6月1日は、暦の上での衣替え。着物もそんなことに準じて着用することで季節を感じます。
絽の半襟付けも完了しているので、今日から夏着物、夏帯で着付けをしていきます。
シャリ感のある小紋です。

帯は昨年購入した開き名古屋帯。写真では分かりにくいのですが、ヴィトンのダミエ柄のようで気に入っています。
開き名古屋帯は帯幅を調整できるので、格の少し高くなる色無地などに使えて重宝です。
夏には少々厚手ですが、しっかりと形が整いました。

帯締めの色がきつすぎるかと思って変えてみましたが、いかがでしょうか?

銀座結びの形もまた少し変化しました。洋服のようにいつも同じにならないのが着物。
むずかしいです。

こちらは麻素材の帯。硬くて結び難いので、芯を取ってしまいました。銀座結びには向いていなかったようです。
三部紐に猫のブローチを通して帯留めにしてみました。帯の柄、鳥獣戯画なんです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM