美味しいパンをいただくと、朝の始まりが違います。本日は、夫、お気に入りのパン屋さん【ル パン ドゥ ジュエルロブション】新宿のニュウマンに行って買ってきてくれます。
"枝豆のフォカッチャ"
旬の野菜を使ってですね。ルックスgood!

"オレンジデニッシュ"
こちらも見た目から美味しそうです。
はしっこは粉糖でおめかし。お洒落さんです。それだけではなく、オレンジはフレッシュでみずみずしく、デニッシュ生地はサクサクです。

"地中海風ファーガス"
地中海を名乗るはオリーブとアンチョビ入りだから?

夫がロブションで一番好きな
"ポテトとチーズのフィユテ"
フィユテのフィユはミルフィーユのフィユ。フィユとは葉のフランス語で葉っぱのように薄く層が重なっているという意味ですが、これはポテトが層になっています。

"カレーパン"

ただのカレーパンでないのがロブション。季節を愛でています。キーマカレーにコーンが入っていました。食感が面白い。

"ヴィエノア"
カフェオレといただく定番のパンですね。
ブリオッシュにくらべて卵、バターがほとんど入ってないけど、細長い形状の中も外も柔らかい、そしてほんのわずか甘味のついているタイプのパンです。
フランス語でヴィエノアというのは、ウィーン風と言う意味だそうです。
19世紀半ば、パリにいたオーストリア大使館の人が、パリのパンのまずさに辟易して、自分の国のおいしいパンを作らせたのが始まりと言われているそうです。また、フランスパンタイプ以外のパン(ブリオッシュ、クロワッサン等、フランスの菓子パン?)を作っているお店をヴィエノワズリー。本格的フランスパンのお店はブーランジェリーと言うのだそうです。
日本では、ブーランジェリーを頭につけるパン屋さんが多いですが、フランスはそんな風にパン屋さんが分けられているのでしょうか?

4月のロブションのパン

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM