茶をいただく、と、楽しい体験がいくつもできます。
来月は、風炉になります。大型連休後になりますので、新鮮な気持ちでできるといいなぁと思います。

前回の三友之式

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266787

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM