先日、はじめて食べて虜になったセブンイレブンの”イタリアンプリン”。
こんなデザートがコンビニで購入できるんだと驚きを隠せず、併せて作ってみたい衝動にかられました。
セブンのイタリアンプリン

便利な時代、今はweb検索すると、あるあるなんですね。
そこからいくつか材料と作り方を見て琴線に触れたものを作ってみようと思いました。

写真は、昨日作った完成品。今回が2回目。一回目、納得いくのものではありませんでした。
久しぶりのお菓子作り、プロセスにもたつきがあったんですね。

実はわたし、プリンのカラメルは、市販のタブレットのものを使うことが多かったので、まずカラメルを固めるという作業をないがしろにしてしまったんです。お菓子作りはきっちりそういうことをしないと仕上がりにかならず現れます。

けれど、お味は良かったんですね。しかも前回のレシピは練乳が入ったりゼラチンを使用しないものだったので、紀伊国屋のプリンが大好きな夫はとても気に入った様子でした。

しか〜し、わたしが目指したのは、セブンのイタリアンプリンです。
お菓子作りの感覚が戻ってきたので今回は、プリン液を氷水で少し冷やして流し入れました。
ですからカラメルがとどまってくれました。

●材料(21cmパウンド型つなぎ目のないタイプ1台分)
全卵3個分
マスカルポーネチーズ100g
○牛乳100g○生クリーム200g○グラニュー糖(砂糖)80g
ゼラチン3g
バニラオイル数滴コアントロー(お好みの洋酒)大さじ1
■(カラメル)
グラニュー糖大さじ2
水大さじ1
お湯大さじ2
●作り方
1、ゼラチンは大さじ1の水でふやかしておきます。
オーブンを150℃で予熱します。
湯煎用のお湯を用意します。
2、グラニュー糖と水をマグカップに入れて、軽く混ぜてからレンチンします。
(始め2分〜追加で 30秒ずつ茶色く色づくまで)
茶色く色づくまで温めたら、お湯を加えて手早くかき混ぜます。
3、カラメルソースをパウンド型に流し入れ、冷蔵庫に入れて、冷やし固めます。
4、全卵をほぐします。
別のボウルにマスカルポーネを入れて、柔らかくなるまで練ります。
5、マスカルポーネに少しずつ全卵を加えてよく混ぜます。
6、○の材料を鍋に入れて、60〜70℃くらいまで温めます。ふやかしたゼラチンを入れて溶かします。
7、6を5に混ぜながら少しずつ加えます。(卵が固まるので一度に入れない)
8、バニラオイルとお好みの洋酒を加えます。
9、濾しながらパウンド型に流します。
10、パウンド型をバットなどの容器に乗せ、50℃くらいお湯をバットに注ぎます。(熱湯NG)130℃で60分湯煎焼きします。
11、荒熱をとって、冷蔵庫で一晩冷やします。
12、竹串や、スパテラ等をフチに差し込んでぐるっと一周させ型から出し出来上がりです。

こちらが4日前の全卵4個卵白1個分、ゼラチンなしのイタリアンプリン。
やっぱり見た目も残念な感じでしょ。今回は近いものが作れたようです。お休みしていたお菓子作り、再開するのもいいでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

砂糖 プリン用タブレット TAB-3 仙波糖化 200g カラメル_
価格:487円(税込、送料別) (2020/5/2時点)


Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM