着付け修行が続きます。
今日はこの姿でお出かけです。

11月に入ってから寒さを感じる季節になりました。
袖から入ってくる風が冷たいので、羽織をはおっていきたいところですが、今日はこの帯姿で歩きたいので、次からということにしました。

ですから少し下着に工夫をします。
冬はヒートテック着用ということがほとんどです。

そんなことが自在なのは着物の魅力でもありますね。

今日はアンティークの黒に茶の縞文様の小紋に、うねり文様がモダンで個性的な袋帯をコーディネートしてみました。

半襟は、淡い若草色に白のあられ文様です。
今までは顔の映りが良いのとお茶のお稽古では基本なので、白半襟を頻繁に使っていましたが、この秋冬は半襟を楽しもうと思っております。

小物は、帯の柄にあったシルバーの一色をグレーにして控え目な感じにしてみました。

バッグは、ヴィトンのモノグラムのミニボストンを選びました。
着物にヴィトン、使えます。

最近は身につけたいため、銀座結びばかりをしていましたが、今日は袋帯なので普通のお太鼓結びにしました。

少し前にきもの仲間の後ろ姿をみると、お太鼓の山がぴっしりと四角いので「長い帯枕を使ってる?」と、訊いてみました。
「そう、Mさんおすすめの軟らかい帯枕。」
それは確かたかはしきもの工房の製品ということでしたが、試しにと、私はへちまの帯枕を購入してみました。

夏用なんですね。これは。
通気性が良いわけですが、冬に用いても問題はありません。

電車の椅子に腰かけて背もたれても、居心地、悪くなかったです。

ちょっと今回、お太鼓が大きめになってしまいましたが、袋帯の二重太鼓には良いかな?と思いました。

帯枕の大きさや長さによっても帯の表情が変わる。
帯の結び方もさまざまですが、道具によっても変わってくることを今日は再確認しました。

固定概念にこだわらずに、自分に合うものを探してみたいと思います。







Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM