紫陽花の頃は鎌倉に出かけると決めています。気分次第気儘な小旅行。近場だって、僅かな時間だって楽しめます。何時だって「行って良かった」感が味わえます。
本来なら紫陽花を見に行くならメジャーな明月院や長谷寺でしょう。確かに素晴らしいです。しかーし前回の時に札所巡りで知らない鎌倉に発見があったので、今日もそんなハジメテを捜しに行くことにしました。
でだしがそれほど早くないので今日も限られた時間です。思いつきで材木座海岸方面を目指しました。曇り空でも何とか大丈夫そうと思いましたが、バス停を降りるとポツポツと雨が降ってきました。和賀江嶋という島があるのを知って海岸に降りてみましたが、干潮時しか現れません。

夏が始まる前の湘南はいいですね。材木座はマリンスポーツのメッカらしいので、風を伴った雨にとたんにウィンドサーファーが湧いてきました。
いったいこの方々はどこに暮らし何を生業にしているのでしょう?

名前は鎌倉七座(米座、相物座、博労座、炭座、材木座、絹座、千朶積座)という商工組合があり、これに由来するそうです。
和賀江島について

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266821

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM