今日は袋帯を使って、銀座結びを練習してみました。銀座結びはいくつか動画を拝見して、すなお先生が上げている方法が私には結びやすかったのですが、袋帯を使ってする動画はなかったので、長谷川普子さんのを形を作るところだけ参考にさせていただきました。

コーディネートは一重の小紋に合わせてこの袋帯を選んでみましたが、二重太鼓の銀座結び、少々格が違うと着物警察にお叱りを受けてしまうかしら‥。

と、いう思いから

名古屋帯でもうワンコーディネート。

ヤフオクで購入したこちらの帯はとても硬くて締めにくい帯と思っていましたが、すなお先生の『折り紙みたいに折る方法』で締めると、少し解消されました。


銀座結び vol3


6日の日、スーパーでらっきょうを見つけました。旦那さま、甘酸っぱいのではなく、塩らっきょうがお好みなんですね。
時間はいくらでもあります。作ってみることにしました。
1/4の量で、賛否両論の料理人笠原将弘さんのレシピを参考にさせていただきました。

漬けてから3日目からいただけるとのことでしたが、7日目の今日はさらに味がまろやかになって美味しくなっていました。旬の味、季節の花は瞬く間に移ろいでいますが、こんな時だから楽しみましょ。


茶通箱。さつうばこと読みます。
●茶通箱は、茶入や挽溜の茶桶などを入れる箱で、もとは抹茶を持ち運ぶ通箱(かよいばこ)だったものを千利休が点前に用いたといいます。
茶通箱は、珍しい茶や、客から茶を貰った時に、亭主が用意の茶と客から到来の茶との二種類の濃茶を点てる点前に用いられます。桐木地のほかにも一閑、菊置上、溜塗の茶通箱などがあります。

上のお点前にステップアップする時に相談相手からこれを一番にするといいと言われました。必死で覚えたけれど、箱の扱いにお約束ごとがたくさんあって、まだ頭とからだが同時に動いていません。
2種類のお茶を仕覆に入れた茶入、大津袋で包んだ棗を箱に入れて蓋を閉め、棚の天板に乗せます。

箱を下ろし蓋を開け、茶入を出し、棗の向きを変えます。

茶碗を持ち出す前に準備が出来たところまで。
こちらを参考にさせていただきました
以前の風炉/茶通箱のお稽古


銀座結びを練習中です。
今日もお茶の自主トレをしようと思ったので、着付けも練習します。
『Practice makes perfect.
習うより慣れよ』です。
一度出来たからといっておしまいではありません。私の着物や帯はお下がり、ヤフオクが多いこともあって、生地の素材、長さ、扱いが異なり、着付けはいつも同じではないのです。
今日もすなお先生のYouTubeを参考に帯結びしました。
少し形になってきたでしょうか?
銀座結び vol.2

グレーの地模様の着物はバチ襟と言って半分に折った状態で縫いとめた衿のものです。帯はろうけつ染めの名古屋帯。どちらもボロ市でお手頃価格で買い求めましたがこういう柄は時代ものならではです。
ちまたでは"自粛警察"なる輩がはびこっているようですが、和服の世界にも"着物警察"という、着方や格が違うと嫌みを言ったり手直ししたりする方がいるそうです。着物という文化は日本人として残していきたいと思っていますが、どんな形で入ってもどんな形で装ってもいいと思うんですよね。ハレの日だけでない着物です。帯や小物で印象の変わる着物は、伸び代が山盛りです。

バチ襟


久しぶりにシフォンケーキ、作ってみました。バターミルク入りのパンケーキミックスを使って‥。シフォンケーキは朝ごパンみたいに食べていた時期があって4日に一度位に作っていて、分量は頭に入っていたはずでしたが、忘却の彼方でした。ダメですね。近ごろ覚えていたことはすっかり忘れています。

卵4個を使います。オーブンは170℃に温め、卵黄、卵白に分け、卵白は冷凍庫で冷やしておきます。
卵黄に砂糖30gすりすり、サラダ油大さじ3まぜまぜ、豆乳50ccまぜまぜ、薄力粉80gふるいながらまぜまぜ、卵白を泡立てに砂糖40g入れてメレンゲを作り、さっくりと卵黄生地に合わせ型に流し、温めたオーブンで30分焼きます。

オーブンから出したらこんな風にさかさにします。そして、すっかり冷めたら型から外すのですが、作りの作業はすぐに感覚が戻りましたが、型外しで大失敗してしまいました。
いくつか型から外すレクチャーがYouTubeに上がっていたので、次回は参考にしてリベンジしたいと思います。
実は今回、シフォンケーキナイフを使ったことが失敗の原因です。逆向きに使ってしまったかなぁ〜?トホホ。

イタリアンプリンを作る際にゼラチンパウダーはなくリーフを使いましたが、ホットケーキミックス、薄力粉、などのケーキ材料の売り場、空っぽですね。


?


ニオイバンマツリ。
我が家ではこの花を「杏フラワー」と呼んでいます。2歳にならずに天国へ行ってしまった小梅の兄妹杏。亡くなった日に杏にと、ウチのおとうちゃんが、道端に咲くこの花を失敬して供えてくれた花でした。
和名の匂蕃茉莉は、匂があり、蕃からの、茉莉の意味で「香りのある外国からのジャスミン」を意味するそうです(Wikipediaより)

これはニワゼキショウ。
大好きな方が教えてくださった可憐な花。
花には季節があって、咲く花と景色を覚えておくと、いつ頃にその場所へ行ったか思い出すことができます。

藤の花、どこかでは見物客が来て密になるため花が咲く前に切られたと聞きました。

ウツギ。

ハコネウツギ。

コデマリ。

タチアオイは初夏らしい花ですね。
これから咲くムクゲに似ています。

ちょっと歩くだけでたくさんの花に出逢え、ステイホームの癒しになります。
アジサイは今こんな様子。紫陽花の季節は鎌倉へと行くのが恒例ですが、今年は難しいでしょうか?


久しぶりに美味しい食パンに出逢いました。先日見かけたのを思い出し、三軒茶屋に治療に出かけたので、購入しました。
しかし、緊急事態宣言が延長になったというのに、人、出ていますね。皆さんマスク着用していますが、三茶、普段と変わらないくらい人がいました。ワタシもその一人(^-^;
246と世田谷通りの交わる場所にはUber Eatsの注文待ち?のお兄さんが何名かいたりしましたが、その辺りが一番人が多かったです。
病院も連休開けとあって2時間待ち。対策に力を入れているとはいえ、やはり注意をした方がいいかなと思い外に出ていました。
その時に購入。2、3名並んでいましてわざわざ買いにいらしたという感じでした。
銀座に本店があるようですが、今の銀座は自粛中でしょうか?

食パン店はこの数年のブームですが、こちらに志かわさんのパンは特徴がありました。甘みがあってふわふわ。

でも耳はしっかり黄金色。しっかりと焼き上げてあります。

そのままいただくのがお薦めのようですが、我が家はトースト派なのでこのようなかたちで‥。焼いても中はふわふわ。ほんのり香る蜂蜜の風味も花丸でした。
厳選されたカナダ産高級小麦粉、生クリーム、バター、アルカリイオン水を使用。和食材との相性も良いようです。

しばらくは三茶へ行ったらこちらの食パンを購入しちゃいそうです。

銀座 に志かわ


ちょっと面倒な半襟付け。YouTuberすなお先生が、丁寧に教えてくださっていたので、そのYouTubeを見ながらやってみました。

私の着付けは長沼静きもの学院仕込みなのですが、YouTubeを見るようになって「目から鱗」なことがたくさんあって、教えていただいたことは終わりではなく、他のパターンが色々あると感じました。帯結びを筆頭に紐の使い方、着付けの仕方、様々あります。
半襟付けもそのひとつです。

すなお先生の教えは背中心から一手幅すくい縫いをするというのが特徴的でした。長沼はそのあたりを細かく縫っていくというやり方でしたが、どちらが良い結果を生むかは着用する本人が決めること。
YouTubeは本当に有難い教材です。

この糸もひとつの試み。半襟付けに使っている方がいらして、こういうものが利用できるのだと、これもwebで学んだことでした。
キルト用のカタン糸ですが、張りがあって扱いやすいです。

今まではこの絹のしつけ糸を使っていたのですが、長くしてしまうと縫っている時に絡んでイライラしてしまうということがよくありました。
当分、上のキルト糸を使っていこうと思います。DAISOで100円で入手可能です。

季節がら、そろそろ薄物になるので、レースの半襟も付けてみました。
皆さんはシルクの半襟を付けていらっしゃるかもしれませんが、私は長年バイアスの半襟にこだわっています。






"半衿の内側のシワを撃退!
波打たない半衿の付け方を解説"


食いしん坊のウチのこ達。なんでも美味しく召し上がりますけど、このわんちゅーるは、すこぶるおいしいらしいです。
甘夏が食している間の小梅、茶豆の視線。
笑えます。和みます。
また美味しいの知っちゃいました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いなば wan ちゅ〜る とりささみバラエティ 14g×20本 DS-129
価格:833円(税込、送料別) (2020/5/9時点)







ステイホーム中のおさんどんを軽減してあげようと夫が気を利かせ、パン購入先の代々木のDONQでお惣菜を買ってきてくれました。
今日のお夕飯です。
ちまたではデリバリーやテイクアウトの需要が高まっているようですが、感染リスクを減らすことは、世のお母さま方の家事労働を確実に増やしていて本当に大変だと思います。
しかしながら都心部の人手の減少は周知の通りですが、生活の場、住まいの周りは人が減ったようには思えません。逆に休業やリモートワークによって普段いない人が居る、という状態に陥っているように思えて仕方ありません。

"緑の健康30品目サラダ"

ドレッシングは2種類からチョイスできるそうです。

"ハンバーグデミグラスソースきのこ添え"
家庭では作れないお味でした。

"粗挽きジューシーミンチカツ"
肉にくらしい食感のメンチカツ。ソースを付けずにいただける仕上がりでした。

"シンプルなじゃがいもコロッケ"
コロッケは揚げたてが一番なのですが、170℃で10分220℃で5分、オーブントースターで焼くといい感じになります。なかなか美味しいコロッケでした。

代々木にあるDONQはイートインがあるという夫の話でしたが、調べてみるとこのお惣菜、RF1のもののようです。(^-^;
どうやらDONQとコラボした新しい様式のお店な感じです。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM