昨年6月頃から痛み出した足裏。最初、親指の内側が痛みました。痛みは数々あって、数年前に爆発した脛椎ヘルニア、30代の時坐骨神経痛だった腰は、腰部脊柱管狭窄症になりました。整形外科、整体、色々通いましたが全く良くならず、最終的に調べてたどり着いたのが、ペインクリニックでの神経ブロック注射。出逢ってから様々な痛みを治療していただき、今では「危ないな」と思った時や首や腰だけでなく、指や膝などに痛みが出た時の救世主としてお世話になっています。その信頼している先生に状況を説明すると、足は専門外なので専門のところへ行きなさいと、ブロック注射はしていただけませんでした。次第に痛みは親指ではなく、中指あたりを中心に足裏、かかとが痛くなってきました。真剣に足専門の病院を探し、連絡をしまくりましたが、どこも受診は2か月先。二の足を踏み、痛みを堪え新年を迎えてしまいました。1月の末、痛みは治まらず増すばかり…。靴はほとんどスニーカーに変えてもです。意を決し、スマホにアイコン残した先にアクセスしてみると、やった!予約が取れる。と、二週間後の2月一週目。表参道の足のクリニックを訪ねました。慣れた様子で院長が問診、その後レントゲン、そしてお話。ネットでだいたいのことは予測していたのですが、インソールを作って足の矯正をおこないましょうというような流れでした。ただこのインソールが50,000円近くかかるというので、ちょいとびっくりでした。手続きをして還付されれば実質15,000円程度ということですが、やはりお高い。しかしながら、歩くと痛いがMAXに達していましたから、その日にフットケア担当もいるというので、一旦考えて出直すはなしで、いきなり型をとっていただきました。そして二週間後、このインソールが出来上がったわけです。

(裏)スニーカーに入れて履くつもりで当日履いていった靴に合わせカットしていただきました。本当は自分でやるらしいんですが、かかと止めがついたスリッパには使えるというので、家で履いているクロックスに入れたらピッタリ。土踏まずが上がるためが他の場所が痛くなるといわれたので、最初は2時間位からはじめてくださいというので、宅内で使うことにしました。
自己検診で、ネットで調べていた時は『中骨足骨頭部痛』ではないかと思っていましたが、『足底筋膜炎』という病名が、還付申請に必要な意見書に記載されていました。引き取りに行った際対応してくださった義足師の先生によると、『中骨足骨頭部痛』であることは間違いではないようです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM