我が家から徒歩0分の鰻の店【寿恵川】両親と同居していた時、外食に頻繁に利用していました。義父が鰻好きでした。
こちらの味に慣れ親しんでいたので美味しいと言われる店にわざわざ足を運んでも、超える味と思うことがありませんでした。

本当はひっそりと今月末に閉店するはずだったらしいのですが、犬友のゴローちゃんパパがわざわざ訪ねてきてくれて、数日前に教えてくださいました。閉店2日前、最後にと行ってきました。

パパさんによると、親父さんの具合が悪くまた息子さんもお一人では続ける自信かなく、閉店を決断されたそうです。

経堂に住みはじめて18年。新築工事中に大工さんに振る舞ったのがはじまりでした。お店自体は昭和のはじめの創業だそうです。

経堂は数少なくなる商店街が南北にあり飲食店も多い街ですが、こういう老舗がなくなるのは本当に残念です。

これから鰻をいただく回数が減りそうです。


いいとこ見つけちゃいました。吉祥寺、フレンチ。コスパ、滅茶苦茶高いです。
この日は仲良し4名ぷらすOneで、吉祥寺在住の1名のお宅で、QueenのBlu-ray鑑賞会&新年会でした。
吉祥寺でフレンチをいただいたことのない私は、それならばと「フレンチ食べた〜い」と、勝手なことを言い出し、快諾をいただきました。みなさまお付き合い、ありがとさんでございます。

地元の方こそあまり行かれないと思うので、食べログさんを頼りにしまして、魅力的だったこちらを予約することになりました。

現地集合、吉祥寺に疎いメンバーは皆、なかなか見つけられなかったようです。
ちょっとメインストリートから外れています。それに地下。
ランチに地下はマイナスポイントかと思いましたが、シックな店内と、素晴らしいお料理とお喋りに夢中で関係ありませんでした。

写真は、お酒のいただけない私が注文しました『エクラ』グレープフルーツベースのノンアルカクテルです。
ワインリスト、充実していました。お酒好きのMねえさんは広島の三次のシャルドネ種のTOMOEを気にいっていました。

お料理は【軽めのコース menu A 2,500円】をお願いしていました。
まずはアミューズ。
牡蠣のスープでした。
サービスプレートは柿渋色の陶板でしたが、こちらの器も陶器製。彩の調味料のオリーブ油の緑が冴えていました。

前菜は、鉄平石?のようなお皿にシックな色味のお野菜が盛りつけられたホタルイカのサラダ。フランボワーズのドレッシングとビーツのピューレ。凝っています。

パンはこのタイミングでした。
フレンチのはずですが、こちらはバターでなくオリーブオイルでどうぞということのようです。オリジナルの器でしょうか?

メインお肉料理は、山形豚のローストポーク。ピンク色に仕立てたお肉、柔らかくジューシーでした。青山椒が少しあしらわれていて、とても良い味の変化になっていました。南瓜のピューレ、ソースも美味しかったです。
葉玉ねぎの添え野菜も美味しいだけでなく、素敵なあしらいでした。

本日のデザートは、
花器のようなデコラティブな器で供されました。金柑のコンポート、グレープフルーツのジュレ、ピスタチオのパルフェ、バニラアイスクリーム、ちょっぴりずつがとっても嬉しかったです。
コーヒー又は紅茶、ハーブティーが付きます。

吉祥寺ではNo.1のお店、確かにlunch時は満席、人気でしたし、ライトなコースをいただきましたのに、満足度100%でした。
それと、おもてなし感も素晴らしいです。こだわりありきのソムリエさん?は少し癖はありますが、実はお茶目な感じもして、給仕する佇まいは素敵でした。また、会食5人の会計を1人ひとり教えてくださる細やかさ、ホスビタリー感も100%でした。

吉祥寺 エクラ


この1週間はとても長く感じました。
前半は、目ヂカラが出た。とはいっても、麻痺した後ろ足は床ではなく天井を向いていて、人魚のようでした。

鍼灸をしていただいた獣医師からは、次は2週間後と云われて予約をしましたが、もう一度連れて行くのはどうかと思っていました。
でも、日毎に変化があるように感じました。

かかりつけの獣医から処方されたステロイドの副作用で、垂れ流しだった排泄も薬が抜けてきてからは、オムツも不要になり、散歩の時間まで我慢ができるようになりました。
日中はケージでお留守番ですが、ペットシートを何枚も購入しましたが、無駄になりました。

お散歩はもちろんバギーで行きますが、数回、草や芝のある場所で下ろします。
そうすると前足を前進させて、においを嗅ぎ回ります。

かかりつけの獣医師は絶対安静と言いましたが、鍼灸を施術してくださった獣医師は、どんどん歩かせてよろしいと仰いました。
最初の頃私は、前足に負担がかかるのではと消極的でしたが、歩きたいという欲求に変化してるように感じたので、悪いことではないと思うようになりました。

今日のお散歩のスタート地点は世田谷公園です。周辺はバギーでもお散歩しやすい場所です。通り道の東山公園は、小梅を下ろして歩かせるのに適していました。

少しずつ、すこしずつ、良くなっていると思います。


今年の目標は恐れずに挑戦することです。
挑戦は勇気が伴いますけど、その先には新しい景色が見えてくると思って頑張ります。

今月は愛犬が突然にヘルニアになってしまったので、お稽古は一回きりとなってしまいました。ヤル気満々で出鼻を挫かれましたが、
初志貫徹、今日は生まれて初めてさせていただく【唐物】のお稽古をお願いしていました。

上級のお点前で、教本はありません。
先輩方がたびたびされるのを見学していましたが、見るだけで全くわかりません。ZEROからのスタート。
インターネットを頼りになんとか手順だけはわかりました。

しかし、真と行の帛紗捌きがわかりません。YouTubeで見つけてやってみるのですが、正解がどういう形なのかがわからないのです。
お稽古では、気の毒がって、先輩が横でお手本を見せてくださいました。
ありがたや。
しかし、最後まで出来ません。
でも、自身では良しとしました。
だって、景色が見えましたから…。

このお点前はシークレットなので手順はブログでご紹介出来ませんが、
扱いが丁寧です。

■道具の決り
1、唐物茶入(伝来は問いません)
2、行の茶杓(止節です)
3、楽茶碗(赤でも可)
4、曲水指(水で濡らしておきます)
5、唐銅建水、竹蓋置を使います。

■準備
1、曲水指の前に仕服に入れた唐物茶入を畳1目程あけて荘る。
2、茶碗に茶巾、茶筅、茶杓を仕組む。
3、唐銅の建水に竹の蓋置、柄杓を仕組む。
4、菓子は3種(主菓子2種と水菓子1種)を縁高に入れ、黒文字と杉箸を添える。
と、いうのが正式です。

お軸は『松高白鶴眠(まつたかくしてはくつるねむる)』
常緑の松は長寿の象徴であり、とりわけ高く聳える松は高潔な印象を与え、男性的でやや威圧的でもある。
鶴もまた、「鶴寿千歳」と称されるように長寿の象徴であり、なかでも白鶴の優美な姿は清廉潔白な印象を与え女性的な優しさを持つ。

めでたさの上にもめでたさを重ねたお言葉のようです。
筆にも勢いがあって、背筋がピンとなります。

茶花は椿、雲竜柳、そして春の訪れを告げる紅梅が加わりました。
やはり御目出度い印象です。
水屋にもお正月らしい寿なお茶碗や棗が並んでいましたが、今日は気持ちがいっぱい一杯で、ゆっくり拝見できなかったです。
心の余裕も今年の課題です。

YouTubeで見つけた帛紗捌き 真
YouTubeで見つけた帛紗捌き 行(拝見に出す唐物茶入をふく時)


昨日は「経過を知りたいので連れてきてください」と言われていた日なので、小梅を獣医さんへ夫が連れて行きました。いただいたステロイドは効果なく、やはり診断は「ヘルニア」だということでした。

前日の夜。私は水曜日からの小梅の様子を見ていて、ヘルニアを確信していました。では、どうするか?
たぶん獣医さんは手術を奨めるのだろうと、予測しました。案の定、そうでした。そして、その後も予想しました。診察していただいた病院では外科的手術はできないので、高度医療の動物総合病院を紹介される。これも当たりでした。

杏の時で、経験済みです。

病気になった時に優先したいこと。QOL(クオリティ オブ ライフ)を大事にすること。これも学習済みです。そして、他の意見に流されず、自分で道を探して決めること。

色々調べました。私自身が脛椎ヘルニア持ちです。腰は脊柱管狭窄症という病名をいただいています。神経ブロック注射、おそらく30回以上は打っていただいています。それでよくなったのか?それもよくわかりません。
手術をして良くなった方の話も聞きますが、それもどうなんでしょうか?その人がその解決法を選んで結果良しということはすべての人に花丸ではないはずです。

わんこの場合もおなじ、ヘルニアの手術をすれば100%ということではないらしく、最近は余り積極的に手術を薦めていないこともわかりました。飼い主さんに寄り添う獣医さんだったらそうかもしれません。治らないのにメスをいれたがる大病院には注意!私はそんな風に心が育ってしまいました。

今日の小梅、@駒澤公園です。
依然として、後ろ足は麻痺したまま、排尿障害も変わらずです。でも写真でわかるでしょうか?今朝からこのように前足を使って動くという変化がありました。

実はネットで色々調べると、ヘルニアは発症してからとにかく早い処置をすることが大事だとありました。そして、鍼灸治療が効果的かもしれないということに望みがあるかもと思いました。

我が家の夫は閉鎖的なところがあるので、東洋治療の効果を実感し、効果があった実例やコメントを見てもらい説得しました。

とにかくは獣医には連れて行く!それは変わらぬことでしたが、その後なら行くのも考えると言ってくれたので、目星をつけた鍼灸の施術をしてくださる動物病院の予約を早朝にしました。そこはネットでの予約制なのでそれができましたが、間一髪でした。この日は予約できた時間しか空いていませんでした。ご縁があったんですね。

そこは学芸大学駅近くにある動物病院で、先生がとても個性的でした。たくさんの方のコメントを読んでなかったら覚悟がなく猜疑心でいっぱいになっていたかもしれません。

先生はおっしゃいました。ヘルニアという病気はないと…。そして、必ず治りますよ。と。
それを信じて、施術していただきました。獣医さんに行くと震える小梅が落ち着いていたことにも驚きましたが、術後、顔つきが変わりました。

ミラクルを信じて、もしかしてすぐに歩けるようになるんじゃないか、
それは叶わぬ夢でしたが、写真のような変化は私たちにとって光でした。

夫も確実に先生を信頼、希望を託す気持ちを抱いたようで、私が甘夏や茶豆と一緒に散歩に付き添うのは小梅に意味があることと、思ってくれている変化がありました。

そして今日も、本当は小梅ちゃんが行けないから週末ちょぴり遠くへ散歩はおあずけのはずでしたが、カートでもお散歩しやすい、駒澤公園へやってきました。

診察に行った獣医さんはこう言いました。「2週間は絶対安静」って。
私は、歩きたい気持ちは薬物治療よりも大きく変える何かだと信じています。


小田急線成城学園前で、美味しいエッグベネディクトに出逢えました。
だーい好きなエッグベネディクト。最近、いただく機会がありませんでした。存在さえ意識することなく日々を過ごしていたという感じですね。
成城学園前は義母とランチに出かける場所ですが、今日はお天気もいいので富士山の見えるこの場所でと思い連れて行きました。
そうこのお店は、経堂駅ホームやコルティと同じように、てっぺんだけですが富士山が望めるカフェダイニングなんです。
眺めの良いところと気軽なお値段でお食事がベビーカーOKでいただけるので、ママ会や女子会でも有名です。

エッグベネディクトがこちらにあることは全くノーチェックでした。
日本の飲食店って、凄いですよね。ハワイやニューヨークに本店がある店を遥かに越えていると思いました。
確か使うパンはイングリッシュマフィンかと思うんですけど、こちらはバゲットだと思います。しかもカリカリではなくしっとり仕立ててありました。そこに2個のポーチドエッグ。たっぷりのオランデーズソース。
(インスタによるとライ麦パンのトーストでした)
罪悪感たっぷりな感じですが、大好物をいただく時はそんなことを度外視して満喫しちゃいます。

ランチにはたっぷり野菜のサラダとスープがつきます。濃厚なエッグベネディクトの箸休めにマッチングしています。

義母は、クリームパスタをオーダー。たまにしかこんなものいただかないから、とっても美味しいと楽しそうでした。

成城学園前 ヘッドクォーターズカフェ


おととい、しっかりとした足取りでお散歩していた小梅です。
昨夜一晩中様子がおかしく、今朝夫が獣医さんに連れていきました。

同じような様子で、翌日天国へ召されたコがいたので、悲しみと不安でいいっぱいになりました。

今朝はお散歩にも行きたがらす、用足しをするだけでしたが、獣医さんから帰ってくると、後ろ足が完全に麻痺していました。
「病気知らずの小梅ちゃん、なにより、何より」と、言っていたばかりなのになんてことでしょう。

一週間ほど前から階段を自分で上がらなくなり、お散歩が楽しくてしょうがありません!というようないつもの梅ちゃんらしさがなくなっていました。
成人の日の祭日、明るさ復活のために善福寺川緑道をたっぷり歩いた時も、昨日も普通に散歩に行ったのに何が起こったのでしょう?


兄嫁が年始挨拶の帰り際に持たせてくれました。お正月に相応しい品ですね。パッケージデザインも味も気に入りました。

社団法人小江戸川越観光協会より、「川越セレクション」として認定。また、社団法人埼玉県物産観光協会より、「彩の国優良ブランド品」としても認定されているそうです。

箱に入っている姿も好きだなぁ〜。

中身ももちろん『福』の文字。
やや甘めの餡は、100%北海道十勝平野で穫れた小豆をふっくらと丹念に炊き込んだ自家製小倉餡だそうです。餡の中には佐賀県産ひよく米でつきあげた縁起の良い「福餅」が入っています。餡とからんだ餅がのびて最中のサクサク感とあいまって食感もいいです。

裏はこの『蔵』これはビジュアル的にも楽しいです。最中は日持ちするのも嬉しいですね。

くらづくり本舗


今日はイベントが2つありました。
ご馳走もダブル。
夕方からのイベントは知り合いの息子さんの結婚披露宴でした。場所はホテルオークラ。

写真は、"帆立貝のムースリーヌ、トマトソース添え"に続く前菜
"フォアグラパテドカンパーニュ クリームチーズのガトー仕立て"のお皿。

実は披露宴ですから料理のお写真などはしたないと思ったのですが、
お皿の中のハートが可愛らしく、思わずパチリ。

フォアグラのガトー、大好物の味でした。最近は、こんな風にフォアグラをケーキのように仕立てるんですね。そして、あしらいはハート。

近ごろ、披露宴にお呼ばれすることなんてないんですが、20代の時、こちらオークラの披露宴に出席したことがありました。その時の記憶は遥か彼方。しかもいただいたご馳走は伊勢海老のテルミドールくらいしか覚えておりません。

今回、宴の全てが素敵だったんですが、お料理が素晴らしかったですね。
写真の前菜に続く"オークラ伝統のコンソメスープ"がお皿に注がれた時、ライティングの暗くなったテーブルで、ロゼ色にキラキラ光るスープにわたし、「きれいですね」と給仕してくださる方に発してしまいました。

さて、コンソメスープの後は、"真鯛のソテーにオマール海老とアスパラガス"のお魚のお皿を蛤の旨味たっぷりのクリームソースでいただき、
"レモンシャーベットとハイビスカスのグラニテ"で、お口直しをすると、

会場内にローストビーフが登場。カーヴィングサービスで切り分けられると、すぐに席に運ばれました。
"国産牛のローストビーフ 温野菜と西洋わさび 和風ソース".
これが凄かった!いやぁ〜、マジ超絶美味でした。

実はひと月前、こちらのホテルでパーティーがあった時、ローストビーフいただいているんですが、今日のような感動を抱いた覚えがないんですね。
他でも美味しいと言われるところでいくつかいただいているんですが、一度もローストビーフが美味しい!と、思うことはありませんでした。

今日は本当にホンモノに出会えたんですかね。ローストビーフが人気で美味しいという神話が、ようやく理解できた一瞬でした。
ピンク色をしたそのお肉は、質のいい、旨味のあるお肉の香りがしました。柔らかでジューシー。本当に美味しかったです。

宴のデザートは、やっぱりハートのあしらいでしたよ。
"苺とピスタチオムース ヨーグルトシャーベットとベリーを添えて"
最後はコーヒーと小菓子。正統派でありながら現代風にアレンジされたグレードの高いフランス料理いただきました。
さすがですね。ホテルオークラさん。

ローストビーフはレストランフォンタナでいただけるようです。


今年は初釜のお当番になりました。
新参者のわたし、お菓子と薄茶のお点前担当となりました。

濃茶をされる同じ曜日にお稽古しているお友達と夏から下見をはじめていました。ところがお友達、ご主人のお仕事の都合で初釜不参加になってしまいました。
お菓子の決定はほぼ先輩や先生から許可をいただいていたので、師走に入って人数を調整するだけでしたが、土壇場で彩りにと考えていた有平糖は音が出るのでと、物言いがつきました。

行き当たりばったりであしらいは決めても良かったのですが、年末になるとネットで新年の干菓子を公開しているところがあったので、目星をつけました。
初釜出席は17名でしたが、3店舗での引き取りは前日の平日、厳しいかもしれないので、目星をつけた店へ年末に行き購入しました。

お約束の花びら餅は、青山 菊家 530円

ごぼうの固さと丸い形でないのが特徴で、宮中がそのルーツであるお菓子のため、冒険かと思いましたが、物言いはありませんでした。
ニッキが隠し味ですが、ほとんど感じません。今までいただいた数少ない花びら餅の中でお気に入りだったのでほっとしました。

薄茶の干菓子は二種類。
先生が盆に用意してくださいました。
こんなふうにするのですね。

和三盆の干菓子は、種類が3つ。
本当は、取り迷うので、同じものが良かったのかもしれません。
お運びの方に「ひとつずつお取りください」と言っていただくことになりました。
次回お稽古の時に、先生に確認したいと思いますが、ことほぎの初釜の日に、
鶴、亀、松葉、彩りも綺麗だと思ったのです。

左、味噌合わせ、京都 末富
絵馬と干支の焼印 一枚166円。
干支の方は下のせんべいが抹茶色。絵馬は、ピンク。
右、和三盆 干菓子。麻布 青野。
鶴、亀、松葉セットで220円。

味噌合わせは、とても美味しいと好評でした。

お点前、間違えちゃいましたが、無事に楽しく終了したのでほっとしています。
今年は、少しむずかしいお点前にも挑戦するつもりです。
頑張ります。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM