ismfileget.jpg

横手焼きそば、実はご当地でいただいたことはありません。

ちょっぴりつゆだくで目玉焼きがトッピングされた、しかも、焼きそばの定番、紅ショウガではなくて福神漬けが添えられた、シロモノです。
いかがなものかと思っていました。

横手焼きそばは、富士宮焼きそば・上州太田焼きそばと並ぶ日本三大やきそばの一つなんだそうです。

戦後(1950年頃)、「元祖神谷焼きそば屋」の店主であった萩原安治氏が、地元の製麺業者と協力しながら作り上げたのが始まりで、1965年頃には、駄菓子屋などでも売られるようになったといいます。

地元で愛され育まれてきた横手やきそばは、2001年に、やきそば好きの横手市男性職員の一人が、やきそば提供店を食べ歩きをしてホームページを作り、これがマスコミに取り上げられブレイクしたそうてす。

このブームで、一気に横手やきそばで町おこしが始まり、B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」には第4回(2009年)ではゴールドグランプリ(優勝)を獲得しています。
私が、ハマった写真の「あつあつ亭」(横手市田中町)」は、焼きそばやお好み焼きで地元で評判の繁盛店だそうです。

それを、『十文字ラーメン』の林泉堂が商品化。特徴は茹でた太目のこだわりの中華麺とソースをカツオダシで延ばした特製和風ソースです。

作り方は、
豚肉・キャベツ・もやしを炒め、太めの中華麺を入れて、レシピ通りに特製和風ソースを半分入れて、ほぐしながら強火で炒め、つゆが無くなったら残りのソースを好みの味になるよう加減して入れ、焼きそば自体に汁気が少し残る程度に炒めます。

私は焼きそばには必ず入れる揚げ玉を火を止める少し前に投入し、ひと混ぜして仕上げます。
お皿に盛り、別のフライパンで焼いた半熟の目玉焼きを乗せ、福神漬けを添えて出来上がりです。
素朴でどこか懐かしいお味ですが、太めの麺が実にいい!

当分は、シマダヤではなく、これを扱う大丸ピーコックに、足を運びそうです。

あつあつ亭の横手焼そば 2食入は、楽天で購入できます。
あつあつ亭の横手焼きそば14食は、楽天で購入できます。



年に二回、コチラの方がお世話になっているのに、いつもお中元、お歳暮と頂き物をします。
毎年いただくのが、写真の 【丸山海苔店】 のお海苔です。
たぶん、もう12〜3年、いただいています。

ご存知ですか?
こちらのお店のお海苔。
ミシュランで三ツ星を獲得した、『すきやばし次郎』 さんを始め、寿司部門では、21件中12件がお得意さまなんですよ。

今年に入ってから、日本橋高島屋の 『味百選』 で見つけて「おお〜!」と思っていたのですが、2009年のミシュランランキングがされてから、その 『すきやばし次郎』 さんのお名前で丸山海苔店さんから商品化されているんです。

2008年秋には、サンジェルマン・デプレに、世界的建築家の隈研吾氏がデザインした日本茶専門店がオープンしたそうです。
とっても素敵!
お海苔だけでなく、最近は日本茶にも力を入れていらっしゃるようで、築地本願寺の斜め前にある喫茶と茶葉の店では、日本茶インストラクターと一緒にお好みの茶葉が選べるそうです。

最近は、こういった新しい試みが随分されているようで、海苔と云えば四切が定番ですが、丸山さん、上の写真のような新しいスタイルの商品も開発しています。

寿司屋さんに行って巻物を頼むと、開けたり締めたりする海苔の入った缶がありますよね。
その海苔専用の缶に手巻き用の半切の海苔が入っていて、ミニすしべら・すだれ・手巻きBOOK付で、なんだかとっても楽しい贈り物でした。

お味のほうは、これをいただいたら他がいただけなくなる…。ですよ。
ミシュランの星が付いたお店が選んだお海苔専門店ですから…。

丸山海苔店





信州で、今年初めて出会った野菜です。
その名を 【アイスプラント】 と言います。

『ソルトリーフ』、『バラフ』、『クリスタルリーフ』、『プッチーナ』、『ソルティーナ』 の名で商標登録がされていたり、販売されているそうです。

その名前からお察しいただけるかと思いますが、雫のような粒がきらきらと輝いています。
表皮に塩を隔離するための細胞があるため、表面が凍ったように見えることからその名がつけられたそうです。


食べてみると、レモンのような塩気を感じます。
プチプチした楽しい食感です。
食べ方としては、サラダ、野菜炒め、玉子焼き、八宝菜、カレー、シチューの具材とありますが、天然の塩気があるので焼き魚や肉料理の付け合せとしてもいただくのもいいかと思います。

フランスでは、料理の食材として注目されているんだそうです。
ヴィジュアル的にも美しいので、お皿の上でお洒落な演出ができそうです。

育てても楽しそうです。
エアープランツみたい…。



写真の土鍋、ごはんを炊く土鍋です。
我が家、これを使ってごはんを炊いていました。
過去形なのは何故かというと、2日前、パコっと真っ二つに割れてしまったからです。
十字にひびが入っていたので、危ないなぁ〜と思っていました。
それでも役目、果たしてくれていました。

購入した時は、『土鍋ごはん』 がまだ世間では一般的ではありませんでした。
日本橋三越に、『雑誌サライ』 のショップがあってそこへ行って購入しました。
宝石よりも鍋釜好きの私への主人からの誕生日プレゼントでした。

以来、ご飯好きの主人もウチのごはんは美味いと言って喜んでくれますし、今の住まいに引っ越す際も、IHではなく、ガスにしたのは、この土鍋でごはんを炊くためでした。

浸水20分、強火で12分、蒸らし10分。
この土鍋は内蓋がついているので、吹きこぼれる心配もなく、張り付いて様子をみていることもないんです。
火を点けて、後はタイマーがぴぴっと鳴ったら、火から降ろせばいいんです。

土鍋は、底を洗ってはいけないといいます。
けれど、底、お水につけていました。
けっこう手荒に扱っていました。
でも、12年ももちましたからから、義母や夫に、元は取ったと言われました。

けれど、長きにわたり愛用した品をなくすのはさみしいことです。

同じものを買うのはなんだか癪な感じがしますが、使い慣れたものって、やはりそれはそれなりの良さがあるわけで…。
ちょっと、浮気心もありますが、かんがえ中です。

ネットで同じもの見てみました。

楽天ですと、デパートで購入するのと同じ価格です。
なんだかネットで買うメリットがない…。
Yahooを見ると、同じもの?と、値段の安さもあって、少し不安です。
「お安いのを買って、底が抜けた」との書き込みが楽天の方にあったので、よ〜く捜して検討したいおと思います。


その姿を発見してから随分経つのですが、買ってみました 【みそ汁上手】 。

今までは、味噌こしなるもので、お味噌、溶いていましたが、単純な作業なくせして道具が大きくて、邪魔くさく、面倒だと思っていました。

半信半疑での購入でしたが、なかなかの優れものです。
収納も楽チン。片付けも簡単です。

購入した箱書きには、こうあります。

「今まで、味噌汁の味噌を入れるのは、結構手間なことでした。
この味噌上手は、必要な分だけ、手も汚れずに取れます。
そして、そのまま鍋のだしの中で、味噌を溶くことが出来る超優れものです。
また、オールステンレスですので、清潔で洗いやすくなっているのもありがたいです。
他にも、サラダのドレッシングやカクテルソースなどを混ぜる時にも、手ごろな大きさで混ぜやすくて便利な道具です。」

まさにこの通り、ちいちゃな泡だて器なので、撹拌するのにも使えます。

使い方は、味噌の容器に差込目盛りを合わせて、回しあげれば、指定の分量が計れます。
分量が調節できるので、失敗もなく、減塩にも役立ち、無駄もなく、エコですね。
そして、ソレを鍋に入れて混ぜればいいだけです。

半信半疑だったのは、この味噌が、水分を含むとそのまま落ちてしまうんじゃないかということでしたが、泡だて器を使う要領で振ると、味噌が、コロコロとまあるくちいちゃくなって次第に溶けていきます。

楽天で捜してみました。
一番お安いのは1200円。送料無料は5250円から。
二番目にお安いのは、1280円。送料無料は5250円ですが、こちらは、他にも生活雑貨が選べます。
三番目は1300円で、送料は佐川で630円です。
ご参考くださいませ。



日本テレビの朝の番組 『ズームイン・サタデー』 で紹介していた鍋が、美味しかったので、紹介いたします。
中華鍋とありますが、それほど中華っぽくなく、目先が変わった、なかなかのお味です。
2月の28日に紹介されてから、2回、いただきました。

【材料】
豚バラ肉点250g
白菜…1/2株
もやし…1/2袋
たまねぎ…1個
ザーサイ…にんにく大1個弱
プチトマト…1パック
しょうが…1かけ
塩…適宜
お酒…大さじ3
中華だしの素…大さじ1
オイスターソース…鍋に1まわし程度
〔仕上げ〕
ゴマ油…鍋に1まわし程度
春雨…〆用

【作り方】
1.鍋全体に、ざっくりと切った白菜を縦に敷き詰める。
2.敷き詰めた白菜の中に、まずは、たまねぎを詰めていく。
3.次にもやし、ザーサイ、しいたけ、しいたけ、しょうが、最後に豚バラ肉の順でお花のように詰めていく。
4.プチトマトを真ん中に入れる。(写真参照)
5.塩、中華だし、お酒を入れ、最後にオイスターソースを回しかける。
6.蓋をして火にかける。中火→弱火。(約20分)
7.全体に火が通ったら、最後にごま油を1まわしかけて、出来上がり。

レシピは、ほとんど変わりませんが、こうした方がベターを文中に入れました。
ザーサイは、塩抜きしてから使った方がいいです。
そのザーサイの塩気がありますので、塩は控えめくらいがいいと思います。

我が家は、27cm.外寸の土鍋で作りましたが、わずかに残る程度で、二人で大量の野菜、かなりいただけちゃいました。
分量は、多分4人分でしょうが、シメの春雨で、丁度の量でしょうか。

水分は、わずかな調味料を加えただけで、野菜から出た旨味たっぷりです。このスープで、春雨の代わりに冷ご飯で、猫まんまでも、かなりイケると思います。

だいぶ春めいて、鍋という感じではない今日ですが、たっぷり野菜が摂れるので、お奨めです。

シメの春雨は、残しておいたスープの中に入れ、ひと煮立ちすれば、完成です。

今朝、いただいたおせち料理です。

田舎での年越し、あり合わせの材料と器なので自慢できるものではないのですが…、
一年の幸せと健康を願って、最小限のものですが、頑張って、手づくりしました。

その中での工夫は、お椀の蓋を利用して、栗きんとんを盛りました。
黒豆はレンゲを器として盛り付けました。

【祝い箸】は、両端が細くなっていますが、それは、片方を『年神様』が使うという意味があるからだそうです。

お正月の用意は幸せをもたらす新年の神様『年神様』をお迎えするための様々なことがありますね。

ちなみに【祝い箸】は、元旦から、七日まで毎日使います。

【伊達巻】は『カステラ蒲鉾』が伊達者達が着ていた"どてら"に似ていることから、呼ばれるようになったそうです。

写真の【鬼す】をご存知ですか?
のり巻きを作る『巻きす』の親戚で、【伊達巻】を巻くための専用の道具です。

【伊達巻】を作り始めてから、コレを使って山形になるソレが楽しいことと、手作りの美味しさに感激し、毎年のおせち作りの欠かせないモノになりました。

作り方、簡単です!

まずオーブンを180℃に温め、【鬼す】に合わせて天板にオーブンシートを敷いておきます。

はんぺん大一枚をフードプロセッサ(ミキサーでもOK)で攪拌した後、一個ずつほぐしながら、卵を計6個加えては攪拌し、砂糖大さじ4、みりんカップ1/2、塩小さじ1/4をさらに加え、滑らかな卵液を作ります。

オーブンシートに卵液を流し、オーブンで約20分焼きます。
(上部が焦げやすいので、注意が必要です。)

焼きあがったら、焦げ目を下に【鬼す】にとり、オーブンシートを取り除きます。
続いて、包丁の背で2儡岾屬農く切れ目を入れ、固く絞った濡れ布巾を2分かけておきます。

鬼すの手前を持ち巻き込み、輪ゴムで止め、形を落ち着かせます。

この巻きモノを切り分ける瞬間、小さな快感です。(*^_^*)

ところで何故、【鬼す】と云うのでしょう?
『鬼おろし』というのも、何か共通した意味がありそうですね。

「年神様」は新年の神様。
「年神様」にお供えしたおせち料理は家族揃っていただき、一年間の幸せと健康を祈ります。

黒豆は、丈夫健康を意味する「まめ」という言葉にかけて健康長寿の願いと「まめ」に暮らせますようにという願いが、込められているということです。
私にとって、毎年作るおせちの中で外せないのがこの【黒豆】です。

一年に一度のことなので、こだわっていることは、その材料を選ぶことです。

今年選んだ黒豆は、写真の品。
仕上がりを左右しますから、やはり丹波の黒大豆が、良いように思っています。

丹波黒大豆というのは、国内でも良作適地が限られる標高発祥の大粒で美味な極晩生種の「丹波黒」という品種名の大豆(黒豆)だそうです。

職人さんが手選りで仕上げたお豆さんは、粒形、色合い、食感、粒の大きさに秀でた逸品だということです。

いいお豆を使えば、仕上がりも、間違いありません。

今回の品は【飛切】という10,7ミリの粒サイズ、粒形、鮮度水分率の基準に合格したこの"小田垣食品"の『飛びきり』につけられています。

辞書によると、『飛びきり』とは、程度が群を抜いていること。
とびぬけてすぐれていること。だそうですから、頼もしい〜!

さて、作り方ですが、よく洗った黒豆をボールに入れ、この袋の分量250gに対して、砂糖200g、醤油25mlを加え、上からたっぷりのお熱湯をかけ、一晩置きます。
粗っぽいでしょ。

翌日、鍋に移し、火にかけます。
煮立ってきたら、紙蓋をし、中火で、5〜6時間、豆が指で潰れるくらいまで煮ます。

途中、汁が減ったら、かぶるより少し多めの水を差します。

柔らかく煮えたら、紙蓋をしたまま一晩置いて出来上がりです。

ふっくらとしていても、やや堅めが私の好みです。
今回も、このお豆さんのおかげで、合格の仕上がりでした。(^_^)v



30日の日曜日、犬の散歩に、初めて、祖師谷公園に行きました。
紅葉を楽しみながらの散歩と、考えていたのですが、ちょっぴり早かったようです。
山茶花が咲いていたり、山梔子や夏蜜柑はが実をつけていたのですが、、イチョウやモミジはまだ色づいていませんでした。
この公園は都立の公園で、”公園へ行こう”というサイトで見つけた、ご近所の公園でしたが、仙川が中心に流れる、地元の方々が集まる公園でした。
公園から少しコースを外れたところを歩くと「神明社」という神社があり、農業祭が行われていました。
大勢の人がにぎわう中、地場の野菜や植木が売られていました。
そこで東京都世田谷区に江戸時代から伝わる「幻の大根」、【大蔵大根】に遭遇しました。

【大蔵大根】は、昭和40年代までは、世田谷の至る所で栽培されていたそうですが、昭和49年頃に病気に強く、栽培しやすい青首大根の普及にともない、姿を消してしまったそうです。
それは、人々が世田谷区内に移り住み、人口が増えることで、栽培面積は縮小されていき、そのわずかな土地で野菜を育てていくための効率から、葉が立ち上がっている収穫量の高い青首大根が栽培されたからだといいます。
【大蔵大根】の葉は、地面にそって広がっているため、同じ面積でも収穫量が少なく、手間もかかり、50cm以上に成長する大根ですから、栽培期間が2カ月以上と青首大根より時間がかかるのだそうです。

復活は平成9年。
区内の農家が一致団結して『世田谷ブランド野菜』として販売されるようになりました。
私もその復活の話を聞いて、出会いを求めていました。

【大蔵大根】の特徴は、根の上部から先端まで同じ太さの円筒形で、色は純白。
青首大根に比べて肉付きがよく、水分が少なく煮崩れしにくいため、「おでん」や「煮物」に最適な大根だそうです。
旬は、11月上旬からで、区内の農協直売場や各農家の庭先直売所で販売されているだけなので、市場に出回ることはないということです。

その大根を今日は、豚の角煮と煮付けました。
大根は、しっぽにいくほど辛味が強いので、上部は生食用にと下部から切ります。
本当に色白美人です。また、皮がみずみずしく柔らかいこと!
煮る時間も随分短いように感じました。
なかなかの歯ごたえがあります。
また、大根らしい辛味があります。

次回はサラダで食してみたいと思います。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM