あいにくの雨が出掛ける時には降り始めていました。今日は、以前からランチをご一緒しましょうと約束していた犬友とランチです。
ラインのやり取りで今度行ってみましょうと言っていた両国にあるロブションで働いていた方が独立してオープンされたという店は1ヶ月先まで予約がいっぱいでした。

彼女が兜町で営業だというので、それでは近くでと、選んでくださったのがこちらのお店でした。そもそも水天宮や人形町に縁がないものですから、このあたりでフレンチを召し上がる方がどんな方なのかわかりませんが、食べログでは大変評価の高いお店でした。

2人とも、プリフィックスのコースを選びました。前菜、魚料理、肉料理、デザート、飲み物という内容です。
私はほとんどをこの店のスペシャリテでオーダーしました。

まず前菜は「トマト、アボカド、ズワイガニのカクテル仕立て」。ズワイガニがたっぷり入って、このようなお料理はフレンチならではというような美味しく繊細なお味でした。

このタイミングでパン。程よく温めてあり、硬さも旨さも花丸でした。

友人はシャンパンを召し上がっていました。まずはシャンパン、お洒落ですね。
そのシャンパンに合うような「かさごのポアレ」カリカリに焼いた皮が香ばしく、オリーブやトマトでしょうか?さっぱりしているけれどやはりフレンチらしい美味しいソースにまとわれていて、メインのお魚料理、大満足でした。

これはかさごのポアレに添えられた今の時季にしか味わえないベビーアスパラガス。確か野生と仰っていたような気がします。

メインのお肉料理「山形豚のポアレ、シャルキュティエールソース」
シャルキュティエールソースとはフランス料理の伝統的なソースだそうですが、玉ねぎ、ピクルス、マスタードなどを使ったソース、お魚同様美味しかったです。

デザートはやはり私はお薦めの「クレームブリュレ」をいただきました。
レストランデザート、見た目勝負でないからこそ多分力の入れ方が違うのだと感じました。美味。

友人は「パンナコッタ」を注文。絶賛していました。

マダムの接客のセンスが抜群です。近より過ぎずお高くとまらず。お料理はフルコースでも品の良い量と質を提供していただきました。

水天宮でフレンチ…女性同士のランチにレコメンドです。

浜町 ル ブション


友人と待ち合わせた人形町。久しぶりなので、水天宮をお詣りさせていただきましょう。と、行ってみましたら、姿が変わっておりました。

江戸鎮座200年記念事業として社殿の建て替えを行ったそうで、2年前に新社殿になったそうですが、コンクリートの箱でした。
以前からこじんまりとした神社だと思っていましたが、またずいぶんと化粧直ししたものですね。日本橋界隈は古の姿失われていきますね。


昨日飛鳥山に紫陽花を見に行ったら、床の間にもアジサイの姿がありました。先生は茶室に絵は相応しくないと仰いますが、私的には季節を愛でるで有難や。
今日は、1年に一ぺんお稽古させていただける立礼のお点前をさせていただきます。
詳しい手順は以前のブログでアップさせているので
こちらから。

香合は『玄々斎好 独楽香合』 風炉の香合の定番とされているそうです。

茶花はシモツケ。先輩が赤いシモツケは「京鹿の子」という別名があることを教えてくださいました。

そしてお茶碗が紫陽花。
水無月を彩るのはやはり、アジサイですね。お菓子は定番の水無月をいただきました。


三ノ輪には天ぷらの「伊勢屋」があって何度か行ったことがあるのですが、都電の終点"三ノ輪橋"は初めてです。確か商店街があって、その下町風情が魅力的なのをテレビで何回か見ていました。市井の様子は商店街にありと思っているので、訪ねてみました。

アーケードですね。商店街のおしまい地点は都電の駅になるということなので、これはいいと思いました。今でも重宝がられるのはどこの街でも総菜屋さんですね。立ち寄ってみると、目に入ったのが「紅生姜の天ぷら」。2枚買い求めました。
手作りの漬物。まさに下町風情。発酵度が高そうです。

懐かしいお風呂屋さんも健在です。

こちらが三ノ輪商店街名物、生姜の天ぷらです。ガツンと塩気が効いたおつなお味でした。


目的地『渋沢史料館』は飛鳥山公園内にありますが、飛鳥山公園は桜やツツジが美しいと聞いていました。なかなか時間が合わずツツジも逃してしまいましたが、紫陽花の咲く「飛鳥の小路」というのがあるというではありませんか!

これからが見頃というやや早な印象でしたが、JRの線路際に咲く紫陽花の小路はなかなか見ごたえがありました。

史料館はその名のごとく史料が多いので、人物を知るため、別室で映像を最初に見ることにしました。より理解を高めるためにいい方法だと思います。

この姿は髷を落として海外へ視察する頃の渋沢栄一氏かと思いますが、約500の企業の育成に係わり、同時に約600の社会公共事業や民間外交にも尽力といいます。どんだけ凄い方だったのでしょう。
日本の近代経済社会の基礎を築き、実業界のみならず社会公共事業、民間外交の面においても指導的役割を果たした大実業家は新一万円札に相応しい素晴らしい方でした。

史料館横の庭園内には、
賓客を接待するための館『晩香廬(ばんこうろ)』

『青淵文庫(せいえんぶんこ)』があります。
晩香廬は、渋沢栄一の喜寿を祝って現在の清水建設(株)が贈った洋風茶室。

青淵文庫は、渋沢栄一の80歳のお祝いと、男爵から子爵に昇格した祝いを兼ねて竜門社(財団の前身)が寄贈した鉄筋コンクリートの建物だそうです。

奥の杜は東京大空襲ですべてが失われてしまいましたが、茶室や門、待合などの跡があります。

渋沢栄一 記念財団


以前犬の散歩で飛鳥山公園に行った時に【渋沢栄一記念館】にいつか行きたいと思いました。それから十数年経っています。
そんな折、新一万円に渋沢栄一が決まったといいます。これはもう行くしかないなと考えました。
いつも思いつきの小さな旅です。
乗り換え案内は新宿から山手線そして京浜東北線で王子へと行く方法を教えてくれましたが、山手線に乗ると「大塚駅」で都電に乗り換えられるとのこと。

王子から都電に乗るつもりでいたので、急遽下車。大塚から王子を目指すことにしました。何年ぶりに乗るのでしょう。
祖母が王子にいたので、何度か乗っていますが、子供の頃でした。それからお婆ちゃんの原宿、庚申塚に行くのに母と乗ったことがありましたか。とにかく新鮮な気持ちです。

3度乗車すれば元が取れるというで、一日乗車券を購入することにしました。

400円也。1回は170円ですので、何度か乗り降りするなら確実にお得です。

王子に到着です。

飛鳥山公園には都電6080が展示されていました。昭和53年まで走っていた車両だそうです。

車内はこんな。レトロですねー。
でも基本、チンチンと音を発して走る様は変わりません。

飛鳥山から王子に向かう車両。

飛鳥山からまた乗車します。今日は庚申塚縁日の日だったらしく、車内、結構混んでいて遅れもあったらしく、駅は無人で乗車管理もしなければならない運転手さんは少し気持ちが忙しそうでした。

のどかな下町の風景を堪能して三ノ輪橋到着です。

三ノ輪商店街をぷらぷらして荒川一中前からまた乗車します。

町屋到着。ここから千代田線に乗って帰宅します。鉄オタでなくても楽しめる電車。我が町経堂のそばを走る世田谷線に似ているなぁ〜とも思いました。

都電 荒川線


代わり映えしないんですけどね。週末のお散歩は欠かせません。梅雨入り前にたっぷり楽しみましょ。

緑も盛んになって辺りの景色が変わってきました。やっぱり水無月になってなんだかしっとり空気が重たくなっていますね。


代々木上原にあるブーランジェリー&カフェの店【マンマーノ】一度行った時はお休みでご縁がありませんでしたが、今日は夫が買ってきてくれました。

"あんバター"

これ、本日の一番でした。餡がとても美味しくて噛みごたえのあるパンと良く合っていました。

"焼きピロシキ"

ピロシキって、確かロシアのものですけど、これは日本での進化形ですね。具材が美味しいです。

"もちっと明太"

なんだろ、これ?生地に入っているもの?ポテトかな?お餅かな?明太子も色々アレンジがありますね。ネーミング通りもちっとしてます。

"クロワッサン"

軽くいただけるクロワッサンです。

"ソーシソン"

細くて長ーいプロモーションをしています。食べごたえがありました。

"エッグタルト"

パン屋さんの立ち位置なサクッとした柔らかい甘さのほっとする味でした。

代々木上原 マンマーノ


出掛けた先での見つけると立ち寄るパン屋さん。今日は材木座近くの街のパン屋さん、【日進堂】さんです。佇まい、滅茶苦茶レトロです。お店のお母さんも凄く素敵でした。鎌倉駅までの道のりも詳しく教えていただきました。

"レーズンロール"

"さつまいもあんパン"

さつまいもあん、美味しいです!

"ソーセージパン"

"カレーパン"一番人気だそうで、数種類あるようです。

私が買い求めたのは甘口。ばんじゅうに無造作に入っての販売はある意味新鮮でした。

アンゼリカが入っているのが、昔大好きだった泉屋のクッキーを思い出し、懐かしくて購入したパウンド型パン。

ケーキ仕立ての"りんごのパン"

おまけにいただきました。懐かしい揚げパン。
お支払の時、たくさん買ったのに1,000円でおつりをいただいたんで「えっ?」って感じだったんですが、お値段もお財布に優しくて、パンも雑じゃないお味、スゴく好きでした。
日進堂 食べログ


日蓮が鎌倉に入って初めて草庵を構えた土地。お布施を納めるお寺は今回が、初。この美しいお庭を拝見できるのは有難いことです。

雨に鶯。裏山のハイキングコースは歩きませんでしたが、山に囲まれた鎌倉は緑の森にたくさんの野鳥がいるようです。
日蓮の「立正安国論」はこの地で書かれ、寺の名前はこれに由来するそうです。境内には草庵(松葉ヶ谷御小庵)の起源となった岩窟があります。

ヤマザクラとサザンカは市指定天然記念物だそうです。
本堂も拝見しましたが、心静かな時間が流れます。

また少し歩みを進めて"妙法寺"へ。
お布施を納めると、

こちらでお詣りをとお線香をいただけます。

それから右手に歩みを進めると

この朱色の仁王門が見えてきます。

そしてその奥。苔の石段です。「苔寺」とも呼ばれるのは後になって知りました。"杉本寺"と並ぶくらい美しい!一年中見ることができるといいますが今頃がベストかもしれません。

上に上がる毎に神秘的なエリアになりました。

石像

こんなところに鐘楼を見たのは初めてです。
日蓮宗の教義を具体化した形が拝見できるのだそうです。

日蓮が鎌倉に入って初めて草庵を構えた土地で、日蓮の四大法難の一つ「松葉ヶ岡焼打」が起きた場所。京都へ移った本圀寺(日蓮が建てた法華堂)の跡地に、1357年、日叡が寺を再興したのが妙法寺の起こりとされているそうです。

この2つのお寺は今回特に印象的でした。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM