今年は御即位を祝しての特別公開ということもあるのでしょうが、国立博物館で開催の正倉院展、大変な人気でした。
実は11月初めに一度足を運んだのですが、入場制限中で30分待ちとのことだったのであきらて帰りました。今回は出来るだけ朝早く来たつもりでしたが、やはりすでに30分待ちでした。そして、あともう少しで入り口というところで撮影しましたが並びは増殖しこの有り様です。もちろん会場内でも人でごったがえしていました。
でも私、奈良国立博物館は行けませんし、しっかり見ておこうと最前列、亀の歩みの中、頑張りました。
有意義でした。
今まで、正倉院の宝物について考えたことがありませんでしたが、よくぞ残ってくださったという貴重な品々だということを意識できました。
奈良国立博物館での展示前に蔵を開ける厳かな儀式があることも全く知りませんでした。
茶道では古袱紗と呼ばれるものに正倉院柄の裂地を使うので、織物にはとても興味があったのですが、布は傷みが激しく塵骸となって柩の中に入っているものが多いそうです。退色してぼろぼろになったものを選り分ける作業、モニターでみましたが、恐れ入りました。

その宝物の中の琵琶。これは模造品ですが、仕上げる作業の細密な様子、気が遠くなりました。

これも模造品。この音色が流れていましたが、その頃憧れであった唐の匂いがしました。それは神秘的で洋楽器にはない心地よいものでした。

奈良・平安時代の中央・地方の官庁や大寺には,重要物品を納める正倉が設けられていました。そしてこの正倉が幾棟も集まっている一廓が正倉院と呼ばれたのです。しかし,あちこちに置かれた正倉は,歳月の経過とともにいつしか亡んでしまい,わずかに東大寺正倉院内の正倉一棟だけが往時のまま今日まで残ったのです。これがすなわち,正倉院宝庫です。
8世紀の中頃,奈良時代の天平勝宝八歳(756)6月21日,聖武天皇の七七忌の忌日にあたり,光明皇后は天皇の御冥福を祈念して,御遺愛品など六百数十点と薬物六十種を東大寺の本尊盧舎那仏(大仏)に奉献されました。皇后の奉献は前後五回におよび,その品々は同寺の正倉(現在の正倉院宝庫)に収蔵して,永く保存されることとなりました。これが正倉院宝物の起りです。そして,大仏開眼会をはじめ東大寺の重要な法会に用いられた仏具などの品々や,これより200年ばかり後の平安時代中頃の天暦4年(950)に,東大寺羂索院の倉庫から正倉に移された什器類などが加わり,光明皇后奉献の品々と併せて,厳重に保管されることとなったのです。正倉院宝物は,このようにいくつかの系統より成り立っています。

この正倉院宝庫は,千有余年の間,朝廷の監督の下に東大寺によって管理されてきましたが,明治8年(1875),宝物の重要性にかんがみ内務省の管轄となり,次いで農商務省を経て宮内省に移り,引き続き宮内庁の所管するところとなったのです。なお,宝庫は現在,古来の正倉のほかに西宝庫・東宝庫があり,いま宝物はこの両宝庫に分納して保存されています。(トーハクHPより)

今日は春秋の特別公開のお庭も拝見しました。

こちらでは茶会も開かれる応挙館。ライティングしているのですね、最近。

博物館の裏手にお庭はあります。

特定席はこちら。池の向こう岸に茶室が見えます。

この裏になります。

いつも特別展だけを見て精魂つきてしまうのですが、今日は奈良に行ったことで興味が湧いた【法隆寺宝物館】にも立ち寄ります。

どこか京都国立博物館に似ていますね。水を渡るデザインはお清めの意味合いがあるのでしょうか?

宝物館からみた景色。

法隆寺献納宝物を代表する名品である懽頂幡(かんじょうばん)の復元。

明治11年(1878)に奈良・法隆寺から皇室に献納され、戦後国に移管された宝物300件あまりを収蔵・展示しています。これらの文化財は、正倉院宝物と双璧をなす古代美術のコレクションとして高い評価を受けていますが、正倉院宝物が8世紀の作品が中心であるのに対して、それよりも一時代古い7世紀の宝物が数多く含まれていることが大きな特色です。(トーハクHPより)

今回はもと法隆寺東院の絵殿を飾っていた障子絵の国宝「聖徳太子絵伝」を展示を拝見できました。この絵伝は、平安時代に描かれた太子生涯の事績を絵物語にまとめたもので、現存する太子絵伝のなかで最も古く、初期やまと絵の代表作にあげられる優品だそうです。奈良は聖徳太子ゆかりの地。偉業を伝える絵画です。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kisetsu-o-mederu.com/trackback/1266969

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM