お誕生会は老舗の牛鍋屋さんになりました。

ところは浅草。花屋敷近くのひさご通りにある【米久】さん。
老舗のお店とリクエストしたけれど、出だしが遅く予約が思うようにいかず、庶民的なところになりました。

これ、店先にあるサンプルケースですが、あまりにレトロでのけぞりました。

今日は浅草寺で節分会があるからか?通常は12時開店のはずが、11時半に行ってすんなり入れました。

入口正面に恵比須さま。
下足番に靴を脱いで預けます。

これ、これ、この昭和な感じを求めていました。
なんだか本当にタイムスリップしたみたいな気分になりました。

お座敷をご案内されましたが、奥のテーブル席をお願いしました。予約は受付ておらず、お昼は11時半に来て並べば大丈夫と云われていました。

はとバスのお昼を組んだツアーもあるようですが、だからといって、落胆することはありません。なかなかの評判の店なのです。

お品書き。あり得ないくらいシンプルで、逆に魅力的に感じました。

テーブルにはこのようなコンロと鉄鍋が置かれています。

注文したのは上の牛鍋。
どうやらトクにするとサシが多すぎるのでこちらがオススメと解説された方がいらしたので、こちらにしました。

最初はお姉さんがやってくださいます。

豆腐、ねぎ、白滝が入ったら、お肉です。

そして割下です。

お姉さんはお肉の色が変わったらお召し上がりくださいと云いました。
言われた通りにいただきました。
バカうまでした。

今まで、割下に泳ぐ具材のすき焼きが嫌で、家ではもっぱら関西風のすき焼きでした。
やっと、たどり着いた感じでした。
小さくて高さのない鉄鍋がみそかと思いました。

ご飯、味噌汁、お新香は別注文で割高な印象ですが、鍋に残った汁は美味しくなっているので、かけてお召し上がりくださいと云われました。
これぞ、下町感あり、とも思いましたし、やらないわけにいかず、ご飯食べ過ぎました。

お肉、やはり、上で十分です。
お肉、出所はまちまちだそうです。
一番いい状態のをお出ししてるとのことです。

大満足でーす。ご馳走様でした。

浅草 米久 食べログ


女子会はたのし♪
とまることのないおしゃべり。
自分にとって助けになったり学びになったりします。

今日は久しぶりに横浜へ行きます。
お二人ともお元気そうで良かった!

今日はお一人のご提案で、ルミネの6階【アマポーラ】というお店に行きます。
皆が注文したイカスミのパエリア。
お歯黒になりながらいただきましたけど、美味しかったです。
写真撮り忘れましたけど、サラダとバゲットが付きます。

ランチセット1,400円なり。
デザート、コーヒーも付いてます。

入り口に「ゆっくりお食事いただけます」と書いてありましたが、本当にたっぷり長居させていただきました。

横浜 アマポーラ


出だしが遅かったので、野川公園の近くで食事しようということになりました。
ファミレスで悲しい思いをしたくないので、記憶を呼び起こして、以前何回か行ったホーマーへ。

とにかくレトロな昭和の佇まいなんですが、地域の方々に人気らしく、お昼時、とても混んでいました。

こちらは私が頼んだランチのお魚。

主人が頼んだお肉料理。
以前と同じヒレカツだったかと思います。

サラダがね。この色とりどりが目にも胃袋にも嬉しいんです。
スープもすりながしみたいで、濃厚。
スープストック東京ならこれだけで勝負しそうです。

今日はミートソースも欲張りさんが注文しました。
これが見た目に反したしっかりとしたお味、ソースの素になるものがきっとしっかりと作られているのだと思います。

また好きになりました。
洋食、これも日本人のソウルフードですからね。
こーいう頑張ってるお店、大好きです!

ホーマーはじめてものがたり


お茶会の後は東京から参加の古い付き合いになります4人で忘年会@京都を楽しみました。
京都のことはわかりませんので、勘に頼るしかありませんが、お昼は和食でしたからなんとなく洋食になりました。

お話をいただいた3ヶ月前で予約ができるかと思いましたが、京都は1ヶ月前からの予約が当たり前のようです。
お昼を同席した京都在住の方によれば「予約、よくとれましたね」と云われました。人気店ではあるらしいことはわかりました。

なんとなく気に行ったのは、夏は鴨川沿いなので川床が出るところ。
残念ながら風花も舞う京都の夜、川縁で柳がそよいでいる姿は、冷たそうでしたが、窓際の希望は叶えられていました。

初めてで最後かも知れない来店ですので、ビギナーコースを4名でお願いしました。
3,600円なり。
超コスパが高いことが、続くお料理で判明します。
こちらは"生ハムのスープ"

"イカリヤサラダ"

"テリーヌドカンパーニュ"

"ココットスフレフロマージュ"

"炭火焼きコンフィ"

"海老のパスタ"

パンも美味しく、エシレバターが添えられていましたが、パンをおかわりした私達はお料理がボリューミーだったため、結局手をつけずで失敗しました。

店の雰囲気も店員さんの応対もとっても良かったです。
花丸でした。

イカリヤ食堂


主人の誕生日。
上野で『北斎とジャポニズム』を観てから食事をしましょうか?
もしかしたら紅葉も楽しめるかしら?と、上野公園内にある、創業140年横山大観がオーナーだったこともあるという【韻松亭】を予約しました。

以前友人と来て、とても気に入ったお店でした。
その時の記事

残念ながら今年の紅葉は早くて、不忍池方面の銀杏の黄色が僅かにある程度でしたが、幹にとげのない姫柚子が実をつけていました。

お席は三階の広間ではなく、今日は二階のカウンター席。
着物姿の私たち、足がのばせる畳席の借景は気持ち良く、とっても優雅なランチタイムを過ごすことができました。

お食事もとってもコスパが高くて満足度が高いです。
一番右はまぐろのお刺身ですが、卵の黄身がちらりと添えられています。
寄せ豆腐、ゴマ豆腐の入った茶碗蒸し、私は一番左の湯葉刺しが気に入りました。

メインの花籠はまるでおせち料理のよう。
主人は、おからのお饅頭の下の千段揚げが気に入っていました。
どれもしっかりとしたお味付けですが、色々楽しめるので、豊かな気分になります。
滋賀の赤こんにゃくや鳥の唐揚げもありました。
唐揚げが美味しいのでまさかグルテン?と、思ってお訊きしましたら、夜は鶏すきなどもあるので、正真正銘鶏の唐揚げでした。
お豆腐料理が中心なので、そんなことを思いました。

椎茸のしんじょう揚げ。

炒り大豆のごはんと赤だし味噌汁、しば漬け。

デザートはヨーグルトのムースと麩まんじゅう。

器も素敵ですが、黒文字も添えられています。
お茶はおからのお茶です。
花籠本膳3,600円、大変美味しく頂きました。
韻松亭

★*☆♪おまけ★*☆♪
上野アトレのツリーはパンダちゃんがいっぱいで、めっちゃ可愛いですよー(*^▽^)/★*☆♪


久し振りに二子玉川へ行きました。義母の食べたいものをと選んだお店がRISE7階のこちらのお店。
お得なペアランチを注文しました。

お昼から牡蠣?
でも、なかなか生牡蠣は頂く機会がありませんし、母の満足度も高かったので正解でしたし、美味しかったです。

コースは三重県産と宮城県産の生牡蠣からスタート。
薬味は、トマトもちゃんとありました。

サラダと牡蠣のコンソメスープも付きます。

焼き牡蠣、ディアブル風、牡蠣フライ

牡蠣のビスク。
バゲットにつけていただくのを義母は気にいったようでした。
クリーミーで濃厚。私も大好きな味でした。

これがメインで、5種類から選べます。
独断で、リゾットにしました。
アルデンテに仕上がっていました。

紫いものアイスクリームがデザートに付きます。

何十年ぶりかに来たという義母は、二子玉川の変貌にビックリしていました。
RISEのツリーはアナ雪でした。

GUMBO&OYSTER BAR 二子玉川ライズ店


ラーメン激戦区我が街経堂【まことや】の『カレーラーメン』にハマっています。
スパイシーな濃厚スープがたまらない。
スープはご飯とチーズを入れても美味しいと思います。
鯨缶がトッピングしてあります。

まことやさん、被災地や地方の応援をしています。今、煎餅汁ラーメンが限定メニューです。


台風が接近した影響で、帰りを少し延ばした方々も多くいらしたのではないでしょうか?連休最後の日は台風一過、快晴になりました。
八ヶ岳はフリース着て床暖着けていたのに、今日の東京は夏に逆戻りでした。

快適に走行し、お昼過ぎに経堂に戻りまして、夫が大好きな【まことや】に向かいます。
しかーし、お休みでした。
次回来る時はFacebookで確認してからにしようと誓いました。

怪我の功名、新店舗を訪ねる機会がやってきました。
農大通りと城山通りをクロスした場所にオープンした【かみ山】さんを訪ねました。

お奨めの『サンマーメン』
私、知りませんでしたが、横浜発祥のラーメンだそうです。

Wikipediaによると、
細麺を使った塩ラーメンもしくは醤油ラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシ入りのあんをかけた麺料理である。
モヤシ炒めの中にはキャベツやキクラゲ等の野菜や蒲鉾、豚肉の細切り等も入っていることもあり、皿うどんのあんかけによく似ている。
モヤシを主とするあんかけだが、「肉そば」の肉を減らして野菜を増やしたものが原型とされている。
神奈川県内のラーメン店ではメニューにあることが多く、通常のラーメンより価格が安いことも多い。
桑田佳祐が自身の番組「桑田佳祐の音楽寅さん」で紹介するなど、多摩川以南、富士川以東の特に太平洋沿岸地域で多く食べられている。
と、いうことです。

醤油味のタンメン?

定番、塩味の『タンメン』
どちらも浅草『開化楼』特性中太平打麺。結構好きなタイプです。
麺の量にボリュームがあり、少なめは50円引き。
スープはコラーゲンたっぷりの丸鶏ベースの秘伝だそうです。

ラーメン激戦区、経堂で生き残りますか?

【かみ山】情報


週末は、普通ならわんこサービスデーですが、昨夜遅くまで仕事だった夫は、なにやらリセットすることがしたかったようで、映画鑑賞を提案しました。
本日公開初日、私的には『三度目の殺人』でしたが、彼は『ダンケルク』を観たかったようなので、『三度目…』はDVDを待つことにしてそちらの提案に乗りました。

映画は、男子が好む戦争もので、セリフが少なく、観客に様々なことを訴えてくる映像の美しい作品でした。

映画少女だった私は、DVDをかなりの本数借りて観るのですが、認知症物語かと思って借りて観た『手紙は覚えている』は、実はナチを描いた作品で秀作でした。
戦争ものの違うアプローチ、ラストは衝撃的です。

主演は、『人生はビギナーズ』でオスカーを獲得したクリストファー・プラマー。
品のある風貌で、ピアノを弾く姿があったので、調べてみると、ピアニストを志していたことだけでなく『サウンドオブミュージック』で、大佐を演じていたことを知り、全く合致していなかったので、驚きました。

主人と新宿で映画の後は、いつも天ぷらがお決まりのコースなのですが、映画を観たバルト9の下にお食事処があるので、行ってみることにしました。

目に留まったのが銀座アスター。
中華と言えば、こちらか原宿の南国酒家へよく行っていました。
丁寧に作っているので、安心ですし、いわゆる馴染んだ味でいただけます。

まだ結構支店があるのですね。
最近は、様々な中華がいただけますから、存在薄くなっていました。
でも、アリです。私的に…。

店名に銀座をつけるのは、勲章みたいな時代があったんですよね。
銀座あけぼの、銀座立田野、銀座ライオン、銀座山形屋なんてのもありますね。
我が町経堂にあるスズラン通りも銀座が発祥の地です。

銀座の地名の由来は、江戸時代に設立された銀貨幣の鋳造所からだそうですが、その役所があった場所は、銀製品で有名なティファニーだと知って、なにやらこだわりがあったのでは?と、愉快になりました。

麺も美味しい銀座アスターですが、私は、酢豚(本日のおすすめも選べます)のランチセット『季花』
主人は、牛肉のあんかけご飯を注文しました。春巻と餃子も美味しかったです。

映画の半券があると飲み物のサービスがあったのを後で知って失敗しました。
まずはサービスのランチビールをいただきましょう♪

中央公園が見えて、眺めもいいです。

銀座アスター 新宿店


今日は仲良しの甥のお嫁さんと子供たちとのランチデイト。

知り合いから戴いた本『行きつけの店』をパラパラ覗いていると、横浜のホテル・ニューグランドのローストビーフをお薦めしているページを見つけました。

調べてみると、夏休み限定のサマービュッフェでいただけることを知りました。

ホテル・ニューグランド【ル・ノルマンディ】サマービュッフェ

ローストビーフ 究極の一品

お値段もはりますし、受験生以外の3人の子ども達、交通費だけでも大変かしら?と思いましたが、
みなとみらい三菱技術館の存在に遊び場所を見つけたお嫁さんは、こころよく誘いに乗ってくれました。
みなとみらい三菱技術館

豊富な前菜は、高級ホテルの名を汚さぬような手の込んだものばかりで、
小さめのパテやテリーヌは見た目にも楽しいものばかりでした。
お目当てのローストビーフはジューシーで、オレンジ風味のソースは大変美味でした。

青森産の食材を使った今ビュッフェでは『青天の霹靂』という白米でいただくカレーも目玉のようで、欧風のお仕立てで老舗レストランのお味でした。
子ども達には少しスパイシーだったようですが、最終的には、みな美味しくいただきました。

デザートもシャーベットやアイスクリームもあり、

マカロンは、子ども達に大人気。
もちろん、飲み物やスープ、パンも種類豊富にいただけます。

窓からの景色はこの絶景!

子ども達は三菱技術館に向かう前に氷川丸の停泊している海を見てご満悦。

中華街で立ち寄ったベビースターランドでも、楽しんでくれたかな?♪

ベビースターランド


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM