昨日飛鳥山に紫陽花を見に行ったら、床の間にもアジサイの姿がありました。先生は茶室に絵は相応しくないと仰いますが、私的には季節を愛でるで有難や。
今日は、1年に一ぺんお稽古させていただける立礼のお点前をさせていただきます。
詳しい手順は以前のブログでアップさせているので
こちらから。

香合は『玄々斎好 独楽香合』 風炉の香合の定番とされているそうです。

茶花はシモツケ。先輩が赤いシモツケは「京鹿の子」という別名があることを教えてくださいました。

そしてお茶碗が紫陽花。
水無月を彩るのはやはり、アジサイですね。お菓子は定番の水無月をいただきました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM