いつもしたいお点前をさせてくださるので迷っていましたが、まだ怪しい真と行の帛紗捌きを今一度、頑張ってみましょう、と、今回は【盆点】をさせていただくことにしました。
盆点は唐物茶入・伝来物の茶入などの格式の高い茶入を盆の上に載せて扱うお点前です。ですから問答の時「徳川家伝来の文琳でございます」などと言います。ゆえに仕覆や帛紗から離さない、揉手をして扱うなど丁寧に扱います。
近頃、YouTubeで様々な動画を見ていますが、有難いことにこの帛紗捌きをあげている方がいらして本当に助かりました。
真の帛紗捌き
行の帛紗捌き

茶花は蕗の薹と雪柳。春の訪れを感じさせてくれるふきのとうと冬の名詞がついたゆきやなぎ。とても素敵でした。

ちょうど1年前にはじめて盆点をさせていただいていました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM