読みハマっております。
タカダカオルさんの時代小説。
今日は、貸していただいていた『みをつくし料理帖』をお返しするので、この『銀二貫』を読み終えて、寄付するつもりでおりました。でも持ってはった。
こちらも『みをつくし料理帖』と同様にテレビ化された選り抜きですから、ファンはやはり必須なわけですね。

父を仇討ちで亡くし、大坂天満の寒天問屋の主人に銀二貫と引き換えに命を救われた武士の子が、商人として成長する姿を描いた人情劇。面白かったです。
武士の子供が主役なのでしょうが、銀二貫で助けた主人の人間性が素晴らしい!武士の子が時折もらす「この人にはかなわない」のセリフの通り、この人の行動は、人間の出来の良さを感じます。老いた主人の最後のセリフが強く印象に残っています。
高田さんは女性が主役の物語がお得意と思っていましたが、いえいえ、男性もイケてます。

ちなみに商売でもっとも流通していた貨幣は銀。一枚の値は重さで計算していたそうです。銀一匁が現在1,250円くらいで、二貫は、約300万円くらいだそうです。
また、銀座はその流通通貨を鋳造していたことからが名前の由来のひとつだそうですね。

NHKドラマ『銀三貫』

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM