『真心是道場』
(じきしんこれどうじょう)

「直心」という語には、真っすぐな心、素直な心、あるいは直接という意味で、真実にぴったりと合った心など、いろんな意味が含まれているそうです。
けれど、そういう「直心」を身につけることは、容易ではなく、直心を保つことは、自分を鍛える「道場」にほかならない。ということの禅語だそうです。

如月最初のお稽古で設えられたお軸。
いい年をしているのに落ち着きがない自分に沁みるお言葉でした。

2月は梅を意匠にしたお道具が水屋に置かれます。
茶花は、慶應桜が入れられていました。

淡々斎お好み梅月棗(ばいげつなつめ)
こちらを今日のお稽古に使わせていただきます。

宗哲と一閑との合作で、
本歌は一閑張折撓で内部は黒塗、表面は老木の梅花一もとを描き、右上の月を銀蒔絵とし、この月にかかった一枝を金蒔絵に意匠しています。これは中国の詩人で最も梅を愛した林和靖の有名な詩の語句を茶器に応用しているそうです。

以下
【筒茶碗】点前 備忘録

・筒状になった深い茶碗で、水屋でお湯を入れて温めておき、持ち出す直前に湯を捨て、茶巾、茶筅、茶杓と仕組み、茶室に持ち出します。(かなり深い茶碗の場合は、横からにぎる様に扱っても良い)
・茶筅通し、お茶を点てるお仕舞いの茶筅通しの時、茶碗をかたむける。
・筒茶碗に絞った状態で茶巾を(絞り茶巾)耳2つ出して、左横に立てかけて茶杓、茶筅を仕込む。

〈お点前〉
1 襖を開け、一礼し、水指を運ぶ。
2 棗、茶碗を置き合わす。
3 建水を持ち席入りし、茶道口を閉める。
4 柄杓を取り構え、蓋置きを置く。
5 柄杓を置く。
6 建水をあげ、居ずまいを正す。
7 茶碗を身体の中心に置く。
8 棗を茶碗と膝の間に置く。
9 帛紗を捌く。
10 棗を清め水指と炉縁の中心に置く。
11 茶杓を清め棗の上に置く。
12 茶筅を取り、棗の右に置く。
13 茶碗を手前にひく。
14 帛紗をはさんだまま柄杓を取り、釜の蓋を帛紗を乗せ取り、蓋置きにのせる。
15 帛紗を膝左横に仮置きし、
16 絞った状態の茶巾を釜の蓋の上に置く。(耳が左)
17 お湯を茶碗に入れ、茶筅をとり茶碗を置いたまま茶筅を入れコツン。一度打ちで茶碗にあずけ、湯は捨てず茶碗を温めておく。
18 茶巾をを取りたたみ直し、蓋上に置く。
19 茶碗をかたむけ、茶筅を二度打ちの茶筅通しをする。
20 湯を建水にあけ、
21 茶巾を取り茶碗に入れ、人指し指と中指でつまむように持ち直し、見込みを「い」 と 「り」とふく。
22 茶巾を見込みに置き、福だめを右手人指し指と中指でつまむようにとって、茶碗にかけ、茶碗を三回半回しながらふく。
23 茶巾で茶碗を持ったまま、膝前におき、茶巾を抜く。
24 左手にのせ茶巾をたたみ直し、蓋の上に置く。
25 茶杓を取り、菓子をすすめる。
26 棗を取り茶碗上で茶をすくう。
27 蓋をし、元に戻す。
28 水指の蓋を二手で開け立てかける。
29 柄杓を持ち、湯を汲み、茶碗に適量注ぎ、残りを返す。
30 茶を点てる。
31 掌で2回回し、蓋置きの横に出す。
32 客の一口で帛紗を腰につける。
33 返った茶碗を膝正面に置く。
34 湯を汲み茶碗に入れ、建水にあける。
35 「おしまい」の挨拶があれば、受け、茶碗を置き、挨拶する。
36 水指から柄杓で水を汲み、茶碗に入れ、茶碗をかたむけ茶筅通しをする。
37 茶筅を置き、建水に水をあけ、茶巾を取って茶碗に入れ茶筅も入れる。
38 茶杓を取り、建水をひく。
39 帛紗を捌き茶杓を清め、茶碗にふせて置く。
40 帛紗の茶粉を払い腰につける。
41 棗をおきあわせる。
42 茶碗をおきあわせる。
43 釜から柄杓をとり、水指の水を汲み、釜にさす。
44 柄杓を向かえにいき構える。
45 釜の蓋を取り、少しきって閉め、柄杓を蓋置きに置く。
46 水指の蓋を閉める。正客から「お道具拝見」の挨拶があれば、受ける。
47 柄杓を建水の上に合を落としてかける。
48 蓋置きを掌にのせ水指正面に向きを変える。
49 蓋置きを建水の後ろに置く。
50 茶碗を取り、勝手付きに置く。
51 棗を取り掌にのせて、客付きに回り置く。
52 帛紗を捌き、棗を清める。
53 帛紗を膝前に置き、掌の上で回し、客付きに置き、帛紗をつける。
54 勝手付きに向き、茶杓を取り、居前に回る。
55 右手に持ち替え棗の横に出す。
56 柄杓を取り、右手で起こし、節まですすめ蓋置きを持つ。
57 左手で建水を持ち建水回りで立ち、茶道口に座り、建水、蓋置き、柄杓の順に置く。
58 ふすまを開け柄杓、蓋置き、建水を持ち茶道口を出る。
59 再び席に入り茶碗を掌にのせ、茶道口に向かう。
60 続いて水指を持ち下がり、襖を閉め拝見物が返るのを待つ。
61 返ったら、襖を開け席に入り、問いに答える。
62 棗を取り左掌にのせ、茶杓を右手で持ち茶道口に下がり座る。茶杓、棗を建付側に置き、一礼し襖を閉める。


砧公園、先日、母の施設へ行く時にタクシーで脇道を通ったら、あたり一面雪景色でした。
駐車場、少し残っていました。

あれれ、茶豆くん、世田谷美術館バックにイケ面でねーの。

なっちゃんは今日もごきげん。
はい、はい、ファミリーパークは、犬猫NGですよね。

そのファミリーパークの桜はまだカッサカサ。
春はまだまだ?

いえいえ、今日は立春。
季節は冬から春へ歩みを進めます。
沈丁花や

石楠花が蕾をふくらませていました。

早く春の日射しの中、お散歩したいねー。

今日はたっての願いを叶えてあげるため、母に面会後、砧公園のならびにある大蔵運動公園にも行きました。


まず浅草で目指したのはパン屋さんの【ペリカン】さんでした。
田原町で降りてわざわざ行ったのに、午前11時到着ですでに売り切れ。
棚にあるのは予約のみということでした。

私のパンブログに何回か登場していますが、こちらのお店、昨年、映画になりました。
本も出ているようです。

そんなこともあってでしょうか?
我が家のNEW家電で、ペリカンの角食、焼いて食べてみたかったんですが…
残念無念。

浅草散歩を楽しんだ後、ダメもとで寄ってみたのが、雷門前【亀十】さん。
列はあったものの、お店の方に聞いてみると、買えますよとのこと。

土曜日は逆に多く作られているのか?単にタイミングなのか?はわかりませんが、とにかく、どら焼き、買うことが出来ました。

白が好きですが、今日も小倉餡の黒も買い求めます。

やっぱりこのふわふわの生地、唯一無二なのでございます。

白餡、手亡豆、サイコー!

やっぱり私の中で、亀十さんのどら焼きが一番です!

亀十さん2016

ペリカンさん2016


ちょっぴり浅草を散策して、下調べした老舗の喫茶店【アンヂェラス】へ。

浅草公会堂並びにあるこちらへ、牛鍋を食べた後に寄りたいと言ったら、夫、【アンヂェラス】しゃなく「デンジェラスだなぁ」と云いました。
やはりこちらも、のけぞりそうなサンプルケースです。

でもね。ただ古いだけではない魅力がありそうな予感がしていましたし、
私、浅草に来て、スタバじゃあないんです。

1、2階が一杯で3階へ。
しばらくすると、すぐに席が、うまっていきました。

少し天井が低い中2階は、なんだかいい雰囲気でした。

一階は喫茶の他、洋菓子の販売コーナーです。

メニュー。

夫は、洋菓子のプリンアラモードとコーヒー。

私は季節限定のイチゴパフェをいただきました。
何年ぶりでしょ、パフェをいただくのは…。

持ち帰りをした『アンヂェラス』

こちらはチョコレートの『アンヂェラス』

どちらも切り口はこんな感じで、昔懐かしいバタークリームのチョコレートコーティングのロールケーキ。
レモンパイもこちらの人気商品のようでした。

浅草 アンヂェラス


やっぱり浅草はイイ!
海外からのお客様がたくさん行く理由、よーくわかります。

京都とは違う魅力の東京の浅草寺、ここにもカラフルな着物姿の女子がちらほらおりました。

これぞニッポンという姿がここにはありますね。
魔除けの朱色もあちらこちらにあるのですね。

今日は本殿横には特設で節分会の舞台が設置されていましたが、ちょうど裃姿の年男衆?が、仁王さまに鬼は外!と、豆撒き中でした。
ちなみに浅草寺の豆まきは、「観音さまの前には鬼はいないこと」にちなみ「鬼は外」とは言わず、「千秋万歳福は内」と発声するのがならわしだそうです。

仲見世通り、相変わらずの大渋滞。
久しぶりの浅草の夫、目を丸くしてました。

豚さんをお散歩する方にも遭遇しました。


花やしきほどアナログな遊園地はないという印象を持っていましたが、
今はかなりアミューズメント的要素もあるようです。
私の知っている花やしき、外観かなり変化を遂げていました。

そして、やっぱりこのあたりはパンダちゃんなわけですね。
浅草門の入口にありました。

しゃんしゃん誕生によるものかと思いましたら、平成25年4月12日(金)に除幕式が開催され、「幼稚園児による初投函」というセレモニーもあったらしいです。

日本最古の遊園地【花やしき】


お誕生会は老舗の牛鍋屋さんになりました。

ところは浅草。花屋敷近くのひさご通りにある【米久】さん。
老舗のお店とリクエストしたけれど、出だしが遅く予約が思うようにいかず、庶民的なところになりました。

これ、店先にあるサンプルケースですが、あまりにレトロでのけぞりました。

今日は浅草寺で節分会があるからか?通常は12時開店のはずが、11時半に行ってすんなり入れました。

入口正面に恵比須さま。
下足番に靴を脱いで預けます。

これ、これ、この昭和な感じを求めていました。
なんだか本当にタイムスリップしたみたいな気分になりました。

お座敷をご案内されましたが、奥のテーブル席をお願いしました。予約は受付ておらず、お昼は11時半に来て並べば大丈夫と云われていました。

はとバスのお昼を組んだツアーもあるようですが、だからといって、落胆することはありません。なかなかの評判の店なのです。

お品書き。あり得ないくらいシンプルで、逆に魅力的に感じました。

テーブルにはこのようなコンロと鉄鍋が置かれています。

注文したのは上の牛鍋。
どうやらトクにするとサシが多すぎるのでこちらがオススメと解説された方がいらしたので、こちらにしました。

最初はお姉さんがやってくださいます。

豆腐、ねぎ、白滝が入ったら、お肉です。

そして割下です。

お姉さんはお肉の色が変わったらお召し上がりくださいと云いました。
言われた通りにいただきました。
バカうまでした。

今まで、割下に泳ぐ具材のすき焼きが嫌で、家ではもっぱら関西風のすき焼きでした。
やっと、たどり着いた感じでした。
小さくて高さのない鉄鍋がみそかと思いました。

ご飯、味噌汁、お新香は別注文で割高な印象ですが、鍋に残った汁は美味しくなっているので、かけてお召し上がりくださいと云われました。
これぞ、下町感あり、とも思いましたし、やらないわけにいかず、ご飯食べ過ぎました。

お肉、やはり、上で十分です。
お肉、出所はまちまちだそうです。
一番いい状態のをお出ししてるとのことです。

大満足でーす。ご馳走様でした。

浅草 米久 食べログ


降るなら降って欲しかった!
前回の雪景色をカメラに収めず悔しい思いをしたので、今朝は夜中に降雪を気にするほどだったんですが、雪らしい雪は日が上り始めた頃でした。

最初は粉雪。次第に少し湿った大粒の雪が降り始めました。

犬は喜び、庭駆け回り♪

ちなみに足跡、大が甘夏、中が茶豆なのですが、茶豆、足、デカ過ぎです!

犬のあんよは冷たくないと云いますが、飼い主、今年はごっついしもやけです。

雪に野生の血
が騒ぐ小梅。
今朝の雪はちょっぴり物足りない様子です。

早起きは三文の徳?
新雪を歩く楽しみかな。

雨の日も風の日も雪の日も、
のお散歩はツラい時もあります。
サムい…(。>д<)

おまけ。
午後、「今日の雪はひどくならずに良かった」と思いながら帰宅すると、
犬用ステップ、所定の位置から移動されて、こんな有り様に( ω-、)

これで3つ目。
このところ大丈夫な時期に来たかな?と、油断していました。( _ )


女子会はたのし♪
とまることのないおしゃべり。
自分にとって助けになったり学びになったりします。

今日は久しぶりに横浜へ行きます。
お二人ともお元気そうで良かった!

今日はお一人のご提案で、ルミネの6階【アマポーラ】というお店に行きます。
皆が注文したイカスミのパエリア。
お歯黒になりながらいただきましたけど、美味しかったです。
写真撮り忘れましたけど、サラダとバゲットが付きます。

ランチセット1,400円なり。
デザート、コーヒーも付いてます。

入り口に「ゆっくりお食事いただけます」と書いてありましたが、本当にたっぷり長居させていただきました。

横浜 アマポーラ


私の愛読書"二十四節気七十二候"に冬の季語として【ふくらすずめ】があります。
冬にスズメが膨らむ姿は古くから知られていて、『福来雀』という字があてられ大変縁起が良いとされています。

お茶室には、新年の荘りものに「ふくらすずめ」がよく登場します。
今は少なくなっているかもしれませんが、振袖には「ふくらすずめ」という帯結びがあって、雀が羽を広げたような大変可愛らしい着付けとなっています。

そんなことが愉快に思えて、一度その姿をカメラに収めて、記事にしたいと思っていました。
寝かせること3年でした。
残雪の中で寒そうにしていた代々木公園の雀、かなりピンが甘いですが、やっと撮影できました。

「ふくらすずめ」はその姿から、歴史的に「丸く膨らんだもの」を指す言葉に使われているそうですが、空気の層を作り体温の低下を防ぐように羽毛を逆立てている雀は、冬の風物詩です。

ふくらすずめについて


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM