6月しかいただけない水無月。お茶のお稽古でいただくのをいつも楽しみにしていますが、今年は自粛中。願いが叶いません。どうしても頂かないで6月は過ごせないわ、と、自宅用に持ち帰りました。
変わらず美味でした。大納言にういろう生地。このモチモチ感はこのお菓子ならでは…です。
本店は阿佐ヶ谷ですが、経堂に支店があります。杏水無月もまた甘酸っぱさが虜になる姉妹菓子です。

こちら麩まんじゅうも初夏の定番です。

青のりの香りが芳しく、あんこを包んだ生麩がにゅるっとしてなんともいえぬ食感。生麩は作るのにとても手がかかると最近読んでいる時代小説にありましたが、今はどうなのでしょう?

水の無かった田んぼに水を注ぎ入れる頃であることから、「水無月(んみなづき)」「水月(すいげつ)」と呼ばれる6月。ちょうど今日は暦の上で入梅。鬱陶しい季節。さらなるマスク着用という厳しい状況。気分良く暑い夏を迎える準備をしたいものです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM