不忍池の蓮が咲くのを、見たのは初めてです。池一面に蓮の葉が広がり、その中に咲く蓮、壮大な美しさでした。

仏教の世界では『蓮華』といって蓮や睡蓮の総称になっていますが、泥沼に生じて美しい花を咲かせることから、古くから仏の悟りをあらわす仏教のシンボルです。

観音様が手に持っている一輪の花は「未開敷蓮華(みかいふれんげ)」と呼ばれます。今にも咲きそうな蓮の蕾(つぼみ)を表現したもので、悟りを約束されながらも菩薩として働く観音様の姿をあらわしているそうです。

また、修業を経て悟りを得た状態を表現したのが、開花した蓮華を意味する「開敷蓮華(かいふれんげ)」なのだそうです。

仏さまは蓮華の形を模した「蓮華座(れんげざ)」の上に安置されていますね。

不忍池 辯天堂もお詣りさせていただきました。

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM