イケアビギナーの私は、先日立川へ行った時にレストランを初めて利用しました。

広告でこの"スウェーデンミートボール"は良く見ていたのに、システマチックな学食みたいな流れに圧倒されて、ついキモチに刺さったものを注文してしまって、やり残した感を味わっていました。

本当は、はじめてものがたりで口にするのは、このミートボールだったはずだと…。

で、今日は夫におねだりして港北のイケアへ。
念願のミートボール、いただきました。
サイドメニューに"ベジタブルメダリオン"を添えて。

お味の方は、はい、○でした。
マッシュポテトがいいですね。
ジャムが添えられているのも面白い。
日本人にはない組み合わせですが、ローストターキーをクランベリーソースで食べた方なら違和感なしでいただけるかもしれませんが、これは、新感覚ですね。

また、ベジタブルメダリオンは、ポテトケーキですが、青臭さが結構、鼻腔を刺激しました。

これは、先日立川でいただきました"ビーフシチュー"
冒険しない夫は、今日もこれをチョイスしてました。
ごはんが進む味に仕上がっていて、なんの甘さか?甘いシチューなので、お子さまもOKですね。

一番人気だというのでいただいてみました"ベリーベリーチーズケーキ"。
クランブルがサクサクで、チーズケーキは固めかしら?とイメージしていましたが、全体的に軟らか目。
夫曰く、冷凍を解凍した味。
確かにそうでした。

でも、ここ、なんだか好きだなぁ〜。
皆さん、ここを利用するのにだけ来てるんでしょうね。
ドリンクバーは会員だと、60円で飲み放題らしいですしね。

イケアレストランメニュー


義母のお誕生日が近づいていました。
スゴイご馳走より大好きなとんかつの方が絶好喜ぶ!私もそう思いましたし、この日は、日頃、多忙を理由に施設を訪ねない夫が一緒だということがご馳走だと思ったので、夫の意見を尊重しました。

場所も近くが良いと、成城学園前の【椿】さんに行くことにしました。
以前、成城在住の所ジョージさんが薦めていて行ったことがあるのですが、店主の横柄な印象が強くて、味の記憶がさっぱりありません。

でも、今回は若女将さん?の感じがとっても良かったですし、美味しかったです。
わからないので、ランチのロース定食にしましたが、常連さんはその上のを注文されていましたね。

店の前に駐車場が3台分ありますが、さすがに高級住宅街にあるとんかつ屋さんなので、皆さん、車でいらっしゃいます。

店名が椿ですから、たくさんの椿の絵が飾られていて、民芸調の店内です。

生垣は、やっぱり椿です。

成城学園前 椿

食事の後は喫煙なのです。
探しましたら母の方が知っていました。
二階ですがエレベーターもあります。

喫煙者には貴重な昭和の香りたっぷりななんども落ち着く空間。
昭和の香りたっぷりななんども落ち着く空間。
【シュベール】はそんな喫茶店でした。


犬サービスに夢中になって、自分たちのご飯を二の次にしてしまいました。
車を出してから探し始めたので、見つけても通りすぎたりと、どつぼにはまってしまいました。
そこで振り出しに戻って、来た道をまた走って入ったお店が洋食の店【葉山食堂】です。

はじめてのお店って最初の印象で「あっ、やっちゃったかな?」って時ありますよね。
もう、ラストオーダー直前の時刻でしたし、終わっているメニューはあったし、後から入ってこられたお客様の子どもがわめいているし…。

ですがこちらは、正解でした!

ドレッシングが、ワインビネガーの効いた大人っぽい味わいの葉山野菜のサラダは、白菜の芯が甘くて美味しかったです。

ハンバーグステーキ、ドミグラスソース。
ちょっと和風なお仕立てで、付け合わせのポテトのグラタン、ちりめんキャベツ、カボチャ、とても工夫を感じました。

私の頼んだ"チキンのストロガノフ"
これがはじめていただく創作なお味で、チキンバターマサラのトマトヴァージョン?のようなクリーミーな一皿でした。

デザートに葉山夏みかんの砂糖菓子をいただきました。
地産地消を意識されているみたいですね。

ランチは、サラダの他に飲み物も付いています。


場所は、御用邸を背にして、逗葉新道に向かう途中左側にあります。夢庵近くです。

葉山食堂


今日もまた浅草に来てしまいました。

世の中連休なので、本当は八ヶ岳に行こうと考えていました。ところが長野、週末、また雪だというんですね。

諏訪湖は数年ぶりのおみわたりがみられたといいますし、北陸の豪雪が物語る今年は、寒さもですが、各地で例年にない冬になっているようです。

八ヶ岳は冬も美しく、針葉樹にみられるガラスのオーナメントがついたような霧氷は表現できないほどの美しさですが、気温が高くなると一気に溶けてしまうのでなかなか見ることができません。

そんな美しさを蓄えた八ヶ岳ですが、冬は雪かきなどの仕事も多く、車の運転や道路閉鎖などの危険もはらんでいるので、中止にすることにしました。

その代わり、せっかくの連休なのだからと、先週ちょっと気になっていた天丼の店に出かけることにしたというわけです。

雷門の右脇道を歩いて、今半本店のある方向に右折、

左手に鯛焼き屋さんがある手前を左に曲がると『天丼のうまい店』の垂れ幕があります。

オープンは11時、10分前到着で、すでに行列でした。
でも、お椅子は用意していただいていますし、お席が空く前に感じのいい店員さんが注文を聞きに来てくれるので、待ち時間はあっという間でした。

本日は、こちらのみ。
日曜、祭日、水曜日が定休日。今日、来るしかありません。

そして他にいただけるのはこの缶ビールのみです。

さてさて、出てきました。
こんな形で、

ぐるりと回すと、蓋が閉まらないので、こんな形でという具合です。

お味噌汁は別。
小皿のお漬物は付いてます。

江戸前天丼は、大きな穴子が丸められて手前に、続いて車海老、めごち、ししゃも。
甘過ぎないたれにくぐらせてあってボリューム満点。
海老の頭が一番美味しかったです。

浅草 【まさる】


お誕生会は老舗の牛鍋屋さんになりました。

ところは浅草。花屋敷近くのひさご通りにある【米久】さん。
老舗のお店とリクエストしたけれど、出だしが遅く予約が思うようにいかず、庶民的なところになりました。

これ、店先にあるサンプルケースですが、あまりにレトロでのけぞりました。

今日は浅草寺で節分会があるからか?通常は12時開店のはずが、11時半に行ってすんなり入れました。

入口正面に恵比須さま。
下足番に靴を脱いで預けます。

これ、これ、この昭和な感じを求めていました。
なんだか本当にタイムスリップしたみたいな気分になりました。

お座敷をご案内されましたが、奥のテーブル席をお願いしました。予約は受付ておらず、お昼は11時半に来て並べば大丈夫と云われていました。

はとバスのお昼を組んだツアーもあるようですが、だからといって、落胆することはありません。なかなかの評判の店なのです。

お品書き。あり得ないくらいシンプルで、逆に魅力的に感じました。

テーブルにはこのようなコンロと鉄鍋が置かれています。

注文したのは上の牛鍋。
どうやらトクにするとサシが多すぎるのでこちらがオススメと解説された方がいらしたので、こちらにしました。

最初はお姉さんがやってくださいます。

豆腐、ねぎ、白滝が入ったら、お肉です。

そして割下です。

お姉さんはお肉の色が変わったらお召し上がりくださいと云いました。
言われた通りにいただきました。
バカうまでした。

今まで、割下に泳ぐ具材のすき焼きが嫌で、家ではもっぱら関西風のすき焼きでした。
やっと、たどり着いた感じでした。
小さくて高さのない鉄鍋がみそかと思いました。

ご飯、味噌汁、お新香は別注文で割高な印象ですが、鍋に残った汁は美味しくなっているので、かけてお召し上がりくださいと云われました。
これぞ、下町感あり、とも思いましたし、やらないわけにいかず、ご飯食べ過ぎました。

お肉、やはり、上で十分です。
お肉、出所はまちまちだそうです。
一番いい状態のをお出ししてるとのことです。

大満足でーす。ご馳走様でした。

浅草 米久 食べログ


女子会はたのし♪
とまることのないおしゃべり。
自分にとって助けになったり学びになったりします。

今日は久しぶりに横浜へ行きます。
お二人ともお元気そうで良かった!

今日はお一人のご提案で、ルミネの6階【アマポーラ】というお店に行きます。
皆が注文したイカスミのパエリア。
お歯黒になりながらいただきましたけど、美味しかったです。
写真撮り忘れましたけど、サラダとバゲットが付きます。

ランチセット1,400円なり。
デザート、コーヒーも付いてます。

入り口に「ゆっくりお食事いただけます」と書いてありましたが、本当にたっぷり長居させていただきました。

横浜 アマポーラ


出だしが遅かったので、野川公園の近くで食事しようということになりました。
ファミレスで悲しい思いをしたくないので、記憶を呼び起こして、以前何回か行ったホーマーへ。

とにかくレトロな昭和の佇まいなんですが、地域の方々に人気らしく、お昼時、とても混んでいました。

こちらは私が頼んだランチのお魚。

主人が頼んだお肉料理。
以前と同じヒレカツだったかと思います。

サラダがね。この色とりどりが目にも胃袋にも嬉しいんです。
スープもすりながしみたいで、濃厚。
スープストック東京ならこれだけで勝負しそうです。

今日はミートソースも欲張りさんが注文しました。
これが見た目に反したしっかりとしたお味、ソースの素になるものがきっとしっかりと作られているのだと思います。

また好きになりました。
洋食、これも日本人のソウルフードですからね。
こーいう頑張ってるお店、大好きです!

ホーマーはじめてものがたり


お茶会の後は東京から参加の古い付き合いになります4人で忘年会@京都を楽しみました。
京都のことはわかりませんので、勘に頼るしかありませんが、お昼は和食でしたからなんとなく洋食になりました。

お話をいただいた3ヶ月前で予約ができるかと思いましたが、京都は1ヶ月前からの予約が当たり前のようです。
お昼を同席した京都在住の方によれば「予約、よくとれましたね」と云われました。人気店ではあるらしいことはわかりました。

なんとなく気に行ったのは、夏は鴨川沿いなので川床が出るところ。
残念ながら風花も舞う京都の夜、川縁で柳がそよいでいる姿は、冷たそうでしたが、窓際の希望は叶えられていました。

初めてで最後かも知れない来店ですので、ビギナーコースを4名でお願いしました。
3,600円なり。
超コスパが高いことが、続くお料理で判明します。
こちらは"生ハムのスープ"

"イカリヤサラダ"

"テリーヌドカンパーニュ"

"ココットスフレフロマージュ"

"炭火焼きコンフィ"

"海老のパスタ"

パンも美味しく、エシレバターが添えられていましたが、パンをおかわりした私達はお料理がボリューミーだったため、結局手をつけずで失敗しました。

店の雰囲気も店員さんの応対もとっても良かったです。
花丸でした。

イカリヤ食堂


主人の誕生日。
上野で『北斎とジャポニズム』を観てから食事をしましょうか?
もしかしたら紅葉も楽しめるかしら?と、上野公園内にある、創業140年横山大観がオーナーだったこともあるという【韻松亭】を予約しました。

以前友人と来て、とても気に入ったお店でした。
その時の記事

残念ながら今年の紅葉は早くて、不忍池方面の銀杏の黄色が僅かにある程度でしたが、幹にとげのない姫柚子が実をつけていました。

お席は三階の広間ではなく、今日は二階のカウンター席。
着物姿の私たち、足がのばせる畳席の借景は気持ち良く、とっても優雅なランチタイムを過ごすことができました。

お食事もとってもコスパが高くて満足度が高いです。
一番右はまぐろのお刺身ですが、卵の黄身がちらりと添えられています。
寄せ豆腐、ゴマ豆腐の入った茶碗蒸し、私は一番左の湯葉刺しが気に入りました。

メインの花籠はまるでおせち料理のよう。
主人は、おからのお饅頭の下の千段揚げが気に入っていました。
どれもしっかりとしたお味付けですが、色々楽しめるので、豊かな気分になります。
滋賀の赤こんにゃくや鳥の唐揚げもありました。
唐揚げが美味しいのでまさかグルテン?と、思ってお訊きしましたら、夜は鶏すきなどもあるので、正真正銘鶏の唐揚げでした。
お豆腐料理が中心なので、そんなことを思いました。

椎茸のしんじょう揚げ。

炒り大豆のごはんと赤だし味噌汁、しば漬け。

デザートはヨーグルトのムースと麩まんじゅう。

器も素敵ですが、黒文字も添えられています。
お茶はおからのお茶です。
花籠本膳3,600円、大変美味しく頂きました。
韻松亭

★*☆♪おまけ★*☆♪
上野アトレのツリーはパンダちゃんがいっぱいで、めっちゃ可愛いですよー(*^▽^)/★*☆♪


久し振りに二子玉川へ行きました。義母の食べたいものをと選んだお店がRISE7階のこちらのお店。
お得なペアランチを注文しました。

お昼から牡蠣?
でも、なかなか生牡蠣は頂く機会がありませんし、母の満足度も高かったので正解でしたし、美味しかったです。

コースは三重県産と宮城県産の生牡蠣からスタート。
薬味は、トマトもちゃんとありました。

サラダと牡蠣のコンソメスープも付きます。

焼き牡蠣、ディアブル風、牡蠣フライ

牡蠣のビスク。
バゲットにつけていただくのを義母は気にいったようでした。
クリーミーで濃厚。私も大好きな味でした。

これがメインで、5種類から選べます。
独断で、リゾットにしました。
アルデンテに仕上がっていました。

紫いものアイスクリームがデザートに付きます。

何十年ぶりかに来たという義母は、二子玉川の変貌にビックリしていました。
RISEのツリーはアナ雪でした。

GUMBO&OYSTER BAR 二子玉川ライズ店


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM