kisetsu-o-mederu 季節を愛でる

信州 犬と散歩【八ヶ岳実践農業大学校】

お盆休みでーす。
我が家はわんこ中心で過ごしまーす。

昨夜、事故渋滞の影響を受けて食事やトイレタイムでなんだかんだ4時間位かかっちゃいましたけど、今朝6時17分のテレビで映し出された中央高速の渋滞は40kmでしたから、無理して昨夜来て正解でしたが、飼い主は午前様になり睡眠不足。
でも、このわんこの晴れやかなお顔を見れば満足!

そして八ヶ岳はやっぱりサイコーでーす。

こう見えて、一番お出かけが好きな小梅。
夏空はいつ雨になってもおかしくない雲の動きですが、大きな空は気分そーかいです。

茶豆は、甘夏のボールを横取りするのが楽しくてしょうがないナウ♪
| kisetsuomederu | 信州・甲州 犬と散歩 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
茶豆、満一歳になりました!

今日は、ハートの日だそうですね。
茶豆、一歳のお誕生日です。

昨日前倒しで、ケーキでお祝いしました。

体重は7.8kg。
ねえちゃん、小梅と並びますと、明らかにお顔は1.5倍でしゅ!
でも、とっても楽しいコに育っています。

バースデーケーキは、桃のショートケーキbyトシヨロイズカです。
茶豆の兄弟もみんなよゐこに育っているかしら?
*:・'°☆Happy Birthday.:*:・'°☆
| kisetsuomederu | 犬 色々(散歩など) | 07:44 | comments(2) | trackbacks(0) | -
梅月堂【ラムドラ】

大好物のどら焼きをいただきました。
知らなかった!ラム酒浸けのレーズンが入った小倉餡のどら焼きです。

わりと小ぶり。こんがり焼いた皮の真ん中に梅の焼き印ありです。

皮は茶色いですね。
職人泣かせと言われるほど焼くのが難しい配合の皮なのだそうで、卵の風味が濃く、しっとりしています。
それだけでないひと工夫は、
鹿児島のハレの場で登場する「宝星地酒」を加えているところだとか…。

餡は北海道産の大納言小豆を使用し、バターやハチミツを加えてあり、皮同様しっとりしていていいお味です。

製造日から2週間の賞味期限ですが、日毎にお味の変化があるようです。

パッケージがまたいいですね。
梅にはお約束の鶯が配置され、ベースになる赤もウグイスの緑も渋いトーンで和心が刺激されます。

箱には梅に月、そしてピクトグラムでは改変のあった温泉マーク。
梅月堂と鹿児島の土地色を意識した意匠なのでしょうね。

接待の手土産
| kisetsuomederu | 和菓子 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
公園へ行こう 犬と散歩【野川公園】

あつーい。
またまた代わり映えしないのですが、ちょっと遠出わんこ散歩、今日は定番【野川公園】です。
真夏の猛暑日の都内でのお散歩は、昨日行った代々木公園、善福寺川緑道、そしてここ野川公園の三択になってしまいます。
行ってあげたい親ごころ。
暑くても楽しそうですからねー。

でも、今朝の暑さは尋常ではありませんでしたから武蔵野公園までは遠征しませんでした。

ここに来るとお目にかかるお仲間に会ってご挨拶。やっぱり皆さん、今日はさっくり歩いて帰るつもりと、休んでおられました。

ても、やっぱり楽しかったねー♪
| kisetsuomederu | 犬 色々(散歩など) | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
やっぱり鰻は専門店【寿恵川】@経堂

7月25日土用丑の日、スーパーで買ったうなぎは絶対失敗するから!
そう思っていたのに、気分だけでもと、うなぎ買って、キジ焼き丼に仕立てたんですが、やっぱり残念な結果になりました。

そのリベンジではないんですが、お昼にうなぎ、いただきました。

安心の味。鰻をいただくなら我が家は我が町経堂の【寿恵川】さんです。
店は商店街にある風情ですが、私は尾花よりこちらが好きです。

いつもいただくのは松竹梅の竹。
二人で、ちょっぴり呑んでお新香、肝焼何か頼むと1万円位になっちゃいますから、贅沢なお昼ごはんですね。

松竹梅ですが、質ではなく、鰻の大きさだってご存知ですか?
初めてのところは様子がわからなくて失敗します。

夏、うなぎに呼ばれますよね。
あっ、でも寿恵川さん、土用丑の日は休業しますので、要注意です。

寿恵川さんの鰻
| kisetsuomederu | レストラン | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
公園へ行こう 犬と散歩【代々木公園】

暑い、あつーい。
台風の影響でしょうか?早朝からものすごく蒸していました。

代わり映えしませんが、夏のちょっと遠出散歩は木陰の多い場所になってしまいます。

今日は代々木公園。
新宿くのビル群も近い、都会のオアシスです。
| kisetsuomederu | 犬 色々(散歩など) | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
アルチンボルド展@上野 国立西洋美術館

少しずつ、気力を取り戻しているようです。美術鑑賞、したいという気分ならなかったのに、今朝はその気が起こりました。回復している証拠ですね。

夏休みが始まる前に行こうと思っていた展覧会。思い立ってですから電車内で、オンラインからチケットを買うことも出来ず、行列覚悟で向かいました。

タイミング、良かったみたいです。11時半頃、チケット売場列び、ありませんでした。
出ました時、50人ほど、並んでいました。

この絵画、不気味ですよね。でも確か、美術の時間に目にしています。
イタリア人で、ウィーンの宮廷画家であったアルチンボルドの作品だったんですね。

私、美術のことは良くわかりませんから、興味が湧いたその気持ちだけ、大事にしています。

たぶんこの作家さんの代表作を集めて見れるのはこの機会しかないな、とも思いましたし、国芳も描いた『寄せ絵』というのを、実際この目で見て感じたかったんですね。

上の作品は、四季シリーズの『春』
この作品は四大元素シリーズの『大地』です。
動物好きの私はモーレツにこの作品に惹かれました。

顔にリアルに描かれた動物達、当時は異国にいる珍しいものだったわけですよね。今は何でも寝ながら情報を得られますけど、当時は剥製とかにして知識を得ていた。

そういうことが大好きで特別に収集部屋をもっていたというのが、アルチンボルドが仕えていたハプスブルグ家のマクシミリアン公だといいます。
原色動物図鑑さながらの作品を、王を喜ばせるために描いたのではと、言われているらしいですが、王もこのふざけたとしか思えない作品を評価したというのは、器の大きなお方です。

これも凄いと思いましたね。
子豚の丸焼き、
ひっくり返すとこんな具合で、人の顔。
当時カリカチュアが流行りだったようで、今展覧会では、レオナルドダ・ヴィンチの素描なども見られます。

宮廷画家というと、肖像画ばかりを描いているイメージですけど、この方相当ユニークだったのと思います。

20世紀まで無名だった作家は、ダリらのシュールレアリズムのアーティストによって、発掘されたそうですけれど、凄い人が中世にいたものです。

アルチンボルド展
国立西洋美術館は世界遺産登録されていますから、そのことでも話題性がありますが、

改めて伺いますと、常設展入り口となる19世紀ホールですとか、

スロープを上がった展示室も魅力的なのであります。

ロダンの彫刻展示のある場所からの裏庭も綺麗です。

国立西洋美術館は、第二次世界大戦の際に接収された松方コレクションを返還後に展示するために造られた美術館だそうですが、コレクションの数は少しずつ増えていて、今回、ドガの作品を観ることが出来ました。
また、橋本コレクションの宝石類も新たに加わったもので、素晴らしかったです。

この作品も美術の教科書で見た記憶があります。1972年に所蔵されたルーベンス。

あまりにも有名な西洋美術館の顔、モネの睡蓮。同じ名前のカフェは空き待ちのお客様が列をなしていました。

このデュビュッフェは寄贈されたものだそうですが、

ミロや

ピカソ

ポラックなど、大好きな現代絵画にふれられたのも収穫でした。

上野駅から一番近い美術館、
素晴らしいです♪

国立西洋美術館を10倍楽しむ方法
| kisetsuomederu | 美術館・ギャラリー | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
経堂【まことや】の冷やし中華

経堂【まことや】さんは仕事が丁寧。
しかも美味しいので、頻繁に週末に行きます。

メニューもたくさんあって、いつもワンパターンで塩ラーメンとか頼んでいますが、このところ様々なメニューをお試し中です。

今日は、レモンらーめん、トマトらーめんに続いて冷やし中華です。
たれは4種類で、塩、醤油、ゴマ、あれ、あとなんだったかな?たぶん味噌です。
とにかく今日は塩をお願いしました。(塩好きです)

えっと、具に生ハムのせるとこ他にあります?豪華!お味もエエのよ。

まことや トマトらーめん
| kisetsuomederu | レストラン | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
善福寺川緑道、盛夏の草木

善福寺川緑道に面したいくつもの公園にはたくさんの木々達が木陰を作っています。
今日最初に目に飛び込んだのは、エンジュです。

花はこんな形をしています。

原産地の中国では、高官に出世すると庭に植える風習があり、幸福を呼ぶ縁起のよい木とされていたそうで、このことから、「幸福」という花言葉が付けられたそうです。
枝の茂り方や白く美しい花を咲かせる、その姿に由来して「上品」という花言葉もついています。

排気ガスなどの公害に強いとされ、街路樹や庭木として日本全国に植栽されたそうで、車を走らせるとその姿良く見かけます。

百日紅(サルスベリ)
幹の様子に特徴があるので、夫も知っています。

フリルのような花の形、白も可憐ですね。

トウカエデ。

実が可愛いの。膨らんだところに種が入っています。

シイノキの実、しいの実。

ヒマラヤスギの松ぼっくり。

柿の実。

暑さに強い木槿。

これもムクゲ。

こうなると、木槿もハイビスカス科という姿ではないですね。

白詰草も足元で頑張っています。

オキザリスに似ていますが、こちらは酢漿草(カタバミ)
ちいちゃな花。

珍しい!紫色のオキザリス♪
ムラサキカタバミと言うのかな?
| kisetsuomederu | 花・緑・自然・四季 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
揚羽蝶の水遊び

善福寺川緑道を散歩中、またまた愉快な光景に遭遇しました。
黒揚羽蝶が吸水中?
つがいでしょうか?
それとも親が子どもに教育中?

クロアゲハは、チョウ目・アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。 成虫の前翅長は45-70mmほどである。翅の表裏とも黒色で、裏面には後翅外縁に赤斑が並び、日本産のものには尾状突起がある。オスには後翅前縁に白い帯が見られる。この白い帯は時間と共に黄味をおびる。(Wikipediaより)
| kisetsuomederu | 花・緑・自然・四季 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>