ここから今回の一番の目的である美術館へ行くのに京都にいかねばいけないのに、国立奈良博物館のお隣が『興福寺』だったので寄らせていただきました。だって今度はいつかわからないですからね。欲張りました。
東金堂(とうこんどう)と五重塔。

東金堂。銅造薬師如来、両脇侍像拝観いたしました。

南円堂。西国三十三所第9番札所であるそうで、御朱印がお目当ての方がたくさんいらっしゃいました。ここは「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されているそうです。

法隆寺夢殿と同じ八角形の「八角円堂」です。

再建された中金堂。

全体的にすべてが奈良公園の一部にあるといった印象でした。幾多の災害にあったそうですが、これからも再建が進められ飛鳥の時代の形になっていくのかもしれません。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM