京都の【鶴屋壽】さん。
こちらは嵐山で、最初に桜餅をつくりはじめた老舗で、桜餅を「さ久ら餅」と表記しています。登録商標!

お箱には、京ブランド認定品。京都吟味百撰シールも貼られていました。
お店の名前が書かれているお品書きをみると、そこに書かれたURLはsakuramochi.jp 桜餅ひと筋!そのこだわり、感じました。

桜餅は、桜の名所として知られた江戸・向島(むこうじま)の長命寺が発祥の地として一般的に広く知られています。
享保2年(1717)、桜並木の落葉掃除に追われた同寺の門番・山本新六が考案し、売り始めて二百八十年余、隅田堤の桜と共に名物となった話は有名ですね。

通常の桜餅は餅1個に対して、桜の葉1枚ですが「長命寺桜もち」は、2、3枚を使用しています。
特徴は、“柔らかさ”と上品な甘さのこし餡です。

関東の桜餅に使うお餅は、小麦粉から出来ていますが、
関西は、道明寺糒(どうみょうじほしいい)を使って、ムチムチプツプツとした感触のお餅を作ります。
京都で見られる桜餅は、道明寺餅を薄い桜色に染めてあるのが一般的で、お店によって、様々な工夫をこらし、京都らしい、桜餅を作り上げています。

こちら鶴屋壽さんの「嵐山桜餅」は道明寺製。
姿は、はんなりしていますが、むっちりですね。
古来の製法を用いた関西独特の「道明寺糯(ほしいい)」を使い、塩漬けした伊豆の大島桜の葉で包んでいます。
また、この「さ久ら餅」は、通年、販売しているそうです。

本来の白い色をそのまま生かし、餅特有の弾力と優しい食感を併せもっていて、上品な甘さのこし餡が、贅沢に使われた二枚の塩漬けされた桜葉の香りが口いっぱいに広がり、引きたてられている感じがしました。

前述の【長命寺】桜もちの桜葉は、香り付けと保湿のために使っていて、食べるためのものではないそうですが、【鶴屋壽】さんの「嵐山桜餅」の桜葉は、葉脈も柔らかく、美味しくいただいちゃいました。

博物学者・南方熊楠(みなかたくまぐす)によれば、桜餅はすでに天和3年(1683)、京都に存在するようです。
大田南畝(おおたなんぽ)の随筆『一話一言』(一)に登場する京御菓子司
「桔梗屋」の河内大掾が菓子目録「御菓子品々」の中に“さくら糖”、
菓子目録「御茶菓子丸蒸物類」の中に“さくらもち”を載せたといいます。

だとすれば、享保2年(1717)、桜並木の落葉掃除に追われた同寺の門番・山本新六が考案は、後ということになりますが…。
果たして、どちらが先なんでしょう?

私は東京人ですが、桜餅は道明寺製のものが好みです。

この日、桜餅の他、
滋賀【いと重菓舗】「彦根路」、京都【長久堂】「きぬた」いただきました。
webからご覧くださいませ。


9日、お茶のお稽古で、京都【末富】さんの上生菓子をいただきました。

東京で入手可能な新宿高島屋の【末富】さんは、火曜日と金曜日に京都から、季節の上生菓子が新幹線でやってきます。

あらかじめ、数ある中から選ばせていただいて、予約をするのですが、今回は、蕎麦粉を使った薯蕷製「木枯らし」、道明寺製の「雪餅」、羽二重製の「山茶花」をいただきました。

お菓子はWebでご紹介するとして、今日は、【末富】さんのお菓子を頂く度に出会うことのできる、鮮やかな水色に檜扇を描いた華やかな包装紙をカメラに収めました。

この包装紙の意匠は、日本画家、池田 遙邨(いけだようそん)画伯の手になるものだそうです。

この水色は、「末富ブルー」とも呼ばれていて、印刷の作業で、特別な作り方をしている、凝ったものであるということです。

末富さんはは京菓子老舗界にあって「高級ブランド」であります。
レベルの高いお菓子を作りをされ、茶人・茶道関係者との信頼も厚いと聞きます。

包装紙もですが、手提げ袋も素敵な末富ブルーです。
質の高いお使いものの象徴として、定評があるのに納得です。

素敵な包装紙、なんだか捨ててしまうのが、忍びないほどです。


なんと、昨日、枯露柿のことを投稿したら、今日、ソレがお目見えしました。

今日は、我が家でお茶のお稽古でした。
3種のお菓子の中の一つでした。
それも、昨年と同じ、両口屋是清の【古露柿】です。

昨年いただいた時の写真を見ると、本当の【枯露柿】に真似た色味をしていました。
外側に蕨粉を使用していて、天日干しし乾燥して柿の周りが白くなった様子を表現したようです。

今年は、鮮やかなオレンジ色です。
【枯露柿】というよりは【あんぽ柿】に近い風貌でした。
中は小豆こし餡に干柿を練り込んだもので、昨年と変わりがないようですが今年は、外側は”ういろう”生地で包んであり、柔らかいお味でした。

季節のお菓子は毎年、形を変えて店頭に並ぶのでしょうか?

渋柿の皮を剥き、北風にさらして乾かすこと一ヶ月。
農家の軒先に吊るされたなんだか懐かしい風景は、晩秋の美しい農村の彩りですが、その風景に想いを馳せながら、茶室でいただくお菓子。
至福の瞬間です。
これが楽しみで茶道のお稽古に励んでいると言っても過言ではありません(*^_^*)

他の2種のお菓子は”たねや”さんの【雪囲い】と麹町”一元屋”さんの【きんつば】でした。
こちらは、近日中に『季節を愛でる』のサイトにアップする予定です。
ご覧になってくださいませ。

”たねや”さんの【雪囲い】
”一元屋”さんの【きんつば】
両口屋是清さんの【古露柿】


【彩雲堂】という松江の菓舗。お友達に教えていただくまで知りませんでした。
お茶会に向けてのお稽古の時、お菓子の先生でもあるそのお友達が”彩紋”を【ささま】さんのお菓子と一緒に選んでくださいました。
餡と求肥のお菓子で切り山椒のような形態。黄色は柚子風味、紫は白ごま風味のなんとも雅なお味でした。
(そのお菓子はこちらから↓
http://www.kisetsu-o-mederu.com/06keikonokasi.html)
さて、本日写真でお伝えしたいのは、その【彩雲堂】の〈四季のめぐみ/れん乳菓子詰め合わせ〉の牛乳の羊羹。
今朝、ホエーを飲ませたお肉が美味い!とのテレビの情報を得たばかりで、なんだか刺さる代物であります。

こちら、11月19日の”伊勢丹通信”のお歳暮のチラシで発見!
11月限定ギフトだそうです。なんと100セットのみの販売。
彩雲堂のHPを覗いてみましたが、それらしき商品見当たらず…。
伊勢丹とのコラボということでしょうか?

広告欄には、「牛舎のない大自然の牧場で、のんびり自由に暮らす丑のお乳で作った、白い羊羹と生菓子の詰め合わせ。牛乳の風味とやさしい味わいに思わず笑みがこぼれます。」
よ、あります。

そそられます。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM