緊急事態宣言が出るという前日の週末。家に居る覚悟をして、どう過ごすかを考えました。じっとしていられない質なので、気になっていた部屋の壁を塗ってみようかと思いつきました。

一度、先代の愛犬が亡くなった後、左官屋さんにお願いしたことがありますが、喫煙者がいる上、大型犬が壁に身体をすりながら歩くのでかなり汚れていました。さらに築17年ですから仕方ありません。
まずはキッチンから試し塗りしてみることにしました。

物を片付けてマスキングした画ですが、黄ばんだ汚れ、確認できるでしょうか?

塗料はすぐに届いたのですが、8日にまずはキッチンからはじめ、この日は廊下。
何が一番大変って、マスキングです。

これが塗料のジョリパット。
新築で家を建てる時、ショールームに幾つか出向きましたが、その中のひとつアイカ工業の製品です。
全く扱うのがはじめてなので、ペンキのようなもの。と、思っていましたが、違いました。空気に触れるとすぐに乾いてくる感じで、ぽてっとした濃度があります。水でゆるめて使うことができるので素人向けかもしれません。けれど最初は、どうしても厚く塗れてしまうので、壁の表情がざらっとしてしまいました。

バルコニーに面した筋交い。ガラスのある場所は結露などの変化の厳しい環境にあるためか汚さ半端ないです。

注文した色は白ですが、これほど色が違います。

最終日の今日はワタシのプライベートルームの和室です。ロフト部分なので、階段上の踊場は天井も塗ることにしました。
踊場、額を外したところ、相当色が違います。和室は私のピラティスルームですが、リビングのようにいつもいる場所ではありません。でも空気は下から上に上がるので、予想以上に汚れていました。

天井を塗ったのはここだけです。他の手の届かない場所、天井は怪我をしたり、無理して首を痛めたりしたら本末転倒ですから目をつむりました。

キッチン→廊下→リビング左の壁→右の壁→玄関→洗面所→トイレ(夫が1人でやってくれました)→寝室背面→寝室側面→階段→ロフト、和室と、ゆったりとした進行でしたが約11日間かかりました。
我が家はロフトを含めて約110平米ですが、ジョリパット20kg缶は2缶購入で、1缶半使いました。マスキングテープ、養生テープ、養生シート、ビニール手袋、ペイント用ローラーは、たくさん必要でした。

汚れていたことを忘れるほど今では白く明るくなった壁。とても気分がいいです。
さて、次は何をすることにしましょう。緊急事態宣言は延長される見通しです。誰も評価してくれない仕事ですが、何もしてない罪悪感から逃れ、壁塗り作業は陶芸や園芸の土いじりと同じような無心を得られます。
わ〜い、真っ白!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM