【松涛園】 「きょうから公開 池上本門寺」の 今朝の新聞の記事を見て、心に刺さりました。
年に一度の一般公開だそうです。
こちら、私、初めてでした。
アクセスしにくいところなので、ご縁がありませんでした。
午前中に水天宮に行く用事があり、浅草線に乗車できることが、しばらく歩くとわかりました。
これは何か呼ばれるものがあるなと、無計画に電車に飛び乗りました。
確か、記事に最寄の駅は、池上か西馬込だったと、かすかな記憶を頼りにして…。

駅を降りると、あたりはどう見ても寺町ではありません。
改札を出たら国道でした。
駅の案内を頭に叩き込み、途中で道を尋ねながら向かいました。
途中で尋ねた方は、【松涛園】 に行かれた方でとても丁寧に教えてくださいました。けれど結構な道のりでした。
徒歩12分とありましたが、【松涛園】までは、本殿からまた歩きます。

ご存知の方、とても多かったです。
帰って義母に話すと、読売以外の新聞にもお知らせがあったようです。
大田区の広報にもきっと掲載されたのでしょう。
東京近県の車の姿もありました。

こちらの園は、京都・桂離宮や茶道で有名な小堀遠州の造園による池泉回遊式の名園で、1936年に都の旧跡に指定されているそうです。
園内は、自然の窪地に作庭されいて、朗峰会館からの入り口からは、俯瞰できるという景観がまず目に飛び込み、それは、美しいのでした。
西郷隆盛と勝海舟が江戸城開城の会見をした会見の碑があることでも有名だそうです。(「篤姫」でそんなシーンがあったかしら?)

池上本門寺は750年の歴史を持つ伝統仏教のお寺だそうです。
そして、日蓮聖人が1282年にで入滅(臨終)された霊跡なのだそうです。
日蓮聖人御入滅の後、池上宗仲公が、法華経の字数(69,384)に合わせて約7万坪の寺域を寄進され、お寺の礎が築かれ、以来「池上本門寺」と呼ばれているということです。
毎年10月11日・12日・13日の三日間に亘って、日蓮聖人の遺徳を偲ぶ「お会式法要」が行われ、お逮夜に当たる12日の夜は、30万人に及ぶ参詣者で賑わうということです。
この、園の一般公開の行事の後は、この大イベントがあるのですね。

さて、名園 【松涛園】 見たさでここを訪れましたが、年一度の僅か一週間の一般公開、12,13日は園内の茶室で茶席があるとありました。
なかなか、茶室を見れる機会というのもないもので、このことも魅力的でした。

園散策は、入り口から左回りに歩いて行きました。
池に浮かぶ亀島を右手に石畳を上っていきます。
松月亭では、緋毛氈に腰掛け、休憩ができるようになっています。
風鈴が揺れ風情があります。

戦災で、甚大な被害を被ったといいますが、悠然とした大木が、残暑の光に
輝いています。
一番の頂上から下っていくと園の一番奥にあるのが茶室『浄庵』です。


会見の碑、筆塚を見て、中央の池近くに下りていきます。
しつらいのある茶室『鈍庵』茶席が行なわれるという『根庵』がありました。


こちらで、週末茶席が設けられるのかと、参加できない寂しさもありましたが、清々しい雰囲気は、充分堪能いたしました。
特につくばいや露地、とても素敵でした。
お茶室は、平成2年、裏千家から寄贈されたものだそうです。

帰りは、池上から、帰ることにしました。
緑に囲まれた園内を名残惜しみながら、本殿、、社務所、仁王門、此経難持坂(シキョウナンジザカ)の階段を降り、池上の駅に向かいました。



その途中の仁王門に看板が立てかけてありました。
犬の散歩に対してのおおらかな対応です。
クリックして画像を大きくして文字を読んでみてください。
朗峰会館には、犬OKのカフェも隣接しています。


池上本門寺にある朗子会館では、たくさんの講習や学習の会が行なわれているそうです。
「水のこころ」(仏教の目指す人間像)を心として、多くの方々の参加を呼びかけているということです。
「水のようにいきいきと 水のように力強く 水のようにこだわらず 」

次回は、うちのコを連れて、訪れてみたいと思いました。

しかし、、『妙法蓮華経』、此経難持の偈文96字にちなむ此経難持坂の階段は、経文を読誦しつつ上れば自然にのぼれる、と言い伝えられているそうですが、東急池上線を使って来た方には、難儀だなぁ〜、特に高齢者には…。
と感じました。
でも、とっても充実の東京散歩。楽しかったです。
それに、入り口に置いてあった、蚊よけスプレー、とっても助かりました。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM