お世話になっている先輩がクリスマスにお菓子の玉手箱を贈ってくださいました。その中に入っていたひとつ。
信州、開運堂のお菓子です。
真味糖、白鳥の湖も大好きですが、開運堂の代表菓。先輩は、こちらのお菓子を贔屓になさっていて、白鳥の湖を教えていただきました。
中側は小豆のつぶあん、外側は淡くニッキが香るこしあんで、ホロホロとし食感が特徴です。不老長寿を念じた松の実が配されています。

箱も美しい。「開運老松」は、創業80周年を記念して1964年に創作された蒸菓子ですが、2017年パッケージをリニューアルしたそうです。

竿ものとして入っています。
新年のご挨拶やお祝い事や内祝いの返礼品など、慶事に最適な御菓子として有名なお品で、新しい年の始まりにいただけた幸せ、先輩に感謝です。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM