八ヶ岳に来た時はワンコ中心で私たちは楽しみます。今朝は小さな秋を探したくて標高の高い場所を目指しました。
ビーナスラインをひたすら車を走らせます。いつも散歩で行く女神湖よりさらに上へ。
写真はあまりに美しく車窓から撮影した1枚。八ヶ岳が小さく見えます。そして雲海。

美ヶ原高原に到着したのは良かったのですが、足元がいささか険しそうなので一旦下ろしたわんこを車に戻し、私がだけチェックに行ってみました。

標高1990mだそうです。このごろごろの石の木道をひたすら上ります。

眺めは確かに良かったんですが、夫の予測通り、わんこ散歩にはNGの場所でした。
ここが折り返し地点。

眺めは確かにいいんですが、足を鍛えている私にもかなり厳しい道のりでした。

牛伏山


八ヶ岳のパン屋さんは美味しいので助かります。大好きなのは『ケロック』さんと蓼科自由農園に併設されている『Kitchen&Table808』さんですが、今朝は808さんのパンをいただきました。

これがウチのお気に入り"カルツォーネ"

このゴロゴロベーコン、そしてカボチャの組み合わせの具がちょっとかりっと外を仕上げたパンに包まれているわけです。頬張ると口いっぱいに具材が広がって幸せになります。

"カレーパン"

クロワッサン生地に包まれたキーマカレーのカレーパン。チーズも張りついています。一見カレーがちょっぴりに見えますが絶妙な配分です。

"ベーコンチーズ"

こういうハード系も美味しいのです。ゴマ入りパンにベーコンが合います。

"グリエール"

レーズンも入って、噛み締めるへどに旨味が増すこのようなパンも美味しい!

今日は角食もいただきましたけど、240円のクオリティではないと思います。
やっぱり、水と空気の違いでしょうか?

808 Kitchen&Table


八ヶ岳はキノコの季節になりました。
実りの季節、果物も美味しいです。
長野はリンゴが名産で今年も新しい品種が店頭に並んでいました。
葡萄といえばお隣の山梨が有名ですが、長野バープルなど最近は葡萄栽培も盛んで美味しいです。

昔アレキサンドリアという品種の葡萄が日本に出回るようになった時、チーズや生ハムに添えるとその色合いからとっても素敵に演出できたんですが、今はこちら『シャインマスカット』が美味しいですね。種なしで皮ごといただけるのが魅力です。いつもお買い物する生協でもやっぱりお値段ははりますけど、今は私、葡萄の中では一番!ですね。


1ヶ月半ぶりの八ヶ岳。ご高齢のためこのところボール遊びはおあずけなので、この通り山girlの甘夏さんご満悦なんですが、

おしりを追っかける我が家のわんぱく坊主が背中に乗っかって邪魔をします。

一方、小梅ちゃんはその様子が嫌なんですね。でもお山に来たら違います。ルンルンになりました。
私たちもこの空気久しぶりに感じてリフレッシュしたいと思います。


小さな秋見つけに八ヶ岳へ。
朝方降っていた雨が止んだ頃、東京を出発しました。
実践農大の桜、色づいていました。
彩る錦秋はまだまだこれからですが、さすがに八ヶ岳、10月というのに夏のような暑さの東京とは異なり肌寒いほど。
気温は19℃でした。
桜の葉もここ八ヶ岳は赤く染まります。

散歩道もこのような秋を感じます。


今年は10月も茶箱のお点前をやりましょうと先生からご提案いただきました。
茶箱は鉄瓶とお茶を点てるためのお道具が入った茶箱を持ち出して行う点前ですが、拝見あり、なし、ですると、覚えなければいけないお点前は10種類ということになります。にもかかわらず茶箱のお点前をさせていただける9月は三回のお稽古しかありません。
そういう先生のご配慮もあってのことかと思いますが、先生も茶箱のお点前はお好きなご様子です。すべてのお点前は良く出来ているなぁ〜と思いながらさせていただいておりますが、茶箱のお点前も素晴らしい構成です。そしてお道具が可愛らしい!これが一番の魅力です。

茶箱は四季折々のお点前がありまして、その季節を意識して9月は月点前と色紙点をさせていただきましたが、一度もお稽古していないであろう冬のお点前『雪点前』を今日はさせていただきました。
しかーし、2年前させていただいておりました。
『雪点前(拝見あり)』

茶花は、木槿に秋明菊。床には秋草の描かれた扇面が設えられていました。


日曜日の午後、ご飯屋さんを探して我が町経堂の農大通りへ。入れ代わり立ち代わりしているお店がタピオカミルクティー屋さんになっていました。以前はパニーニ屋さんだったと思います。

夫はまだ飲んだことがないというので「ご馳走して」と頼んで、経験をさせてあげることにしました。

調べてみましたところ、上野や浅草、吉祥寺にあるようです。

作られている方は台湾の方かな?わたし、ブラックティーのタピオカミルクティーしか飲んだことがなかったのですが、こちらはベースが高級ジャスミン茶だということでした。どうかな〜と思いましたがとっても美味しかった!タピオカは他の小豆と同じトッピング扱いなのですが、タピオカもいいお味でした。ジャスミンが高級だからなのか?香しく、鼻から抜ける香りが心地よい。しかもすっきり爽やかでした。

経堂は商売するには難しいと云われているので、頑張って欲しいと思います。

東季17webサイト


Windows7のサポートが来年1月に終了するお知らせを受けて、買い換えの決意をしました。実はいまだに7(セブン)を使っていました。さらに年賀状作成時にしか立ち上げない巨大なデスクトップのXPもありました。

買い換え&処分をするきっかけのもうひとつは「リネット」という廃品収集業者の新聞広告。PCを無料で引き取ってくれるといいます。しかも他の家電も140サイズの段ボール20kg以下だったら無料で引き取ってくれるといいます。
【国認定】パソコンの無料回収(処分・廃棄)サービス「リネットジャパン」

9月はPCのお引っ越しで時間が費やされる毎日を送っています。
まずは、ハードディスクを購入してファイルを移動。購入の際XPに互換性があることが問題でしたが、大丈夫でした。しかし、容量の単位にびっくりでした。今、テレビ録画ができるものがほとんどでTB(テラバイト)です。私のファイルなんて軽いものばかりですから余裕です。

次にデータをどうするか?友人に相談したところPCをそのまま購入メーカーに送りリサイクルしたといいます。DELLはどうなのか?製品のリサイクルは購入者にお任せでした。

いづれにしろデータを抹消する必要があります。PCを仕事に使っているのは数パーセントですが、今ではスマホばかりでしているネットショッピングやネットバンキングを利用しているゆえやはりリサイクルに出す前のデータ抹消は必須です。

友人に付き合ってもらい、有楽町ビッグカメラにソフトを見に行ってみました。友人もデータを残したままメーカーに送ってしまったことが不安になったようで興味があるといいます。
店員さんに丁寧な説明を受け、今ひとつ決め兼ねながら帰宅。
回収業者にデータ抹消を丸投げですと1台3,000円ほどでお願いできるようです。無料ソフトをダウンロードして自分で作業することも可能です。時間は5〜6時間かかるといいます。

結局、ビッグカメラでお姉さんが薦めてくださったソフトをネットで購入することにしました。自分でするのなら無料ダウンロードの手もありましたが、少しでも時間の削減ができるかと思いました。処分のパソコンは義母が使っていたのもあるので3台ありました。
時間、かかりました。
最後に作業した時は、念のためとセキュリティレベルの高いものを選んだら7時間以上時間がかかりました。夜に作業を始めたので終了は明け方の4時。一度起きたのですが、終わっておらず寝てしまって次のステップに行かなかったので、リピートしてしまいました。結局データ抹消完了は翌日の午後2時でした。

想定外に時間の要するデータ抹消作業でしたが、これで古いパソコンとさようならと思うとすっきりしました。スイッチを入れてもな〜にも現れません。


プリンターも買い換えました。以前使っていたものと同じものを選びました。在庫のインクを無駄にしたくなかったからです。
まだプリンターは使えたんですが、いよいよになる前にと思いました。プリンター5,296円也。これだけでもずいぶんお手頃価格と感じますが、実はインクが純正だと4,000円近くするので、プリンター機は1,300円ということに気付き、愕然としました。
そういう世の中なんですね。

データもハードディスクに書き込みが済みましたし、問題はPCの初期設定でしたが、スマホで事前に調べたところ、動画があったのでそれを参考にしたところ意外と簡単にことが済みました。
初期設定を専門家に依頼すると結構な出費になるので助かりました。
私のレベルで出来たのだから、最近のPC設定はとても分かりやすく作られているのだと思います。

DELL 初期設定

この作業は簡単にできましたが、iTunesのデータを同期できると思って作業を進めたら出来ませんでした。逆にiPodのデータが無くなってしまう事態になり焦りました。
ない頭で考え、まだデータ抹消の済んでいないPCからダウンロードをして救済しました。
結局、iTunesと、media go改めMusic Center for PCのお引っ越しにとても時間がかかりました。

データ保存作業でメールソフトがおかしくなってしまいメールの送受信が10日ほどできなくなってしまいましたが、このことをきっかけにメルマガ配信停止作業もせっせとしました。嫌いではないですがPC作業って、本当に時間がかかりますね。

まだ新しいOSに慣れていないのでまたひとつひとつ勉強です。
キャッシュレス時代、まだまだ適応力を柔軟にしなくっちゃ、ですね。


何十年も前、亡くなった母と はとバスに乗って巣鴨やなんかの下町を巡る東京観光をしたことがありました。その時にここ【羽二重団子】に寄りました。
日暮里繊維街に向かう途中、やっと廻り合いました。駅前にカフェのような店舗があって前を良く通るのですが、老舗とはかけ離れた佇まい。ここは本店。しかも5月にリニューアルしたばかりだそうです。
呼ばれました…。

有名な羽二重団子、こういう歴史だそうです。

文政二(1819)年創業、190年余の歴史を持つ団子、和菓子の老舗。きめの細かさが羽二重のようだと賞されたことが「羽二重団子」の由来。
「羽二重団子」
餡団子(こし餡)・焼団子(生醤油)

「漱石もなか」
漱石もなかの中には、しづくあんが3粒入って います。
"しづくあん"羽二重団子独特のこしあんと生地種を、一滴のしづくに見立て特別に調整したものだそうです。

『…芋坂へ行って團子を食いましょうか…』 夏目漱石「吾輩は猫である」にあります。

老舗ならではの包装紙、包装。
本店喫茶ではランチも始めたそうです。羽二重団子のプチバージョンで抹茶や煎茶。漱石もなかもいただけるそうです。
出来立て、美味しいでしょうね。

羽二重団子


友人の薦めもあって、円山応挙他、昭和に至るまでの画家の作品を観てきました。今では当たり前の写生を重きをおいていた応挙の作品、感動しました。
「すべては、応挙からはじまる」との言葉、なるほどでした。

幾度か訪れている芸大美術館ですが、今展は結構な人気のようでした。

キャンパス内にありますゆえ、美術館併設のオークラもいいですが、ベンチに座ればこのような癒しの風景もありますし、

ここは学食でして、

一般の人も大変リーズナブルなお値段で、定食などをいただけます。

私は美術観賞後、谷中散歩。
やっぱり今日もカヤバ珈琲は列を作っていました。

今日はお彼岸の入り。谷中霊園へ向かう方々、根津からの言問通りの花屋の店先にはたくさんの仏花並んでいました。帰りの日暮里駅構内にも仏花が販売されていること、驚きでした。

この道もいいんですよね。『さくら通り』と言います。スカイツリーも右手に見えますが、徐々に黄色く色づいてはらはらと落ち葉になる桜。春も素敵でしょうね。
「暑さ寒さも彼岸まで」亡くなった両親を思って歩きました。

円山応挙から京都画壇へ


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 公園へ行こう 犬と散歩【国営武蔵丘陵森林公園】
    ヒーローママ
  • 公園へ行こう 犬と散歩【国営武蔵丘陵森林公園】
    kisetsuomederu
  • 公園へ行こう 犬と散歩【国営武蔵丘陵森林公園】
    福ママ
  • 成城学園前 【蛇の目寿司】 蒸し寿司
    kisetsuomederu
  • 成城学園前 【蛇の目寿司】 蒸し寿司
  • 日本橋三越の【日本橋庭園】
    kisetsuomederu
  • 日本橋三越の【日本橋庭園】
    りす
  • 八ヶ岳中央農業実践大学校芝生広場&農場食堂
    kisetsuomederu
  • 八ヶ岳中央農業実践大学校芝生広場&農場食堂
    ヒーローママ
  • 等々力渓谷公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    蒲池静恵

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM