駒ヶ根ファームから道を渡って駒ヶ池へ。ちょうど同じ時期に来た時、クラフト市が開催されていた場所です。
年に一度、今年も6月の第一週土日に行われるようですが、この池から望める景色がこんなに素敵だなんて知りませんでした。

到着です。貸し切り状態の池。何があるのか?興味津々な後ろ姿です。

スタートはここから。緑豊かです。

美し過ぎる。

駒ヶ根らしい姿です。

やっぱり、パチリとしたくなるわけですね。

ここは穴場かもしれません。

初めての時は、雲っていました。

くらふてぃあ杜の市


今回駒ヶ根に行きたかったのはいつだったか?こちらに同じ頃来て、はじめてオオヤマレンゲを見たことを思い出したから…。
季節を愛でる オオヤマレンゲ

この辺りは空気感が蓼科とはまた違っていて、訪れるたび素敵なところだと感じます。まずは駒ヶ根ファーム前に車を停めます。

この先がこまくさ橋。

茶豆にとってはここもはじめて物語。
巨大なつり橋はどんな風に写るのか?

初のつり橋、茶豆、臆することなくでしたね。

右。

左と、こんな風景なんですがね。
しかも、高いし、揺れる。

橋の向こう側は、山野草園があったり、ビーチバレー場があったり、

スポーツやリクリエーションが楽しめる場所になっています。

満喫したので、戻りますが、

小梅さんも全く怖がることなく

ランしてました。

甘夏は今年初の入水。

こまくさ橋ウェブサイト


夜半に降った雨は早朝わずかに残っていましたが、素晴らしい快晴になりました。
今日は、茶豆はじめて物語。
霊犬早太郎伝説のある光前寺にやってきました。
仁王門でぱちり。難色を示していたお父ちゃんも、この季節の気持ち良さを思い出したようです。

はじめて来たのはいつだったでしょう?
10年前くらいでしょうか?
最近は観光バスも多く来るようになってしまいましたが、本当にいいお寺です。

光苔でも有名なのですが、緑豊かで、山野草も多く観られます。

山門でパチリ。
化け物退治で霊犬となった早太郎が祀られていますから、犬に優しいお寺です。

本堂に到着しました。一人ずつお参りさせていただきます。

本堂左脇にある延命水をいただきます。
私達はともかく、みんなに元気で長生きして欲しいのでね。

しかし、美しい!
八ヶ岳もですが、駒ヶ根も今、新緑です。

早太郎のお墓をお参りします。

歴史ある三重の塔と早太郎の銅像前でぱちり。

今回、好奇心大勢の茶豆はもちろんですが、11歳になったばかりの甘夏がとても活発で楽しそうでした。

私達も若葉の発する気持ち良さを満喫していまーす。

光前寺ウェブサイト

2010年 季節を愛でる 光前寺


東京での忙しなさをひととき忘れて八ヶ岳へ。やっぱり来て良かったぁ〜♪

この笑顔。

この走りっプリ。

嬉しい様子を目の当たりにすると、私達もホントにうれしい。

天気は週末、雨という予報だったんですがね。

明日の雨は朝止む予定となりました!

ヤッホー!!

夕方5時の八ヶ岳実践農業大学校芝生広場。貸し切り〜!と思ったはしっこにいた先客。
4ヶ月のゴールデンでした。
お名前はニコちゃん。気の向くままに走っていたなぁ〜。
ここはそんなところだもんね。


風炉のお稽古2回目。したっぱのワタシは、きほんのき、今日は運び点前の濃茶をさせていただきます。

風炉は柄杓の扱いが一番の見せ所、特に水を釜に入れた後の引き柄杓は、ピシッと決まると美しいものです。

濃茶の場合はこれが2回ありまして、そんなことも半年ぶりですと、あれ、どうだったかな?と、あやふやになります。

それだから今日はきほんのき、先生にはいつも運び点前が一番ごまかしがきかないお点前と云われてたくさん注意を受けます。

それを翌週はできるように心がけるのが目下の目標です。
地味ながら少しずつ身に付いてくれるのを願います。

濃茶は、抹茶が茶碗に入ると水を一勺水指から入れますが、真横からではなく、釜の耳の少し手前から入れるようにという御指南をいただきました。

また、茶碗に水や湯を注ぐ時、柄杓を持つ腕は脇につけ、注ぐ動作と同調して離していく、これがきちんと出来ているととても綺麗だそうです。

ひとつ、ひとつ、いつも注意を受けていることが身につくのは何時なのか?

そうそう、茶入れを拭くのももう少しゆっくりと、と、言われましたっけ、そして、帯の位置。

なかなか毎回完璧にできませんが、この出来ないという思いが、次はという気持ちにさせてくれることは否めません。
そして、本当にワタシ、お茶が好きなんですわ。

さて、今日はたくさんのお花が入れられました。
5月は花材が豊富な月だそうですが、手前からウスベニアオイ、キンシバイ、蕾のホタルブクロ、ムギ、笹のような葉はなんでしょう?数が増えるほどにまとまらないものですが、さすがです。
毎回、勉強になります。


パリ在住の日本人の方から写真のクレープ菓子をいただきました。
クレープは焼きたてを食べるもの、と思い込んでいましたが、やはりフランスではソウルフードでありますから身近なおやつを作ったわけですね。

こんな風に個別包装されていました。
今度成城石井で探してみよう!と、思っていましたら、昨日行ったコストコに違うメーカーのものがありました。
すでにママ達には浸透しているのかもです。

半分に切った断面。
フランスではポピュラーな赤チェックでお馴染みのボンママンのブルーベリージャムがサンドされていました。
コストコで販売されていたのはイチゴジャムのものでした。

もちろん、焼きたてのクレープのようにしっとり感はありませんが、これはなかなか良い!と思いました。


セントラルキッチンで作られているであろう成城石井のパンですが、我が家の朝パンの定番です。


この3種が入って、約400円
時計回りにアップルパイ。チョコデニッシュ。クランベリーツイスト。
全てミニサイズですが、朝食には適当なサイズです。

詳しくはこちら


話題のコストコ、行ってきました。
思いがけず病院の患者さん待ちが少なく、ずいぶん早く終わったのと、腰が少しいい具合になっていたので、楽しいことをして、脳に送られる痛みをより良くするために、行きたい!を実現させました。へへ。

でも、コストコ、不便なところにありますね。ましてや今日のワタシのように、電車で行くところではありません。
調べてみると、病院のある三軒茶屋からもっとも近いのは、川崎でしたが、川崎からはバス。
駅からも結構離れていましたが、バスを降りるとまもなくありました。

いつだったか?日本に上陸した年に行ったことはあったのです。
2003年の履歴が残っていました。
もちろんその時の会員証は無効、改めて入会し直しました。

しかしながら、登録に4,400円+消費税は高くないですか?
一回だけなら、会員の誰かについていくか?雑誌などのクーポンを利用するかという方法もあるようですが、アミューズメントとしてとらえることにしました。
到底元など取れるとは思えませんが、ネットであれこれみて、押さえておけというアイテムを探すことにしました。

しっかし、ご存知でしょうがこの通り、倉庫ですよね。

ウォーホルもびっくり。
キャンベルスープは、12缶で1,398円。これはお得ですね。

やっぱりうわさ通り、お肉やパン、お惣菜の売場はスゴかったです!
人気のプルコギ、試食しましたが、なかなかいいお味でした。

"ロテイサリーチキン"
これは、テレビで紹介していたのを見ていました。焼きたてで、ジューシィーで美味しそうだったので、晩ごはんにすることにしました。

軽く6人分はあります。
なんと、それが699円。嘘みたいなお値段です。
ブラジル産の鶏は下手したら国産より高かったりしますし、パサパサしているだろうという予想も打ち砕かれ、中まで、味付けがしっかり染みていて、とっても美味しいのでした。
我が家の夫は骨付きが苦手であまり召し上がらなかったですけど、その骨はいい出汁も取れるらしいです。

"コルビージャック" 838円
カリフォルニア州モントレーで生まれたアメリカンチーズの定番、マイルドな「モントレージャック」にコクと風味をもつ「コルビー」を加えたチーズ好きも満足のアメリカンチーズだそうです。

なんにでも使えるチーズで、小分けにして冷凍しておくのが良いらしいです。
チーズトーストやグラタンに活躍しそうです。800g強あります。

アンチョビ。698円
我が家、アヒージョとアンチョビパスタはヘビロテなので、このサイズでこのお値段、助かります。

"ラグジュアリーミニクロ"
798円
パンは皆さんテーブルロールをご購入のようですが、私は発酵バターで作られているというこのクロワッサンに惹かれました。
15個入り40円ちょっと。で、これ、かなり程度良いです。

"パンケーキ"24枚
木村屋698円
木村屋製に惹かれました。
他にあんぱんやカレーパンもありました。

"バラエティーフォカッチャ"
チーズオニオン、オリーブタイム、ローズマリータイムがそれぞれ2枚、計6枚入っています。
698円がクーポン使用で200円offでした。
コストコの達人は、こういうお得な商品をかわな損!とおっしゃっていたので、こうてみました。

次回は車で、元を取りに行きたいと思いまーす。

関東のコストコ


バルミューダのトースターを買ってから、クロワッサンを食べる頻度が上がっています。
特に、夫もロブションのクロワッサンは格別と思っているらしく良く買ってきてくれます。

クロワッサンは記事にしましたから、今日はその他です。

"4種のチーズのフォカッチャ"
なかなか濃厚な味わいで、確実にブルーチーズは入っています。クルミが入っているのがアクセントになっていてお酒のおつまみにもいけそうです。

"ポテトとチーズのフィユテ"

ロスティがパンにのっかっているようなパンです。
ポテト好きには琴線にふれるようです。

"ロブションのクリームパン"

人気のクリームパンはいただくとその訳がわかります。
クオリティの高いカスタードクリーム入りで、甘過ぎずサクサクとした生地も美味しいです。

"ベーコンエピ"

ロブションはバゲットも美味しいことで定評がありますが、やはりハード系はお得意なのです。

"カレーパン"

野菜たっぷりのキーマカレー、やっぱり手が込んでいるんですよね。

ロブションのクロワッサン


お散歩中、ニコニコ笑顔の甘夏ですが、このところ、なんだか頭が下がり気味ですし、雨の日はショートカットしたいとだだっ子になります。
なんだかさみしい…(ToT)

今日は犬の日。
そして、甘夏のバースデーです。

2年前、悲しい思い出のあるケーキになってしまったんですが、午前中に予約して午後に取りに行き、みんなで仲良くいただきました。
経堂の"ミラベル"さん、美味しいんです。

「いつまでも回りを幸せにしてくれる笑顔の甘夏でいてね。ハッピーバースデー!

甘夏 10歳


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM