桜、満開を受けて、床には桜の扇面、
先生は桜色のお着物をお召しでした。

茶花は貝母、レンギョウ、ホトケノザ。
貝に母でばいもと読みます。その読みも素敵なのですが、お花が可愛い。
可憐な姿に今春、ときめきを感じているお花です。

先生は仰いました。
「桜は枝ものだから、草花にしてみました」と。
さすがでございます。

以下備忘録!


[準備]
地板に水指、中棚に棗、上棚に柄杓をはさみ込み下の地板に蓋置きを荘り、戸を両手で取り、掛け金を戸の受け金に差し込んで置きます。
1.茶碗にはいつも通り茶巾、茶筅、茶杓を仕組み、お菓子を運んで襖を閉め、改めて、襖を開けご挨拶して入ります。
2.茶碗を仮置きして、受け金から引き金を外して、手前の引き手にはめます。
3.戸を開け、右手で引き手を押さえながら、左手は戸の下を手なりに持ちます。
4.右手も横を持ち戸は棚の横に立てかけます。
5.水指を手前に出します
6.棗を下ろし、茶碗と置き合せします。
7.蓋置きを持って居前に回り、置きます。
8.居前から柄杓を取り、蓋置きに引きます。
9.膝前に茶碗、棗と取り込んで、清めていきます。
(今日は甲赤棗を使わせていただきました。蓋は膝真ん中に置きますから茶碗の置場所に注意してニ引きします)
10.茶筅通しをして、茶碗を拭いたらお茶を茶碗に入れ、茶を点てます。
11.お客様にお出しし、ご挨拶を受け、一口で帛紗を腰につけます。
12.茶碗取り込み、湯ですすぐと、
13.正客のお仕舞いくださいとのご挨拶を受けます。
14.水を入れ、茶筅通しをして清めていきます。
15.棗と茶碗を水指の前に置き合せて、
16.仕舞い水を釜に入れ、湯返しし、
17.柄杓を構えて釜の蓋をして、柄杓を蓋置きに引きます。
18.水指の蓋をすると拝見が掛かりますから、柄杓を棚に荘ります。
19.蓋置を持って勝手付きに回り蓋置を地板左に置きます。
20.右一手で茶碗を勝手付きに置き、棗を持って清め、拝見に出します。
21.茶杓を居前から出します。
22.建水を下げ
23.茶碗も下げます。
24.続いて水次を持ち出します。
25.水指の蓋は三手で手前に立てかけます。
26.水を注いだら水次を最初置いたところよりひいて置き、水指を奥にします。
27.水次を膝前に置き戸を閉め、お客様にゆっくり拝見物を見ていただきます。
28.拝見物が帰ってきたころに亭主は戸を開けて入ります。
29.棗と茶杓の問答をして、棗を左手にのせ、茶杓を持って棚正面に回ります。
30.茶杓を天板右に仮置きして棗を中棚に、飾り戸を閉めます。
31.茶杓は右左右と三手で取り、持って帰ります。
32.ご挨拶をしておしまいです。

旅箪笥は使い方によって色々変化して楽しい棚だそうで、芝点も教えていただきました。
棚板を取り、棗と茶筅をいつも置く場所に置き、清めた棗と茶筅をその上に置き、点前を進めます。


見事でしたよ。砧公園の桜。

うちのわんこと良く来る場所ですが、この桜の木のあるファミリーパークは、犬NGなんです。
いつもはこの周りを散歩しています。

歩いてみて、このエリアが広大なのがわかります。
桜の木、のびのびしていて、しかも低い。ここの桜の木はちょっと他にはないと思います。

圧倒的にソメイヨシノが多いですが、私はこの大島桜も好きです。

一緒に行った義母、88歳。
喜んでいました。


野川公園は「東京のはしっコだからまだ早い!」そう言っても聞かない誰かさんは、大好きな野川公園に向かいます。

ほらやっぱり3分咲きくらいです。

東八道路はこの通り。
ここは車で通るとサイコーでーす。
今週末、リベンジするか!

でもこの日はここで会うお仲間にも会えて、甘夏はこの笑顔。
連チャンでの花見散歩は有意義だったみたいです。

ハケも目に優しい緑色になってきました。


満開宣言が出て、今週末はお天気も上々、これは花見に出かけるしかありません。
こんなに早くに桜が咲くと、イベントを仕掛けているところは、さぁ大変。

わんこを連れて行ける私のベストは、千鳥ヶ淵ですが、大好きなのはわんこNGの新宿御苑です。

今日は、いつも行っている場所ですが、中目黒と同じように川に桜がせりだして、咲いている姿が美しい善福寺川緑道へ行ってみました。

和田堀公園をスタート。
緑が多くなってきました。

きゃ、綺麗!

まだ、満開には至っていませんでしたが、

桜の下では、宴が始まっていました。


菜の花畑

修善寺寒桜

寒緋桜

ミツマタ

トサミズキ

ボケ

クロッカス

残念ながら、ソメイヨシノはまだ硬い蕾でした。


立川にある昭和記念公園。ちょっと遠いので、犬たちとは数回しか行ってません。

今日はIKEAに用事があったので、付き合ってもらう形で向かいました。
茶豆はもちろんはじめてものがたり。
広大な敷地に気持ちが破裂しそうだったんじゃないかしら?

私達もうーんと楽しもうと、くまなくあるくことに…。向かう途中、高速出口付近で富士山をみつけましたが、ここ昭和記念公園の原っぱでも見れました。
空気がまだ冷たい時期の朝はご褒美があるんですね。

トップの写真は光の道。

今日はその子どもの森あたりが一番楽しかったですね。

このゲイジュツ的な作品群に喜んでいたのは私達くらいで、お子さま達は残念なことにいませんでした。

このバベルの塔のようなものも、子供には地味に感じるのかしら?遊ぶ子供の姿はあまりなかったですね。

私達はドラゴンの砂山の奥に洞窟みたいなのを見つけちゃったんです。

面白がって入ってみたんですが、

うちのコたちめ気に入った様子で、エキサイトしてました。

特に茶豆が可笑しかった。

楽しかったんでしょうね。

巨石に目をクリクリし、

走り回っていました。

こんな人達にも出会いました。

セグウェイに乗った人達です。

昭和記念公園、4月からまた値上げだそうですが、この喜び様をみると、

たまには連れて行ってあげたいですね。

国営昭和記念公園 子供の森


あたりが緑色になってきました。
柳も今頃なのですね。
そうなると、普段地味好みの私も春らしい色の着物を着たいと思うようになります。
今日は、桜を意識した色合いの着物でお稽古に伺いました。

3月は釣釜?と思って訪ねると、
釜はそのままで、旅箪笥がありました。
重ね茶碗のお点前をさせていただくつもりで準備していましたが、急遽おねだりして、やらせていただくことに…。

以前教えていただいた先生に一度お稽古させていただいたのですが、記憶は遥か彼方。
けれど、その、箪笥という入れ物に茶道具が入っているという可愛らしさがとても印象に残っていました。

その時は多分、薄茶のお点前だったと思いますが、今日は、先輩が薄茶をされるというので、わからないついでに教えていただきながらしようと、濃茶点前を図々しくさせていただきました。

以下、備忘録です。


いつものように中棚に薄茶器を荘り、地板の水指は手前一杯に引き出して置きます。(柄杓が入らないため)
その前に濃茶器を置きます。

1.膝前に茶碗を置き、戸を開け入ります。
2.いつものように水指前に置き合せします。
3.建水に柄杓と蓋置き持って入り、居前に座り、柄杓を構え、蓋置きを出して引き、総礼をします。
4.茶碗、茶入を膝前に置き、茶入れを仕覆から脱がせたら、火の方に打ち返し、左手で旅箪笥の上の真ん中に置きます。
5.茶入れを清め、捌きなおして茶杓も清めます。
6.水指が塗り蓋ならば帛紗で二と清め、茶碗を引いて茶巾を蓋の上に置きます。
7.お湯を汲み茶碗に入れ、釜の蓋は閉めます。
8.茶筅通しをしたらお湯を捨て茶碗を茶巾で拭きます。
9.茶杓で正客の分3杯入れましたら後は全部廻し出しで出します。口はきれいに指で拭います。
10.釜の蓋をとり、帛紗は左膝横に置き、お湯を入れて良く練ります。
11.茶筅を茶碗左に置き、湯を汲み、茶筅にかけながら入れ、練り上げます。
12.正面を正し出します。
13.お服加減いかがですかと正客に尋ねます。
14.結構です。というご挨拶があれば、亭主は柄杓構え、釜の蓋を閉めて、建水に柄杓、蓋置きと仮置きします。
15.片付けると客付きに回り、ゆっくり正客側に向き、問いに答えます。。
16.末客の吸いきりを待ち、亭主は居前に戻り、蓋置きを出し柄杓を構えて釜の蓋を開けます。
16.茶巾を釜の蓋に移動して、水指の蓋を開け、釜に水を入れます。
17.帛紗を腰に付けて茶碗の返るのを待ちます。
18.茶碗が戻ると総礼します。
19.お湯を汲んで、茶碗をすすぎ、お仕舞の挨拶をします。
20.水を入れて茶筅通しをします。
21.茶杓持って建水を引きます。
22.茶杓清めると茶入れを元の位置に、茶碗も置き合せて、
23.仕舞い水を釜に入れます。
24.釜の蓋、水指の蓋と閉めます。
25.拝見の声がかかったら
26.柄杓を建水に畳み、蓋置き持って水指正面に回ります。
27.茶碗を仮置きして、
28.茶入れを持って回り、清めて出します。
29.また正面に回り茶杓、お仕服を拝見に出します。
30.建水、茶碗をそれぞれ水屋に下げ、31.水次を持って出、左斜めに水次を置くと、水指の蓋を右、左真横右真横と持ち替えて手前に立てかけます。
32.水をつぐと水指を奥に移動します。
33.そして濃茶ではこのとき戸を閉めます。
34.一旦水屋に戻ります。
35.拝見物の挨拶を受けて、終わりです。


義母のお誕生日が近づいていました。
スゴイご馳走より大好きなとんかつの方が絶好喜ぶ!私もそう思いましたし、この日は、日頃、多忙を理由に施設を訪ねない夫が一緒だということがご馳走だと思ったので、夫の意見を尊重しました。

場所も近くが良いと、成城学園前の【椿】さんに行くことにしました。
以前、成城在住の所ジョージさんが薦めていて行ったことがあるのですが、店主の横柄な印象が強くて、味の記憶がさっぱりありません。

でも、今回は若女将さん?の感じがとっても良かったですし、美味しかったです。
わからないので、ランチのロース定食にしましたが、常連さんはその上のを注文されていましたね。

店の前に駐車場が3台分ありますが、さすがに高級住宅街にあるとんかつ屋さんなので、皆さん、車でいらっしゃいます。

店名が椿ですから、たくさんの椿の絵が飾られていて、民芸調の店内です。

生垣は、やっぱり椿です。

成城学園前 椿

食事の後は喫煙なのです。
探しましたら母の方が知っていました。
二階ですがエレベーターもあります。

喫煙者には貴重な昭和の香りたっぷりななんども落ち着く空間。
昭和の香りたっぷりななんども落ち着く空間。
【シュベール】はそんな喫茶店でした。


客三人と東(とう)(亭主)・半東(はんとう)(亭主の補佐役)の五人で催す、千家茶道の七事式(しちじしき)の一。

次客はは花を生け、
三客は炭をつぎ、正客(しょうきゃく)は香をたき、主客ともに聞く。
東は濃茶、半東は薄茶を点てる。

本当は折据を回してする花月ですが、今回は役割を予習してきてやりましょうと先生が提案してくださいました。

私は、なんと、正客で香を聞くのを割り当てられましたが、当日、次客さんが遅れていたので、花を生けるのも担当しました。

支度も忙しいので、すっり写真を撮り忘れました。
トップの写真は、香に使われるお道具の写真です。

前回の【且座(しゃざ)式

花→炭→香→濃茶→薄茶の一連の流れを、
各々定まった役割ではたしてゆきます。
正客が香元の役。
試し聞きをし、皆が香を聞いたら盆ごと床に荘ります。

こちらのブログを参考にさせていただきました。


♪春の小川はさらさら行くよ♪
今日は緑色になった野川の土手を歩きながら、昔歌った唱歌を口ずさみたくなりました。

私達もですが、春の陽気は犬たちも気分がいいらしいです。

サンシュユ、咲いていました。

タンポポ、ロゼットを広げていました。

コブシはきっと、予想気温20℃の今日、だいぶ開花するんじゃないかしら?

菜花。

ハケをあるきました。
今日は本当にお散歩日和でした。

ご機嫌な時はお顔も可愛い!

若干一名はヒート中の甘夏に春(^^;)))

補足:『春の小川』は、

作詞家の高野辰之が当時住んでいた東京府豊多摩郡代々幡村(現在の渋谷区代々木)周辺を流れる河骨川の情景を歌ったものとされているそうです。
我が家の近所です。

現在、河骨川や宇田川のほとんどはフタが閉まった状態の暗渠(あんきょ)となっています。
東京にもあちこちに川があるはずなのですが、今はその姿を見ることができません。

歌詞:

春の小川は さらさら行くよ
岸のすみれや れんげの花に
すがたやさしく 色うつくしく
咲けよ咲けよと ささやきながら

春の小川は さらさら行くよ
えびやめだかや 小ぶなのむれに
今日も一日 ひなたでおよぎ
遊べ遊べと ささやきながら


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM