クリスマスの時期は旦那さまが仕事のことが多くて、予定に確実性がないんですね。
なので、今年のクリスマスケーキも行き当たりばったりのチョイスとなりました。

横浜方面へ行ったので、横浜で購入ということも有りだったのですが、デパ地下だと結局大量生産でしょ、と、思った瞬間気持ちが冷めました。

で、結局、経堂に降りて、ミラベルさんへ向かいました。
どうせだったら美味しいのを食べたいので…。
予約なしですから賭けみたいなところもあったのですが、
我が家サイズの12cmのビュッシュドノエルがありました。

茶色のビュッシュドノエルもあったのですがサイズが大きかった!

たぶん、選択肢が狭まれたんで、このチョイスになったかと思います。
主人、酸味のあるフルーツ系、好みではないのです。
このラブリーなピンク、フランボワーズです。
カット写真、撮り忘れましたが、ジェノワーズはアーモンドプードル入り共立てのバニラ生地でフランボワーズクリームのロールケーキです。

端しっこは、マカロンで蓋がされています。

このパートドゥフリュイが乙女心をきゅんとさせましたよ。
『パード・ド・フリュイ』とは、その名のとおり、果汁を固めたフランス風グミです。
小さい頃このような形のニセモノを食べていたおかげで、苦手意識がありましたが、ホンモノに出逢ってからは全く印象が変わり、好きになりました。

キラキラとした小さなひと粒にフルーツの風味がぎっしりと詰まったパート・ド・フリュイ。
コンフィズリー(Confiserie)=砂糖菓子を作る職人さんは、なんとなくフランス菓子に対する伝統を重んじるが感じ取れるんですよね。やるな!みたいな感情が湧きます。

ケーキ名についてですが、ノエルが「クリスマス」、ビュッシュは「木、丸太」で「クリスマスの薪」の意味。
その名の通り薪(または木の切り株)の形をしていますが、ブッシュドノエルではなくビッシュが発音として正しいようです。

なぜ薪の形なのかについては幾つかの説があり、クリスマスがキリスト教以前の冬至祭を起源とするのと同様、もともと北欧の古い宗教的慣習「ユール」で使われた丸太を、田舎の風習を守るためにパリのお菓子屋が「ユール・ログ」をかたどって作ったもの。
もう一つには「キリストの誕生を祝い、幼い救世主を暖めて護るため、暖炉で夜通し薪を燃やした」ことに由来するとも言われているそうです。

ミラベル

〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-6-13
第三いずみビル1F
03-3420-6779


埼京線と湘南新宿ラインに乗るといつもニュウマンの方に降りてしまいます。
小田急線はJRから直接アクセスできるのにわざわざ甲州街道を渡ることになってガッカリです。

でも今日は間違えたおかげで、横浜で買いそびれた朝ごパンを買うことができました。
それもお初にお目にかかりますの【デメララベーカリー】のスコーンです。
写真は"ダブルバタースコーン プレーン"です。

"ダブルバタースコーン アールグレー"
今日は、こちらとプレーン二品と、クロテッドクリームなどのセットを買い求めてみました。

こちらの布製バッグも付いています。

"くるみとイチジク"

"クリスマス"

スコーンを知ったのは【アフタヌーンティー】だったと思います。
当時の話をするとまた年を重ねたことを実感してしまいますが、イギリスの食文化を意識する衝撃的な瞬間でした。
ポットに入った紅茶を冷めないようにするポットカバー、スコーンは生クリームが添えられていましたっけ。
アフタヌーンティーという習慣があって、三段重ねのお皿にその時にいただくちいちゃなケーキやクッキーが載せられて供されるスタイルは、今でもホテルのティールームでは人気のようです。

この頃、ケーキ作りに夢中だった私は、本物と云われる「キツネの口ががばっと開いたような」形に仕上げたいがために、レシピを色々試したものでした。

デメララベーカリーのスコーンはそれに近いように思いますし、
名前からわかるようにスコーンすべてには二種のバターを使って仕上げていて、さっくりと材料を混ぜ合わせることが忠実に行われているんじゃないかと思います。

今回セット買いした中に入っているクロテッドクリームとジャム。
ジャムの包みに貼られたユニオンジャックのシール、効果的です。

スコーンの味を左右するクロテッドクリーム。
これも今は、中沢乳業が販売するまでになっていて浸透しましたが、アフタヌーンティーでもニセモノ?の生クリームを添える工夫になったように、クロテッドクリームは入手困難でした。
バラクライングリッシュガーデンにあった時は小躍りしたものです。

デメララベーカリーで取り扱っているクロテッドクリーム【ロダス】は英国トップブランドなんだそうです。
こだわりの生乳の生クリームを低温オーブンの窯の中で一昼夜蒸し焼きにするという昔ながらの方法で作られ、クラストと呼ばれる、黄色の膜がクリームの表面に現れています。
これは伝統的な製法で作ったクロテッドクリームの証だそうで、地元民からは「シルキークリーム」と呼ばれているクロテッドクリームは、濃厚でクリーミー。
とっても好みの味でした。

コンサーブ(ジャム)です。
やはり伝統的な製法で作られているとかで、砂糖よりも果実の使用料が多く、ペクチンを使わずバターを使用しているのだそうです。
イギリスではミンスミートといってドライフルーツを洋酒に漬け込んだフルーツケーキの具がありますけど、牛脂を入れると知った時はぎょっとしましたが、伝統的製法にこだわる理由、必ずやあるはずです。

クランベリーかと思うほどの色合いは、イチゴの果実を濃縮してあるためでしたが、味わいもしっかりとしていて、
トラディショナルな食べ方に適していると思いました。

スコーンのおいしい食べ方

1:スコーンは真ん中から手で割り、
オーブントースターで1〜3分温めてください。
2:温めたスコーンの表面に、まず苺ジャムを塗ってください。
3:次にジャムの上に良く練ったクロテッドクリームをたっぷり塗ってお召し上がりください。
ジャムとクロテッドクリームの代わりに蜂蜜とレモンカードを
塗っても美味しくお召し上がりいただけます。
デメララベーカリー


お礼をしたい時、お菓子なら何か気の利いたものを贈りたい。
けれどすぐにあげられない時、期限の短いものはいけませんよね。
そこで思いついたのが資生堂パーラーの花椿ビスケットです。

花椿と聞いたたけで私は、メイクの仕方やファッションを学んだ冊子を思い出します。あの頃、モデルさんやCMソングがいつも話題で、その冊子を見て参考にしたり憧れたりしていました。

化粧品はその頃国産がほとんどで、資生堂、カネボウ、コーセーが主流、外国製品は海外に行った方しか手に入れられない高嶺の花でした。

資生堂パーラーも銀座の一等地にある限られた方々が足を踏み入れる場所でしたが、
ラフォーレ原宿の二階にあって、大学生の時にしていたアルバイトで、先生と待ち合わせする特別な場所でした。

そんな数々の想い出がある資生堂パーラー。
そちら謹製のビスケットは、資生堂のお菓子の中でも顔、と呼べるお品ものなはずです。

買いに出掛けようと調べたところ、東京デパ地下にも取扱いがあるところ、すくないんですね。
で、24時間お買い物ができるネットショッピングを利用することにしました。
楽天での取扱いがありました。

しかも、ビスケットが入っている缶、限定でキュートなピンク色の入手が可能。
これは!と、自分用に1つ購入することにしました。

このラッピングも素敵過ぎますし、

ペーパーバッグもきちんと各枚数、付けていただけます。


今年の小梅ちゃんのBIRTHDAYケーキは、浜田山ヴォワザン製でした。
知り合いにプチケーキをいただいて、
そのビジュアルと、美味しさにきゅんときたので、何かの時にと、思っていました。

今回は残念ながらビジュアルの良さはうかがい知れないかも知れません。
けれど、シンプルなものほどジェノワーズの出来ですとか、生クリームの空気の入れ具合とかがよくわかるのだと思いますが、とっても美味しかったです。

休みだと、がっかりなので調べてみましたら
パティシエ、こんな経歴でした。
2001年 マルメゾン入社
2005年 渡仏
2006年 ジャン・ポール・エヴァン入社
2008年 ジョエル・ロブション入社
2009年 パティスリー ヴォワザンを荻窪にオープン

荻窪から移転したのはどんな理由からかわかりませんが、普段ホールケーキは予約が必要だったりしますが、種類もですが幾つも並んでいました。
以前、同じ場所には地元で愛されていたケーキ屋さんがあったので、ニーズに合わせているのかもしれません。

経歴から、そしてお店にきちんとコーナーが、あることからチョコレートを味わってみたいと思いました。
きっと、お得意なのだと思いました。

店内に入るとすぐに生菓子、そして横にはチョコレートのショーケースがあります。
後ろは焼き菓子にコンフィチュール。
オールマイティーな印象です。

チョコレートは、お薦めの3つが入ったものをチョイスしました。

左から"アメール"
ビターガナッシュ
チョコレートの定番でしょうか。

"タイベリー"
ブラックベリーとフランボワーズの交配種だそうですが、これ系のお味が好きな方にお薦めしたいですね。
酸味は柔らかい印象です。

"キャラメルバニーユサレ"
バニラ風味の塩キャラメル
キャラメル好きなので、これが一番好みでした。塩味はほんのり。

お店構えも素敵です。
浜田山駅をまっすぐ西友に向かう通り、カルディの横です。

浜田山 ヴォワザン


出典:HENRI LEROUX
久しぶりに出掛けると目の保養にもなるけれど、
テナントが変わったりしていることで、あららと思う。
ミッドタウン前には、バーニーズニューヨークが出来た。
これも知らなかった。

茅の舎のお出汁は使うとやめられない。
少々お高いが、旨いお味噌汁のためなら致し方ない。
これがあれば、手間なしだし。

通販以外は東京は限られた場所のみでしか購入出来ず、待ち合わせ場所のミッドタウン内にあるので、時間前に向かう。

あらら?と思うくらいの人気のなさ。
以前、レジ行列の凄さに二の足を踏んだが、
今日は拍子抜け。

待ち合わせの友人が栗好きなので、何かないかと探したところ、サダハルアオキでキュートな
ケーク オ マロンを見つける。

ディスプレイだけで店頭にないので、
聞いてみると、入荷が遅れているという。
確かサダハルアオキ、和栗にこだわっている
所以、悪天候で栗の入手がむずかしいのか…。

残念な気持ちでB1めぐり、引寄せられるように、HENRI LEROUXへ。

ライトな贈り物なので、ショコラティエの
チョコレートはいささか値が張る。

ちらりと、キャラメルのケースを覗くとケース上にタイニーなクイニーアマン3種あり。
これは nice と、即決。

イートインがあるので、簡易包装されてしまいそうなので、
ここは申し訳ないが、箱に入れてもらった。

おリボンをお願いしなかったからか?
お箱代はかからなかった。

今回購入の3種がぴったり入った。

プレは一昨年。
それからの人気商品になり、季節限定品が出る
らしい。
そもそも知らなかった!

やっぱり抑えたいのはキャラメル入り。
【クイニーアマン・オ・C.B.S】

アンリ・ルルー発祥の地、ブルターニュ地方の伝統菓子「クイニーアマン」に塩バターキャラメルを包み込み大ヒットしたのが
【クイニーアマン・オ・C.B.S】なんだそう。

この他に、
【クイニーアマン・オ・キャラメルショコラ 】
ショコラを包み込んだチョコバージョン。

季節限定は、
【クイニーアマン・オ・キャラメル・ユズマッチャ 】

アンリルルーHPによると、
クイニーアマンは、
アンリ・ルルー発祥の地、
ブルターニュ地方のブルトン語で
クイニーは「お菓子」、
アマンは「バター」を意味するそうな。

「バター菓子」と呼ばれるほどたっぷりのバターが使われており、
一般的に生地の外側は固めの食感で香ばしく、内側はふわっとした食感で塩気も感じられるものが多く、
フランスではブルターニュ産の塩バターを用いる。

アンリルルー製、
パン屋さんのクイニーアマンとは違います。
姿は可愛らしく、お味はかなり濃厚、
スイーツとしての立ち位置でした。


ちょいと前、久しぶりにお菓子の本を買いました。
それがこれ、




キャロットケーキにハマっているからですかね。
もちろん生クリームのスイーツも大好きですが、BAKEのカテゴリーになる焼き菓子が昔から好き。
それも、カロリーを気にしちゃう重たい感じのものが好みです。

ベーカーの吉野さんの目指すbakeは、ニューヨークスタイルなようですが、ル・コルドンブルー仕込みなんですって、オシャレ。

レシピにおおざっぱさはなく、計量はもっとも大切と言っておられます。

お店には、カフェも併設していて、クラシカルでセンスがよく、落ち着いた雰囲気は訪れたらお客様を魅了する魔法がかけられています。
つねにいい薫りが漂い、美味しそうな焼き菓子が陳列されている景色も魅力的です。

今日は初めて伺いましたからとっても迷いましたけれど、
マストアイテム"キャロットケーキ"の他、珍しくマフィンを買い求めました。

惚れ込んで作っておりますローズベーカリーのキャロットケーキと違う点は、
ココナッツが入り、パウンド型でしっかり焼き上げているところ。

あまりオイリーな感じではなくかといってパサパサしているわけではありません。
フロスティングのクリームチーズも程よい甘さで、とっても美味しかったです。

"ブルーチーズとフィグのマフィン"

これはグルメ好みなマフィンで衝撃でした。

ワインのおつまみのブルーチーズとイチヂクの2つを組み合わせた味わいはかなり濃厚で、1つ頂くだけでかなりの満足感が得られました。

"オレンジマフィン"
姿が綺麗ですね。

こちら、パッケージも素敵です。
先日立ち寄りましたエーグルドゥースが一番!と、思ってましたけど、
エイミーズベイクさんもランキングに入れたいお店です。

中にもオレンジが入っていて、生地にはアーモンドクリームが使われている様です。

半生のオレンジが使われていつ、ジューシーな食感もあり、お手間がかかっております。

マフィンの種類も豊富で、ひとつひとつ個性的に仕立てているように感じました。

"フルーツケーキ"
ブント型という、フリルのついたリング型で焼いた王道パウンドケーキ。

出発点はイギリスでしょうが、ケーキに入れるドライフルーツの洋酒漬けミンスミートって、牛脂が使われているんですよね。
ちょっと抵抗感あると感じますが、
この間、この牛脂を100円アイスに混ぜるとバーゲンダッツクラスになると聞いて、
その旨味、再認識しております。

とても丁寧に作っておられます。

フルーツケーキは干し葡萄だけという残念なケーキが多い中、クランベリーやイチヂクの姿もありました。

"クラムケーキ"
クラムケーキのクラムはパン粉、パンくずという意味で、切り落としたスポンジをケーキに再生するエコなケーキですが、こちらはクズなんてシロモノでないチーズケーキです。

チーズケーキと焼き菓子の両方を味わいたい方にオススメします。

西荻窪、古裂探しに歩いたことがありますが、今、アンティークは下火。
お店のある北口は、メインストリートではありませんが【もくもく】という老舗のソーセージ屋さんがあったり、ヴィンテージものを扱うリサイクルショップがあったりします。

お洒落な方々が集まる西荻窪。
カフェにいらっしゃるお客様もキッチンに立つベーカーも素敵でした。

お教室もあるようです。
エイミーズベイクショップ





目白に用事がありました。
行先、マップで検索していました。
目白通りを駅を出て左にまっすぐ歩いて行く目的地。地図上のちょうど左に曲がる手前に【エーグルドゥース】という標示がありました。
「聞いたことがあるけどなんだっけ?」
そんな感じで当日、ひたすら歩いていましたら、私の知っている豊島区目白は新宿区上落合になりました。
目的地の目印を見つけると、まるでパリの風景が目に飛び込んできました。

「おお、エーグルドゥースね♪」
すぐに横断して、店内に入ると、たくさんの生菓子、焼き菓子が並んでいて、テンションが上がりました。

【エーグルドゥース】
ノーチェックでしたが、アジアで5人しかいないという「デセール」の称号を持っているパティシエが営むパティスリーなんですね。
そしてそのパティシエ寺井氏は、四ッ谷の【オテルドミクニ】でグランパティシエをされていた方だそうです。
そりゃ人気なはずです。

"シャンティ・フレーズ"
フランス菓子にはショートケーキはありませんが、
in japanではなくてはならない存在です。
そのショートケーキを、フランス菓子に昇華させたという、お店でも人気の品。
夫の永遠のケーキの王様でもあるのでおさえます。

焼き菓子の種類も豊富で、ボストックやショーソンポムなど惹かれるものばかりですが、生菓子も20種類ほどあったように思います。
何にするか悩みました。

さて、苺のショートケーキ、やはりただ者ではありませんでした。
断面を見ますと普通の構成ですが、ジェノワーズにシロップの他、ジャムかにピュレが使われているようです。
姿もちょっと違いますよね、エレガントです♪

お味、濃厚です。
クリームは、最近ふわふわに感化されていたので、かっちりしていて刺激的でした。
苺も甘さを引き立てる技が施されています。

"ミロワールカシス"
ヴィジュアルの良さと細かい仕事に惹かれて選びました。

赤い鮮やかなケーキは、苺だけではなくなりました。
ムースに仕立てるならカシスの方が艶やかです。
カシスの果実味がレモンのパンナコッタと相まって素晴らしい仕上がりです。

濃厚なフランス料理をいただいた後にこんな爽やかだけれどお料理に負けないデセールが運ばれてきたら、もうあっぱれという言葉しかありません。

"アルメリア"という名で
チョコレートムースとヘーゼルナッツのケーキがあるようなんですが、こちらはキャラメル味。
名前はわかりません。

グランマニエが口の中でフワッと広がってクレープシュゼットをイメージしました。
オレンジ風味がかなりビターな仕上がりで、大人の味に仕立ててあります。

【エーグル ドゥース】

〒161-0033 東京都新宿区下落合3−22−13
03-5988-0330


パリジャンやパリジェンヌだけでなく日本人もローズベーカリーが大好きですが、
日本に来られる海外のお客さまも、ローズベーカリーがお好きなようですね。
新宿伊勢丹には流暢な英語で応対するバイリンガル店員さんがいらっしゃいました。

キャロットケーキは数々あれど、やはりローズベーカリーのキャロットケーキは特別ですか?
それは、パリっコ達に支持を受けたオーガニックの美味しさがホンモノだからなのでしょうか?

なんだかわからないけれど、しばらくぶり、ローズベーカリーのキャロットケーキを食べたくなりました。

私が知っているローズベーカリーは、丸ノ内のコム・デ・ギャルソンなのですが、
今、あのエリアは、ギンザコマツにあるのですね。
しかも、カフェが人気だとか…。

今回買い求めた伊勢丹にもカフェがあっていつもいっぱいですが、
ちっちゃくて落ち着かない場所なのに人気なのは、たくさんあるベイク、食べたくなるから?な感じがしました。

以前より、メニュー増えましたか?
ローズさんの故郷であるイギリスのビクトリアケーキや定番スコーン、パウンドケーキは数種類、ポピーシードやデイツを使ったもの。
たくさんあって迷いました。

ローズベーカリーのオリジナルレシピは、材料のニンジン、
擦りおろしたものの他、千切りにしたものが入りますが、今回作ることを前提に良く観察しましたら、かなり細かいことがわかりました。
このところ、全てを擦りおろしにしていましたが、細かくして再度試みたいと思います。

オリジナルはひまわり油のはずですが、先日えごま油を使いましたら、シナモン以外のスパイスを使っているの?効果がありました。

クリームチーズのトッピング、誠に美味しゅうございます。
有り無しでいったらぜったい有りです。
クリームチーズがこだわりの品でしょうか?
バターと砂糖の配合も具合がいいです。

ローズベーカリー、次回もお楽しみに♪

◆ローズベーカリー product◆

◆ローズベーカリーのキャロットケーキ はじめての出会い◆


◆ローズベーカリーのキャロットケーキ 初ベイク◆




「亀屋萬年堂のナボナはお菓子のホームラン王です」
この台詞を知っている貴方は古い!
このコマーシャルは、ホームランの記録を更新中の日本野球界のスーパースター王選手が出演されて、世の中にその名を広めたと記憶しています。

自由が丘へ行った日は、6月水無月初日の日でした。
最近は、6月に入るとすぐに水無月が店頭に並ぶところも多いので、パン以外に和菓子処で水無月を買うつもり満々でした。

ところが、自由が丘、和菓子司、少ないのですね。
そこで、懐かしい老舗 亀屋萬年堂さんを訪ねました。
こちら、総本店です。

和菓子のことを知らず、この辺りで遊んでいた時は、完全にスルーしていました。
訪ねた日、亀屋さんを目指したら熊野神社がありました。
すぐそばが亀屋さんでした。
こちらも社寺巡りをしていなかったらスルーしていたでしょうが、
友人に付き合ってもらい、お詣りさせていただきました。
青山にある熊野神社には、水無月と同じ厄除けの神事である茅の輪が設置されますが、
自由が丘はどうなのか?
『なごしのはらえ』のお知らせはどこにもありませんでした。

1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、この半年の罪やけがれを払い、
残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」
そのときに食べるのが「水無月(みなづき)」という和菓子です。

さてと、話をナボナに戻しますね。
今回購入したのは、【プレミアムナボナ】です。
プレーンが150円で、こちら250円。

包装もとっても上品で格上な雰囲気です。
しっかし、最近、なんでもプレミアム、ですね。
確かグラムさんのパンケーキもプレミアムでした。
まぁ、特別な日やご贈答にはチョイスしやすいですし、お相手の満足度は高いかもしれません。

【プレミアムナボナ】
定番の味 チーズクリームにコロコロチーズが入っていました。
イタリアンメレンゲを使用したクリームとふわふわのソフトカステラ味、
久し振りにいただくので、何がプレミアムかわかりませんでしたが、懐かしい味はそのままでした。
しっかし、ナボナの名がローマのナヴーナ広場に由来していたとは知りませんでした。

◆亀屋萬年堂 ナボナ物語◆


火曜日、新宿TAKASHIMAYAに茅乃舎ができたので、お出汁を買いに行きました。
この時に甘夏のためのお誕生日のケーキ、ちょっぴり下見していました。

去年のリベンジというのも考えていましたが、なんだかbad lack な気がしたり、
なんとなく予約も嫌な思いが甦って、
行き当たりばったりのバースデーケーキの用意になってしまいました。

でも、結果、goodでした。
新宿にいたので、チョイスは色々あったはずでしたが、時間もあまりないので、
下見していたTAKASHIMAYAの地下、人気の【パティシェリア】に行きました。

【パティシェリア】は平成19年4月に新宿高島屋に誕生した、人気パティシエの逸品が集うケーキのセレクトショップで、店舗のある場所に行かなくても見た目も美しい品を買い求められる場所です。
イートインもあるので、スイーツ女子がだいたい2つくらい選んで召し上がっています。

火曜日の時点では自由が丘にある『オリジンーヌ・カカオ』が魅力的で、プチガトーを幾つか買い求めようと思っていました。

でもね、やっぱりお誕生日は、デコレーションケーキ、ですよね。
ホールのケーキは5つありました。
残念ながら『オリジンーヌ・カカオ』のホールケーキはありませんでしたが、
王道ガトーフレーズ、イチゴのケーキは2つありました。

1つは、普通のスポンジ仕立てのようだったので、アーモンド生地のものを選びました。

それが【プラネッツ】さんのケーキです。
こちらのお店、名前は知っていましたが、いただくのは初めて。
場所、大泉学園ですからね。
ご縁がありません。

軽くてふわふわのクリーム。
そして、イチゴ。
抜群に甘くておいしかったです。

お店のロゴ、フランス菓子というより、カリフォルニアな印象?私にはユニバーサルスタジオのロゴがだぶります。

パティシェリアのセレクトパティスリーはどのぐらいで、扱うお店が代わるのでしょう?
詳しいことはわからないのですが、
以前、去年甘夏のバースデーケーキを購入した我が町経堂の『ミラベル』さんのケーキが並んでいることもありました。
入荷は、(火)(金)(日)。
今日は入荷日でした。

こちらで、取扱いのショップが多少確認出来ます♪

和菓子のコーナーもおなじようなブログがありますが、もう少し詳しく更新していただけると有り難いなぁと、思います♪

パティスリープラネッツ


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM