三十三間堂の裏手にある『養源院』

やっと訪ねることができました。社寺はほとんどが拝観が4時位で終了していしまうため、前回この近くにいながら来ることができませんでした。

俵屋宗達の筆によるこの杉戸を見てみたい!これが一番の望みでした。

ところが想像以上の感動でした。

と、いうのも、こちらをご案内してくださった方の説明と熱意が伝わったからでもありました。

養源院は、1594年に浅井長政の長女・茶々(淀殿)が、父の菩提を弔うために、21回法要の時に夫である豊臣秀吉に願って創建した寺院です。寺号の「養源院」は、長政の法名から付けられました。
25年後の1619年に落雷にあい、寺院は焼失しますが、2代将軍徳川秀忠の正室となった三女・お江(法名:崇源院)によって再興され、現在の本堂はお江によって再建されたものだそうです。

こちらには、創建者の淀殿、再建者のお江の肖像画、そして日本史の教科書でよく目にする豊臣秀頼の肖像画があり、特に、お江はここでしか見ることができないそうです。

浅井家ゆかりの寺院であることもしることができました。

 

養源院は徳川家の菩提所となり、2代将軍秀忠から14代将軍家茂までの位牌が安置されています。

お江と秀忠の位牌は、「菊」「葵」「桐」。3つの紋を拝見できる寺院は日本でここだけだそうです。「菊」は天皇家の紋で、お江と秀忠の子、和子が後水尾天皇のもとに入内したことからつけられ、「葵」は歴代の位牌がまつられている徳川家の紋、「桐」は養源院を建立した豊臣家の紋ということになります。

 

境内のみどころは、当時無名だった江戸の絵師俵屋宗達が認められるきっかけとなった奇抜で斬新な『白象図』や『唐獅子図』。

これは正面から入ってきた時、出て行った時の工夫が凝らされています。

兵士の血痕や、元忠が自害した場所といわれる跡がくっきりと残されている『血天井』。

伏見城を守っていた武将・鳥居元忠を筆頭に残った兵士は「中の御殿」に集まって自刃し、伏見城は落城しました。

今の本堂は、伏見城の中の御殿から移築されたもので、元忠らの菩提を弔うため、床板は天井に上げられたそうです。

『うぐいす張りの廊下』は伝説の彫刻職人・左甚五郎の作品といわれています。

参道の紅葉は残念ながらわずかに染まるにとどまっていましたが、得たものは多かったです。


行ったであろう場所を訪ねてみる。また、再発見があります。そして、京都の春秋は、普段見れないものが拝見できる貴重な時期です。
世界遺産 御室【仁和寺】
御室とはこのあたりの地名だそうですが、御室と言えば仁和寺です。
このあたり、オムロンの創業地でもあるそうです。

神護寺の復路でもあったので、寄ってみることにしました。

仁王門には、

阿形、吽形の金剛力士像。
京都では珍しい道路に面した京都3大門のひとつだそうです。

『仁和寺御殿』といわれる御所風建築物が特長だそうです。

順路を歩いて行きます。

京都の社寺は本当に紅葉がよく合います。

手入れの行き届いた庭。五重塔が見せ所になっています。

高尾に比べると紅葉はかなり遅れています。

『霊明殿』
ご本尊の薬師如来像は仏像のなかでは日本一小さな国宝だそうです。

王朝の雅を偲ばせる宸殿と対照的なのが二つの庭園だそうです。

寺といえども門跡寺院。風格があります。

もみじの姿ありました!

やはり勅使門があります。他に薬医門、皇族門などが宸殿近くにあります。

宸殿をあとにして中門をくぐります。

浄心の参道を進むと、左手に春、洛中最後を飾る御室桜があります。樹高が低く遅咲きで”お多福桜”の愛称で親しまれています。

右手に五重塔。五重の屋根がほぼ同じ大きさなのだそうです。

阿弥陀三尊像をお祀りする建物は京都御所の紫宸殿(御所でもっとも格式の高い建物)を移築した国宝『金堂』。
仁和寺の最も重要なお堂だということです。

こちらで非公開を貫いてきた裏堂の壁画を拝見しました。
五大明王壁画は阿弥陀三尊の背面にあり、公開されるのは実に372年ぶりだそうです。見どころの説明もたいへん楽しゅうございました。

金堂の屋根。

このような繊細な装飾は見たことがありません。

こちらも特別公開の『経蔵』
内部には回転させるとそれだけで経典を読誦したのと同じ御利益が得られるという回転式の八角輪蔵が設けられています。
また、その輪蔵には一切経が収められている768の経箱が供えられています。

『金剛菩薩像』お花の菩薩像だそうです。
生け花御室流は仁和寺を創建された初代門跡、第59代宇多天皇を流祖と尊崇し伝承されている華道流派なのだそうです。

横にある霊宝館では、秋季公開のさまざまな仏の姿を拝見いたしました。
たいへん充実した時間が過ごせました。


西明寺から徒歩数10分、やっと着いたと思ったら、この先がまた長かった!

この茶店が中間地点。緋毛綫に紅葉が映えます!

さらにこの石段を進みます。

この険しい道のり。
来年はもっと辛くなるなぁ〜などと息切れしながら思いましたが、年配の方々、頑張っておられました。

『楼門』に到着です。

まだ先がありました。

右手にある

書院から右に歩みを進め、

金堂を目指します。

『金堂』
平安時代、応仁の乱とほとんどの堂塔を焼失した後、昭和10年にに昭和の名作といわれるこの金堂、多宝塔などが新築され、今日に至るそうです。

『多宝塔』

『閼伽井 』
仏様にお供えする水を閼伽(あか)と言い、弘法大師が自ら掘られたという井戸だそうです。

さあ、やってきました。
こちらに来て、達成したかったこと。
『かわらけ投げ』

このかわらけ(3枚200円)を谷底に向かって投げて厄除けをします。
風にのせて投げるって、とても難しく、撃沈でした。

神護寺は最澄、空海の活躍によって根本道場としての内容を築いていったそうですが、修行の場、山奥です。
やはりこちらでも倒木がかなりありました。

『大師堂』

本堂をのぞみます。

『五大堂』『明王堂』

さあ、下りも気をつけて降りましょう。

石段を降りた先のこの景色も本当に素晴らしかった!


槇ノ尾にある【西明寺】は、周山街道から清滝川を渡った対岸の山腹に位置するお寺で、周山街道沿いの高雄山神護寺、栂尾山高山寺とともに三尾の名刹として知られているそうです。

川の風景も魅力的です。

弘法大師の高弟 智泉が神護寺の別院として創建したと伝えられています。

本堂からの紅葉も素晴らしく、

さすがに三尾の名刹といわれるだけあると感じました。

現在の本堂は、

綱吉の生母桂昌院の寄進により再建されたものと言われているそうです。

境内はもみじに彩られています。

参道になる指月橋をあとにして、この先の神護寺に向かいます。

三尾(さんび)とは
栂尾(とがのお)=高山寺
槇尾(まきのお)=西明寺
高雄(高尾たかお)=神護寺


今年の秋は東京だけでなく季節が進むのが遅く紅葉が遅れているようでした。
夫の仕事の都合で決めた突然の京都旅行の最初の行き先は、そんな状況でしたので、少し奥のあたりを目指すことにしました。

紅葉のメッカ。三尾と呼ばれる高尾へ向かうことにします。まずは、栂尾(とがのお)でバスを降りました。

京都駅からJRバスで一時間。
シーズン中は臨時便もあるようですが、一時間に2本しかないバスです。
京都JRバス
駅前で、1日フリーパス(800円)を買い求め利用させていただきます。

バス停近くの入り口は、この坂を上がって行きます。

彩りがあるので、嬉しくなりました。

高台寺に到着です。

多少、ネットで情報を得ていましたが、先の台風の被害の影響で、観覧できる場所は制限されていました。
金堂や開山堂は残念ながら見れません。

しかし、国宝『石水院』は拝見できるとのこと。以前サントリー美術館で鳥獣戯画を観た際、この作品を所蔵しているお寺とはどんなところなのかと思っていたので、実際足を踏み入れることができたのは感激でした。

このいざない。

どきどきしました。

ここが『石水院』でした。

見事な眺めでした。鳥獣戯画はレプリカですが、展示がありました。
本物はやはり美術館でしか見れないようです。

回遊して茶室に向かいます。

秋だけの公開と聞いていましたが、復興祈念のためでもありました。

明恵上人700年遠忌に際し、当時の住職土宜覚了は境内の整備に力を尽し、その一環として、昭和6年(1931)に建立されたのが茶室遺香庵だそうです。

茶祖明恵上人の茶恩に酬い、その遺香を後世に伝えることを主旨、

高橋箒庵ら全国の茶道家100人の篤志によって完成。

数寄屋大工は3代目木村清兵衛、

作庭は小川治兵衛だそうです。

庭の最上部に位置する腰掛には香取秀真(ほずま)銘の梵鐘が掛かっています。
庭を見下ろすという構図はとても珍しいのだそうです。

遺香庵庭園は平成7年(1995)に京都市指定名勝と指定されています。

本来ならこの奥も拝見できるのですが、この状況です。仕方ありません。

高山寺は日本ではじめて茶が作られた場所だそうです。

栄西禅師が宋から持ち帰った茶の実を明恵につたえ、山内で植え育てたところ、修行の妨げとなる眠りを覚ます効果があるので衆僧にすすめたといいます。

中世以来、栂尾の茶を本茶、それ以外を非茶と呼び、現在も、5月中旬に茶摘みが行われているといいます。

明恵上人


いつも一緒だった兄弟を突然亡くして、寂しい気持ちになってしまった小梅。
茶豆を迎えるまでおもいっきり甘やかして育ててしまったからか?ちょっときむずかしやさんになってしまったけれど、そこがこのコのかわいいところでもあります。

犬柄って人柄と同じように、やっぱりお顔に出るような気がします。

今年は、お父ちゃんが新宿のデパ地下で買ってきてくれましたよ。
【ヴィタメール】のなめらかにとろけるクリームが自慢のいちごのケーキ、"フレーズ ド ヴィタメール"

お誕生日にラインできょうだい犬、ハナちゃんの写真が届きました!
元気な様子に大感激\(^_^)/
ハナちゃんは3.8kgの小粒ちゃん。
小梅は、食生活がいいもので…、ナイショにしておきます。

健康で元気が一番!楽しく過ごそうね。


大好きな野川公園。雑草たちはなんだか季節を間違えているみたいに青々としていました。

でも、イチョウはこの通りでした。


毎朝いただくパンですからときめきがなくなることがあります。
しかし、美味しい朝のパンをいただくと幸せな一日のはじまりにつながります。
値段は高いが、満足感に浸るのが、ジュエル ロブションのパン。
やっぱり、美味しいのだ!

"小倉デニッシュ"
デニッシュ生地が違います。

わらじ型を2連発。その1。

"サツマイモのクイニーアマン"
オリジナルなレイアウトは真骨頂。
だって、食べたい気持ちを誘います。

その2

"ポテトとチーズのフィユテ"
今、これにハマっています。
カリカリなロスティみたいなお味です。
他にも定番のカレーパンやクロワッサン、ヴィエノアをいただきますが、どれもやっぱり美味しいの。


今日は色々準備をして、産まれて初めてのお点前【茶通箱】をさせていただきました。
お稽古では先輩方のをごく稀に拝見しておりますが、わからないことを見て覚えるというのは、不可能に違いことです。

茶通箱は、箱の中に仕覆に入った茶入と、大津袋にくるんだ棗を入れて2種の濃茶をお客様に差し上げるお点前ですが、上級のお点前でなかなかさせていただくにいたりませんでした。
これから少しずつ上のお点前を教えていただこうと思っておりますが、なかなかハードルが高い!と、思っております。

床の花はツワブキ。
お軸は、時雨洗紅葉(しぐれこうようをあらう)
時雨が止んで陽が照ると美しい紅葉が益々美しくなります。
嫌なことや悲しみを乗り越え、洗い流したときにより一層、大きな人になれるという意味だそうです。

今年はなかなか錦秋とはなりませんが、そんなことの意味を持つ禅語を感じながら、照葉と秋雨を思う心が育まれれば少しは成長するのでしょうか?
ああ、修行が足りません_(^^;)ゞ


日曜日だからね、今日は芝生をお散歩するだけです。
でも、どこでも楽しいんですね。

山に来る時は、ワンコ中心になることを知ってますからみんなご機嫌です。

さぁ、今日はナイスなウィークエンドはここでおしまい。
またしばらくは来れないけど、今度は雪の時に来れるといいねー。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM