今年は10月も茶箱のお点前をやりましょうと先生からご提案いただきました。
茶箱は鉄瓶とお茶を点てるためのお道具が入った茶箱を持ち出して行う点前ですが、拝見あり、なし、ですると、覚えなければいけないお点前は10種類ということになります。にもかかわらず茶箱のお点前をさせていただける9月は三回のお稽古しかありません。
そういう先生のご配慮もあってのことかと思いますが、先生も茶箱のお点前はお好きなご様子です。すべてのお点前は良く出来ているなぁ〜と思いながらさせていただいておりますが、茶箱のお点前も素晴らしい構成です。そしてお道具が可愛らしい!これが一番の魅力です。

茶箱は四季折々のお点前がありまして、その季節を意識して9月は月点前と色紙点をさせていただきましたが、一度もお稽古していないであろう冬のお点前『雪点前』を今日はさせていただきました。
しかーし、2年前させていただいておりました。
『雪点前(拝見あり)』

茶花は、木槿に秋明菊。床には秋草の描かれた扇面が設えられていました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266912

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM