唐招提寺に到着です。薬師寺の全体が朱色だったので、落ち着いた南大門の色調にほっとした気持ちになりました。

World Heritage 【唐招提寺】

唐 陽州から「伝戒の師」としての招請を受け、天平勝宝5(753)、苦難の末来朝した鑑真が、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごされたそうです。
天皇を始めとする多くの人々に授戒をされ鑑真和上ですが「唐律招提」と名付けられた鑑真和上の私寺として始まった当初は、講堂や新田部親王の旧宅を改造した経蔵、宝蔵などがあるだけだったそうです。

金堂は奈良時代に建立された天平様式で華美でない簡素な姿に心奪われます。

講堂。鑑真大和上が朝廷より賜り移築したもので、平城京唯一の宮殿建築の遺構だそうです。

日本最古の校倉。宝蔵、経蔵。

鑑真大和上御身代り像が安置されている開山堂より東室、礼堂、金堂などを望む。

本坊付近。

実に美しい風景がありました。

このあたりの右手は西堂跡だったそうです。従来は僧侶の起居した僧坊で、三面僧坊といって北にもあったそうです。
天平の甍

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM