今日のお軸は『時雨洗紅葉』
(しぐれ もみじをあらう)
「紅葉が時雨にうたれ、より一層美しく、光輝いている」という意味だそうですが、もみじやさくらは日本では一番待ち遠しくて美しい季節を想像させてくれることばですね。
時雨とは、秋から冬に掛けて一時的に降ったり止んだりする雨や雪のことをいいますが、
先日の祝賀御礼の儀のパレードは小春日和で、絶好のコンディションで国民が祝福いたしました。
『小春日和』も晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天を言う12月上旬まで使う季語です。日本語は本当に難しいですが、情緒がありますねー。
今朝の新聞にH・ヘッセの小説の「少年の思い出」に登場する少年は蝶や蛾を収集するのが趣味なのですが、ドイツ語はこれを区別する言葉がないのだそうです。まったく異なる感覚で捉えるものをひとつのwordでイメージするのはとても難しいことですが、日本語はなんと豊かなことかと再認識します。

茶花は、ツワブキの花と葉、紅く染まったハナミズキ。なんと、姿の良いことでしょう。これも日本の美、ですね。

9月末、上のお点前の許状をいただきました。これからは教本のない奥伝をお稽古させていただけるのですが、まっさらな状態で何をしてよいのかわからず先生に質問しました。
先輩がされているのを見てまねるのよ。そんなお答えでした。
と、いうことで今日はまだまだ覚えきれていない『茶通箱』のお点前をお稽古させていただきました。
箱の手指の動き、大津袋の扱い、まだまだでした。


小梅と杏がご縁で参加させていただいているファミリー会。会場はいつものあきる野の『ワンダフルネイチャービレッジ』でしたが、界隈、先日の台風で川沿いには瓦礫、駐車場には泥あと、大変だったことを想像させました。

今回、いつもの秋のファミリー会より少し時期が早めでしたが、さすが八王子。彩りはじめていました。小梅、嬉しいんですねー。ご機嫌な様子です。

小梅の兄弟、福くん。小梅と同じ時期にヘルニアを患ったそうですが、今は完全復活!相変わらずのヤンチャぶり。
もうすぐ6歳。早いなぁ〜。

赤ちゃんだったモモタも3歳ですって!

今回は、ニューフェイスがたくさんみえていました。この会に参加している皆さんはわんこ溺愛。嬉しい限りです。

今日は夫が午後から仕事で長居出来ませんでしたが、わんこ同様皆さんに会えて幸せでした。今後ともよろしくお願いいたします。


今月は皆さんお忙しく、炉開きの日、花月のお稽古をやりましょうということになっていました。先生は恒例のぜんざいを振る舞ってくださり、それをいただきました後に折据を回しました。
今日はいつもの善哉椀に短い杉のお箸が添えられていました。本来はこちらがセットなのだそうです。少し太めに作られているので箸を運び易いとのことでした。勉強になります。いつもの箸休めも山椒の実と小豆の相性を再認識します。ありがたや。

さて、本日は炉開きの時「何故、ぜんざいをいただくのか?」について。

1.亥の月、亥の日が陰であるのに対して、陽のもの(小豆)を頂き、陰陽の和合を図ることから。
2.鬼も赤、赤ちゃんも赤、還暦も赤、神社も赤、小豆も赤で赤いものは古来より邪気を祓う色とみなされていたことから。
(夏越の祓え、水無月の菓子も同じ)
3.善哉の餅にかぶった小豆の姿が亥の子供(ウリ坊)の背中に似ているから。
4.亥の子餅のお流れをぜんざいにしたから。
5.一休宗純禅師がぜんざいを最初に食べて、「よきかな(善哉)、よきかな(善哉)」と絶賛され『善哉(ぜんざい)』と呼ばれるようになったから。
6.神無月(10月)に神の集まる出雲で振る舞われる「神在(じんざい)餅」が訛って伝わったから。
などの諸説からだそうです。

そしてお軸の禅語。
「年々是好年、日々是好日」を約めたもので、「ねんねんこう、ひびこう」と読みます。
禅語の中の「好日」は「良い日」では
なくて「苦しくても悲しくてもかけがえのない素晴らしい日」というのが本来の意味であるそうですが、お茶のお正月と云われるこの日にふさわしく、また善哉(よきかな)にもかけた先生の思いのようにも感じました。
以前新年だけでなく、通年で使える言葉だとお聞きしました。

茶花は椿と雪柳。山茶花かと思いましたがサザンカは『ちゃばな』と書くのにあまり使わないそうです。椿の季節になりました。日毎にやっと季節らしい冷たさになっています。

さて、修行の足りない私は濃茶付花月でお詰めの席で留まり、いつもとはまた違う折据の扱いをお稽古できました。

■濃茶付花月 覚書
好更棚には天板に水指、手前に茶入れ、二段目に棗を荘ります。

『花』をひいた方は亭主になります。『月』は正客です。皆さんが入られたら、出ていって迎え付けのご挨拶をします。お客様は同時に帛紗を付け、四畳半に入ります。

亭主は茶道口で折据を回し、持って入り正客の前に置きます。
茶碗を持って入り置き合わせ、建水敷居に置いて、仮座に座り「どうぞ、折据のお回しを」と言います。

花月之式では一同が札を見て『花』だけが名乗りますが、濃茶付花月では『花』と『月』が名乗ります。そして、『月』が最初に濃茶を点て、『花』がその次に薄茶を点てます。

『月』は立ち、敷居で建水を持ち立ち上がると同時に亭主も立ち上がり座変わりします。
『月』は濃茶を点てますが、 普通なら2〜3人分点てるのところ花月の時は5人分点てなければならないのでお茶の量やお湯の加減が難しいです。 濃茶付花月では、自分の点てた濃茶を最後に仮座で頂きます。5人目はお湯を含んで硬くなりますので、 点てた具合がわかるので勉強になります。

その後、お茶碗の拝見があり、茶碗を取り込み総礼をします。茶碗を濯ぎ、お茶碗を棗を置く位置を開け置きます。
次に『花』が点前座に座り、替札を棚に置いたら、その手で棗をとって茶碗と膝の間に置き棗を清め、火窓の前に置きます。
それから茶碗を手前に引いて湯を汲み、建水にあけ、茶碗を拭きます。
茶杓を手に取ったら、正客は折据を回します。

茶碗が定座に出されたら、一斉に札を見て『月』と『花』は名乗り、お茶を点てた人は『松』と言います。月は薄茶をいただきます。

次の花の人(二の花)は、点前座に座ったらまず置きかえをします。
まず、右手で茶杓を取って水指に預け、次に右手で茶入を棚に乗せます。左手で棗をとり、茶入の後に置きます。右手で、水指の上の茶杓を取り、棗の上に置きます。置きかえが終わったら、茶碗を取り込み、清めてお茶を点てます。

先とおなじように折り据えを回し、茶碗が定座に出されたら、一斉に札を見て『月』と『花』は名乗り、お茶を点てた人は『松』と言います。月は薄茶をいただきます。

次の花の『三の花』が『仕舞花』になります。お茶を点てお茶碗を出したら、客付きに回って札を折据に戻します。それから居前に戻って釜に水一杓さして、茶碗の戻るのを待ちます。

仕舞花がお茶碗を取り込むと総礼し、最初の座に座変わりをします。
仕舞花が濃茶点前の仕舞をし水指の蓋を閉めると、正客から、茶入れ・茶杓・仕覆の拝見の所望があります。
仕舞花はこれを受けて、柄杓を建水にたたみ、蓋置を建水の後ろに置きます。
それから右手で棚の上の茶入を取り、左掌に乗せて客付きに回り、茶入れを拭いて定座に出します。茶杓と仕覆も拝見に出します。
次に、柄杓と蓋置を棚に荘り、そのあと茶碗を割付けて、棗を棚に荘り、
建水を持ってさがり、自分の座(一番最初の席)に戻ります。
亭主は仕舞い花が後ろを通ったら、建水の所に進み、建水を水屋に下げます。茶碗を引き、水指に水をつぎます。

拝見が終わると、四客から返します。それから正客は、折据を茶入の下座に返します。

亭主は拝見物を取りに出て、総礼します。(問答なしです)折据を懐中し、仕覆、茶杓、茶入れを持って水屋に下がります。

亭主が送り礼に出ると、客は正客から順に次礼して、退席します。

2015 炉開き


東京へ帰ります。その前にと寄った蓼科湖、紅葉が、見頃でした。

ほらこの通り。

景色も最高です。

やっぱり紅葉は黄色より赤の紅葉ですね。

一番の紅葉スポットでパチリ。

いやぁ〜、キレイでしたぁ〜!
 
晩秋の八ヶ岳滞在、お天気に恵まれました。冷たい空気は山の景色も、一段とクリアに、見えます。


今年8月に存在を知ってリピートさせていただきました。

ウチのコたちも一緒に。

前回閉まっていたギャラリーが今日は開いていました。

中、気になるね。

今日は、ギャラリー横のセルフサービスのスタバのNespressoを利用させていただきました。お好きなところで召し上がってくださいとのことだったので、外でコーヒーをいただきました。

購入のパンはこちら。ほとんど売り切れで、今日も前回と同じくるみとレーズンのパンを購入させていただきました。
一回り大きいかな?800円なり。

クリームチーズが合いますね。

8月のBARN


信玄餅は高速道路SAやあらゆる新製品でお馴染みの桔梗屋が有名ですが、金精軒という菓子処が本家本元なのですよね。
道の駅南清里で金精軒の『かりんとう饅頭』なるものに出会ったので購入しました。
これがばかうま!イベントだけでの販売だということで調べてみたところ、北杜市にある金精軒さんが出店していたようです。

黒糖生地で作ったお饅頭を屋台でカラリと揚げたお菓子です。
目の前での揚げたてもきっと美味しかったんでしょうが、家に戻ってからいただきました。
カリカリした食感と黒糖の香り。
またどこかで出逢えるといいなぁ〜。
台ケ原 金精軒


秋の連休、最後のお散歩場所は定番の原村にある八ヶ岳自然教育園。

たくさんの場所で錦秋を感じましたが、ここもまた美しい姿でした。

大好きな森を走る!

ご機嫌です!


今回の連休の目的は八ヶ岳の紅葉狩り。
そー言えば、20年以上も八ヶ岳に来ているのに清里にある赤い橋の紅葉を見たことがないと、今朝はそこを目指しました。
ちょっと早かったのかな?赤い橋からの景色は残念ながらでした。

実はここを目指したのはお昼ご飯を食べるため。

こんな風になっていて

『レストランほたる』で

私、きんぴら牛丼500円をいただきました。満足のコスパ、カレーも美味しそうでした。

様子を知ってウチのコたちを降ろすことにしましたが、はじめての場所、楽しいんですね。

レストランからの景色は、

こんな様子でした。

道の駅も変わりましたね。地元で収穫されたものを販売するだけでなく、楽しめる場所になってきました。

ドッグランもありました。

そうそう山頂の八ヶ岳花の森公園へ行くリフトカーもありました。

八ヶ岳高原ライン 東沢大橋(やつがたけこうげんらいん ひがしざわおおはし) 川俣川東沢渓谷地獄谷にかかる通称『赤い橋』はこんな様子でした。


今日の目的地『赤い橋』に向かう前にまずはわんこのお散歩です。八ヶ岳高原ラインの途中にちょうどよく『まきば公園』がありました。以前散歩したことがありました。

とにかく景色がいいです。

公園とはいってもまきばは緑の場所にやぎ、ひつじ、ポニーがいます。わんこと一緒にそのエリアには入れませんが、なかなか良い散歩コースです。

逆光で残念ですが、富士山が見事な姿でした。秩父、群馬、山梨の山並が今日は快晴で素晴らしい景観でした。

以前のまきば公園


本日2ヶ所目、お散歩は

甘夏さん、自粛中のボール遊びができました。

紅葉の色づきはわずかでもわんこたちは満足したようです。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM