半夏ですね。タコを食べねばいけません。
今日から今年下半期ですが、お茶のお稽古は安心安全にできるまでお休みになりました。お稽古がお休みになって早ミツキ。今日も自主練はきもの姿でいたします。

銀座結びが完璧に結べるようになった、というわけでもないんですが、帯結びには色々あって「試してみたいな」と思ったものがあったので、挑戦することにしました。
本来は半幅帯でする結び方ではないかと思うのですが、名古屋帯編です。

こんな形になります。
裏の地が出てくるので、条件を満たすものと思ったらこれになりました。刺子を施した博多帯です。三部紐を使って前で結びます。着物は紫色の紗です。ちょっと格が違ってしまうかと思いましたが、色目的には良いでしょうか?
参考にさせていただいた動画はこちらです。↓



夢中に読んでいた『みをつくし料理帖』
全巻、読破いたしました!
いやぁ〜、面白かったです!
この本の出会いはステイホーム中。先輩から「読む〜?」と、お茶関係の本と送っていただいたのがきっかけです。でも、だいたいがいつも寝不足で、就寝前に読書をする以外時間が見つけられず、活字を追い始めると眠くなってしまうので、ずいぶん前から勧められていたのにお断りしていました。
昨年、この時代小説をドラマ化したNHKの再放送することを知らせていただきハマりました。
よっぽど小説は良いのだと思っていましたが、読める自信がありませんでした。けれど最初からページを進めるごとに入りこみ、夫が横でテレビを点けていようが、電車内がうるさかろうがまったく気にならずに読むことができました。それぐらい面白かった!

単行本を読みながらの私の頭で描かれた人物像は、テレビドラマの出演者たちで、主人公の女料理人澪は黒木華さん。料理人の働く料理屋のだんなさんは、小日向文世さん、大阪の水難で両親を失った澪を娘のように育て、料理人としての道を開いてくれた美しい御寮さんは安田成美さん、初恋の人、料理屋に出入りする実は侍だったお人は森山未來さん、医者は永山絢斗さんと、イメージがあり景色が見えていました。

全10巻は歳時記のように季節が描かれていて、扱う料理も魅力的。その時代にまつわる話や今でも良くあるできごとは思わず鼻の辺りがつんとなり涙を誘う文章で綴られています。丁寧に描かれた表現は心に響きます。登場人物ひとりひとりが優しく魅力的なのにもとても惹かれました。
そんなことを思う方々によって、角川書店では久しぶりのベストセラーであったのではないかと思います。文庫は今ハルキ文庫と呼ぶのですね。時代の寵児であった春樹氏はやはり今でもお力のあるお方なのですね。そのKADOKAWAが満を持してこの作品を映画化しているそうです。

ステイホーム中、自宅映画鑑賞をたくさんしましたが、我が家の在庫にある『壬生義士伝』をもう一度観ました。浅田次郎さんの原作、滝田洋二郎監督のディレクション、そして何より主役を演じる中井貴一さんの演技は秀逸でした。時代劇はたまに観るといいですね。最近、史実に基づいた衣装や所作となりリアルさが増しているように感じます。
たまに時代劇、いいですよね。最近では松坂桃李さん主演の『居眠り磐音』がとても良かったです。

映画『みをつくし料理帖』は角川春樹氏が最後の監督作品と言われていて、10月公開だそうです。この物語のどの部分を切り取って映像にしていくのか?魅力的な作品に仕上がっていることを期待します。

みをつくし料理帖は全10巻なのですが、この写真の10巻目が抜けていました。澪の考えた料理の行方、幼い頃に別れた親友 野江を身請けできるのかどうか?これを知らずにいられるわけがありません。たまたま通りかかったBOOK・OFFに存在を見つけ、思いが沈まぬまま、作品に入り込むことができました。

上の写真は送っていただいたすべてをふられていた番号順に並べたかたちですが、それは発売順についたものだったようです。相当な人気があったようで、本の中に登場した献立帖は作者 高田郁(たかだかおる)さん監修のもと編纂されたそうです。また完結編から数年後、その後を描いた特別編も書き下ろされています。タイトル「花だより」がまた素晴らしい!軸となる3人のその後の3話仕立てで、特に最後は、コロナ禍の今、大阪でコロリと呼ばれた伝染病を背景にした澪の話なのでとても印象的でした。

今はレディスコミック原作者から転身して時代小説作家となったデビュー作『出世花』を読み始めています。

映画 みをつくし料理帖


昨年ヤフオクで落札した夏着物。表は落ち着いた青ですが、単の裏は真っ青で、これが目に眩しく爽快な気分にさせてくれます。

これが昨年のコーデ。麻の鳥獣戯画の帯を合わせています。今年は水玉の幾何学模様の開き名古屋を選んでみました。着物の色はこちらが近いです。

銀座結びばかりしていると、お太鼓結びを忘れてしまいそうです。
けれど先日、町田のきものshopの店員さんの帯結びに刺激を受けたので、ちょっと挑戦したいな、という結び方を見つけてしまいました。次回はそれを更新できたらいいなぁと思います。


夫が購入してきてくれたので、店の写真がないのです。でも甘夏を獣医さんに連れて行った時、オープン前でしたが覗いてきました。(コロナで自粛中、オープン12時からでした)豪徳寺はお隣の駅ですが、2018年12月openはまったくノーチェックでした。
駅を右折、商店街を歩くと左手にまもなくガラス張りのお洒落なお店があります。

“抹茶あんマスカルポーネ“
あんバターかと思いましたら、マスカルポーネだったんですね。

“カレーパン“
カレーパンはどこでも定番ですね。我が家でも必ず買っちゃうアイテムです。

“ベーコンエピ“
こちらはハード系がお得意のようです。

“あげぱん“
その名の通り懐かしく素朴な味わいでした。

“くるみイチジク“
大好きな仕上がり、食感。

“ガーリックバゲット“
バケットとしても食べてみたいと思いました。

“キャラメルマカダミア”
大好きな素材がマッチング。香ばしくて美味でした。

どれもコスパが高い印象でした。
豪徳寺で下車の際、今度は私チョイスで購入させていただきたいと思います。

世田谷の情報サイトからお店の雰囲気がわかります。


梅雨の晴れ間、自粛しながら楽しみたい。あれこれ考えて町田に行くことにしました。なぜに『町田』か?それは我が街「経堂」から小田急線で乗り換えなしで行けること。実は今、夢中になっている本があって、移動中の中で電車内で読書したいというのがありました。
2つ目、うーんと前ですが、私の頭をやってくれている美容師さんが、町田の甘味処のパフェを食べるべし、と教えてくれて気になっていたこと。
3つ目、写真の焼き小籠包の店に行ってみたかったこと。どちらの思いもかれこれ3〜4年思いを寝かせてしまっていました。
町田は横浜に行った時に乗り換えで利用した以外本当に未知の街。とにかくとても都心から離れたイメージがありますが、小田急デパートやLUMINE、109に東急ハンズだけでなく、商店街もかなり充実。いつも急ぎ足で通り過ぎるだけでしたが、古着屋さんもたくさんあるらしく、とっても楽しく街ぶらができるところでした。
私は歩いている最中の出逢いがこの上なく好きなのですが、茶道具を扱う『宝永堂』で開催中の蔵出し展に遭遇し、なかなかおめにかかれないお宝を拝見することができて、やっぱりお散歩はサイコーと思うのでした。
宝永堂

さて【小陽生煎饅頭屋】ですが、「しょうようせんちんまんじゅうや」と読みます。町田駅前通りのこの魅力的な昔懐かしい仲見世の入口にあります。この仲見世はとても素敵です。屋台店や行列のラーメン店、金物屋さんなど、とにかくその風情にひかれます。

開店は11時からで、少しふらふらしてしまったら軽くもう人が並んでいました。店の横のカウンターでいただくのが本当の美味しさがわかるのだと思いましたが、テイクアウトさせていただきました。
卵を入れる紙のパックのような入れ物にに入れてくださいました。きっとプラにしない秘密があるのでしょう。
一個100円は良心的ですね。残念ながら揚げ焼きの皮のカリカリ感は味わうことができませんでしたが、モチモチの皮の食感、ジューシーな具材、これはもうリピートしたい美味しさでした。
コンパクトながら楽しい町田、モディに入っていた着物の「やまと」の新ブランドは若い方ターゲットですが、新しい着物のかたちを勉強することができる場所なので、小籠包買いがてらまた覗いてみたいです。
なでしこ

参考にさせていただいたブログ、パフェのカフェ中野屋さんもご案内があります。


甘夏の吹き出物は老化によるもので悪性のものではないのですが、少し気になったので、獣医に連れて行きました。「見た目は良くないがそれはもう仕方がないこと」と、放置することになりました。けれど最近、足腰の衰えが気になるので相談したところ、注射とサプリメントがあるとのこと。注射は4回ほどしてもらうのですが、お値段も財布が傷まぬ程度だったので試してみることにしました。
獣医さんまではもう歩いて行けないので車で出かけたところ、お留守番の2つは鬼の形相。迎えに部屋へ入るなりものすごい剣幕でわんわかWAN。お留守番のご褒美に気温が高くなる1日というので、そのまま近くの芦花公園へと向かいました。

はい、この通り、ニコニコちゃんです。

甘夏さんもアドレナリンが上がります。

はい、もちろん茶豆さんもご機嫌です。

芦花公園はこの白い紫陽花が一面にあってこの時期とても美しいです。

花壇の花も華やかな色合いでどんよりした空でしたが、晴れやかな気分になりました。

これは『ありがとう』

『春よ恋』

『鎌倉』
など珍しい名前の紫陽花がたくさんありました。今年は鎌倉のあじさい見物を自粛したのですが、思わぬ出逢いに嬉しくなりました。


なぜだか勢いでポチっとしてしまった夏着物。紗の色無地。濃紺なのですが、ちょっと黒っぽくて失敗したぁ〜と、思いました。自主練で着用してみて普段に着用できるか見極めようと思いました。そう言えばなのですが、前回『いりく』で始末した帯揚げ、本当は衿合わせと同じ方向のはずが、間違えておりました。右を先に始末すると覚えていたはずですのに、逆になっておりました。お恥ずかしい。

銀座結び、10回で何とか手順は身に付いてきましたが、絽の袋帯、形がなかなか整いませんでしたし、帯山がくずれています。今日のコーデはまったく個性なく、また着付けも修行が足りません。精進いたします。

銀座結び vol.10


タコライスランチの後に甥嫁がネット検索してくれた場所。AVOCADOから数分。元は明治通りにありましたが、移転してまた2月に改装したそうです。のれんがピンク色になっていました。
奥がカフェになっています。さすがに老舗。落ち着いた雰囲気の店内はソーシャルディスタンスです。かき氷も人気のようですが、私達、甘いものは別腹の余裕があまりなく、甥嫁、名物追分だんご、チョイス2本。

わたし、豆かんをいただきました。

お茶のおかわりをたくさんいただけるので有難いです。

追分だんご本舗食べログ


東京アラートも解除され、日常が少しずつ戻りつつあります。家族以外との食事は控えていましたが、今日は甥のお嫁さんと積もりつもったお喋りをするためにランチの約束をしました。10時過ぎに新宿駅で待ち合わせて、ブルーボトルコーヒーで興奮気味に近況を語り合った後、彼女が見つけてくれたここ【メキシカンダイニングアボカド】へ。
(写真はお店のwebサイトより)

メキシコ料理を初めて食べたのは代官山にあった【ラ カシータ】でした。あの頃の記憶は全く薄れちゃいましたが、未知との遭遇だった記憶があります。トルティーヤが普通に買える時代になりました。メキシコ料理もポピュラーな食べ物になり日本人の手でさらに磨きがかかってきておるぞ、と、思っています。我が国の仕事はとにかく見た目が美しいですね。久しぶりに美味しくタコライスをいただきました。温玉、16穀米にミンチのお団子、店の看板であるアボカドはもちろん、サラダと炭水化物がうまくワンプレートに収まっていました。タコライスは確か沖縄で生まれたお料理だったように思いますが、タコスは万国共通に好まれているお手軽フードですね。
そうそう、コロナ対策、メニューはQRコード読み取りスタイルでした。

メキシカンダイニングAVOCADO


オープンが話題になった原宿ユニクロ。IKEAと同じ複合施設「WITH HARAJUKU」内なので、ちょこっと覗いてみました。

地下1階には、最大の目玉である“着こなし発見アプリ”「Style Hint」を導入した売り場があります。入口で、タッチペンを渡され、240台のディスプレイの着こなしを見て、アイテム選び&探しができるという試みらしいです。

一階へ上がる、階段で、LEDで流れる「WELCOME TO UNIQLO HARAJUKU」のメッセージ。入口から正面に見える広告が流れる巨大なディスプレイも強烈なインパクトでした。

「UT」専門フロア、原宿駅、真ん前ですが、今日は徹底した手指のアルコール消毒、検温が行われ、ワンウェイ方式で入店は地下からになりました。

私はこんなものを買ってみました。

「UT」コラボアーティスト、キースヘリングの豆皿です。染付が気に入りツーセット購入です。

商品はセルフレジでかごを置けば会計ができる最新式。まさにコロナ禍にぴったりの方式だとつくづく思います。セルフで袋詰めするのかと思っていたら、New openのためでしょう、原宿店限定のショップバックに入れていただきました。

三角屋根で有名な約100年近くの歴史を持つ歴史的な建物の原宿のシンボルだった旧駅舎は保存されています。

改札付近からその面影を感じることができます。

これが新原宿駅舎。時代に則したということなんでしょうが、なんだか寂しい。

UNIQLOのLEDにシンクロしたみたいな改札。駅上には「猿田彦珈琲The Bridge原宿駅店」が8時から利用出来るようです。

渋谷方面は100年に1度の変化で景色が変わってきています。

明治神宮へ直結の出口も出来ました。鳥居が目の前です。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM