今年も未熟な私は皆さんに助けられて、たくさんの花月に参加させていただきました。今日は役が決まる毎にお点前の内容が変わってくる【貴人清次濃茶付花月】をさせていただきました。何回かやらせていただいているのですが、さっぱり記憶にないのは、あまりにも未熟過ぎて、ただその場で云われた通りにしていたのだと推測します。

指南書を何回か読み込んでいきましたが、よくわかりません。残念ながら今日の役は薄茶になって2椀目、道具の入れ替えのお点前だけでした。

以前貴人清次花月をさせていただきましたが、
・貴人はいつも上座
・お次は初めから最後まで手をついてひかえている
・貴人茶碗に茶巾・茶筅・茶杓を仕組み貴人台にのせる
 次茶碗に千鳥茶巾と煤竹茶筅を仕組む(炉の時は千鳥板も用意)
・亭主は、折り据を貴人の前に置く時は、貴人畳に踏み込まない
・平花月では、お茶が出された時に折り据を見るが、貴人清次花月では、お茶が取り込まれた時に見る
・平花月では、今出されたお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』を決めるが、貴人清次花月では、次のお茶を飲む『月』と、次にお点前をする『花』が決まる。
・貴人が『月』の時は貴人茶碗で、お次が『月』の時は次茶碗・千鳥茶巾・煤竹でお茶を点てる。
・貴人が『花』でお茶を点てて出されると、『月』はお茶碗を取りに行き、貴人に一礼をして茶碗を引く。
・仕舞花(最後のお茶)の時は、折り据を空回し(札を取らない)ですみかけで送る
・貴人が仕舞花の時は、貴人茶碗にすぐに水を入れて茶筅通しし、次茶碗はお湯を入れて濯いでから水を入れて茶筅通しする。
 お次が仕舞花の時は、貴人茶碗にお湯を入れて濯いでから、水を入れて茶筅通しし、次茶碗は、すぐに水を入れて茶筅通しする。

このようなことがポイントになります。
一番初めに折据の上に月の札を置いて貴人に持って行くのも異なる点でした。

お軸は『放下著(ほうげじゃく)』
すべての煩悩を捨てよという意です。
茶花は、ドウダンツツジの照葉と椿。
木枯らしが吹いて東京もいよいよ冬の景色になってきました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    小池夏美
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    平井佳織
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    梶川翔平
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    武田信玄
  • 林試の森公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    林試の森公園
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    栗山裕貴
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    田中日奈子
  • 公園へ行こう 犬と散歩【和田堀公園〜善福寺緑道】
    和田堀公園
  • 小梅6歳のお誕生日
    kisetsuomederu
  • 小梅6歳のお誕生日
    ヒーローママ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM