初釜、今年は八王子での集いとなりました。
待ち合わせ場所の京王プラザホテルから車で約20分、そこはうかい亭の近くにありました。
【おうていあん】
お迎えの車を降りて、玄関を入ると滝。
末広の滝だそうです。

その横には寝殿造庭園が広がっていました。
お食事をいただくお部屋も見えます。
和風旅館のようです。

サンシュユ、咲きはじめたんですね。
設え、素敵です。

宴の床の間。
『迎春来客』と書かれていますでしょうか?

床の間横に生けられていた花。

このような取り合わせは花心あってのこと。

参考にしたいです。

寿の膳。

お席は畳のお部屋ですが、テーブルでした。

総勢19名。二グループに分かれました。

【初音の宴】
《八寸》は、たらば蟹の蕪奉書寿司 数の子 松笠くわい 千社塔味噌漬け 菜の花白酢和え 蕗の塔

初音とはその季節最初に聞こえる鳴き声で特にウグイスを指すといいますが『梅に鶯』

梅のあしらいも素敵です。

鶯啼庵という名の鶯(おう)の字はウグイスですね。

色絵のうぐいすには、春の訪れを思う菜の花が盛られていました。

扇面の形をした華やかな器。

《向附》でした。

旬の鮮魚盛り あしらい一式。

ことほぎに相応しい雅なお椀。

独楽塗りということでしょうか?良く回ることから人生が益々円滑に回りますようにとの願いを込めている縁起もの?

《煮物椀》

はまぐり潮仕立て 日の出大根 神馬草 木の芽

やはり、おめでたいお椀で潮もいいお味でした。

《焼物》鶯啼庵風ぶり大根
九条葱と柚子の香りを添えて
これに似たファアグラ大根 バルサミコソースのイタリアンをいただいたことがあります。
煮物のぶり大根を一皿に仕上げた自信作のように感じました。

《お凌ぎ》浅春の黄身酢掛け 車海老 子持昆布 貝柱 小蕪甘酢漬け 胡瓜

黄身酢、和のマヨネーズ、さっぱりと仕立てたいいお味でした。

《お食事》鯛の炊き込み御飯
香のもの 赤出汁

ごはん茶碗は鳥獣戯画ですね。

 

休憩所には魯山人の器の展示もありましたが、器使い、とても好みでした。

《水菓子》丸十の練りプディング雪化粧見立て 冬苺 揚げさつまいもを添えて

丸十、薩摩藩の家紋からお料理やさんではよくさつまいもを丸十といいますね。

皮を揚げたあしらいやお皿とデザートのバランスも素晴らしく、優雅な気持ちを存分に味わうことができました。

 

少しばかり足をのばすことになりますが、季節ごとに変わるメニューもいただいてみたいと思いました。

4名からですと送迎が利用できるようです。

 

懐石 八王子 鶯啼庵


原宿太田記念美術館に広景の浮世絵を観に行きました。その後立ち寄ったのがここ、
【ピンサ・デ・ローマ】

歌川広景

ローマピザの原形と言われるピンサの店です。
竹下通り1本ラフォーレ寄りの道沿いにあります。

質の含有量の多い良質な小麦粉、大豆粉、米粉の3種類の粉と水、塩、オリーブオイルだけを使用しているため、ピッツァより低カロリー。
120時間発酵させた生地は、柔らかな食感が自慢なのだとか。
ピンサ、ピザとはちょいと異なる食感でした。

左奥、イタリア産モルタデッラとピスタチオ
¥1,400
PONTICORVOモッツアレラチーズ、リコッタチーズ、イタリア産モルタデッラ、クラッシュピスタチオ。

ピンサ・デ・ローマ


新宿でランチ。前を通った時に、気になったお店を連れにリクエスト。
賛同してくれて願いが叶いました。
ランチですが、こちらデザートのお店です。
デザート5品のコースを予約してもらいました。

案内されたお席にはこんなメニューが置かれこれから運ばれてくる今だかつていただいたことのないデザート名と主な食材が記されていました。

テーブルに置かれたコットン。

お湯が注がれておしぼりになりました。

1つ目、"栗のスープ"
栗、コーヒー。

2つ目、"かぶのサラダ"
かぶ、タイベリー、しゅんぎく、リコッタクリーム。

これはもはや、アートですし、複雑なお味。
タイベリーで色つけしたかぶの中には真空調理したというリコッタクリーム。

このコースには飲み物が4つ付きます。
私達はノンアルコールをチョイス。
1つ目、ノンアルコール白ワインシャルドネ、アップルタイザー、ディルのドリンク。

デザート3つ目、"ゆずとココナッツのリゾット"
ココナッツミルク、バニラ、米、ゆず果汁、シナモンクランブル、ゆずマスタードソース。

酉年なので、巣をイメージしたの?とお給仕してくださる方に聞いてみましたが、どうやら違ったみたいです。
ライスがデザートという観念は、小豆が甘く煮てある外国人が感じる驚きのようなもの?
という感じでしょうか?
ミルクで煮たライス、まったく違和感ありませんでした。
ソフトな口当たりとカリカリの食感、塩味と甘味、苦味、様々な味が口の中に広がりました。

2つ目のドリンク"ルイボスブレンドティー"

デザート4つ目。"ごぼうとチョコレートトリュフ"
ごぼうカスタードクリーム、フライドディル。

チュイルに絞ってあるのがごぼうクリーム。
お皿にすりつけたのがチョコレートトリュフ、水玉はキャラメルです。

3つ目のドリンク"マンゴージュース&ほうじ茶、生姜"
ピンクペッパー、効果的でした。

5つ目"ストロベリーブラックフォレスト"
いちごのベルモットマリネ、ミルクチョコレート、チョコレートスポンジ、セミドライチェリー。
見た目に一番分かりやすいかな?と思いましたがキュートなルックスにしてはリキュールの香りが漂って、メニュー名からさ迷う森がイメージに浮かびました。

最後のドリンク"パナマ・エリダ農園・レッドカトゥアイ/ナチュラル"

まったく新しい形のデザートとの出逢い。楽しかったですね。
ケーキと違って形の中でなくお皿の上での表現。斬新でした。

ジャニス・ウォン


経堂で洋食、何店かあります。
洋食って永遠ですよね。
日本が作り出した食文化、本当に恐れ入ります。
ハンバーグ、チキンソテー、グラタン、ドリア、コロッケなんかの揚げ物もこのカテゴリですよね。
無情に食べたくなりますし、大好きなので、この間行った【ウルトラ】に向かいましたらお休みでした。
そんな時、夫が以前イタリアンだったお店が洋食屋さんになったというので行ってみました。
ランチもあるし、1度はいただいてみたいので私が即決。
また、ハンバーグですが、デミグラスソース、濃厚でごはんが進みました。

サラダ付き、見た目の彩りに惹かれます。

デザートが付きます。
(一口食べてしまいました(´-ω-`))
クリーミーなパンナコッタでした。

ランチ、こんな内容です。
ちとかライスも気になります。

はしぐち亭


夫の今年のお誕生日、中華のリクエストをいただきました。
最近、外食はほとんどしないのでどこがいいのやらわかりません。
そこでやっぱり頼りになるのはインターネットな訳ですが、
老舗、ヌーベルシノワ、ミシュランの星のついた店など、人気店でチョイスを頼まれた私のお腹を刺激してくれそうな何軒かをラインで送り、最終ジャッジを夫に任せました。

何が彼の琴線にふれたのかわかりませんが、鯱張らないカジュアルさが気に入ったのか?NO.1が今回行った広尾の中華香彩【ジャスミン】さんでした。

人気店ということでしたから週末の予約はネットで見るとアウトでしたが、ダメ元で電話すると、ランチタイムだったら大丈夫とのこと。
アラカルトも可能とのことだったので、予約させていただきました。

ところが当日時間に行ってみると、私の名前で予約が入っていないと言われ、また中目黒店ではないですか?と、も。
私の方もこのところいろんなことが怪しいので、あれ、やっちゃったかな?という感じでしたし、中目黒店があることも知らなかったのですが、結局お席は取っていただけました。

その後私も色々思い出し、ホームページから予約専用電話を利用してかけたことや履歴も確認しているうちに、お店側も名字の聞き間違いをしていたことが判明して、ひとまずは私の面目躍如はできたのですが、
電話口で週末は大丈夫なはずのランチでのアラカルトはお断りしていると云われ、なんだか一悶着有りのお誕生日会のプロローグでした。

けれど、お店の方が真摯な態度で対応してくださったのと、
お願いしたランチコースがほとんどのお料理をちょっとずついただける充実のメニューで、しかもとってもお得なお値段だったので、結果的にはとってもいいエピローグでした。
ってなことで、紹介します。

季節の贅沢ランチコースの前菜。
ジャスミン名物"よだれ鶏"が入った季節の口福前菜4種。
よだれ鶏は左奥です。
真ん中の秋刀魚の燻製は、あしらい大根の酢漬けもいいコンビネーションでした。

"自家製点心2種"
餃子は、食べるラー油のような揚ピーナツの入ったよだれ鶏のたれを利用します。
具だくさんで、たれともいい相性でした。
蒸籠に入った海老焼売は、大きなぷりぷりの海老が入っていて食べごたえもありました。

"海鮮入り黒酢風味のサンラータン"
酸辣湯、ポピュラーになりましたが、ジャスミン製はスープというより一品料理な印象でした。

"海鮮と旬の彩り野菜、隠岐塩の強火炒め"
絶妙な感じで火が入っていて、旬の中国野菜も美味でした。

"国産豚肉と根菜の特製黒酢酢豚"
夫が切望した酢豚。山芋と薩摩芋入り。
パンチがありました。
添えられたマッシュポテト、気を入りました。

選べるお食事は二種からチョイスできますが、白湯麺ではなく二人とも
"本格四川麻婆豆腐とご飯"を選びました。
汁なし、ごろり肉、ビリリと痺れる山椒、〆のご飯、ボリューミーで印象的でした。

デザートはココナツ団子とほんか豆の杏仁豆腐。
お腹一杯すぎて、写真、撮り忘れたようです(>_<)

これにお好きなドリンクも付いています。
ワイン、ビール、白桃ジュースなどなど。
中華香彩 JASMINE

ちなみに《よだれ鶏》とは、四川省でよく食べられている中華料理で、その名の通り「よだれが出る」ほど美味しいという意味で、
中国では「口水鶏」と書き、
中国・四川省出身の文筆家が、著書のなかで「その美味しさを想像しただけで、よだれが出てしまう」と書いたことからその名がついたとされているそうです。


来週、中華を食べに行きます。
なので、なぜか、中華が気になるのですね。
とっても久し振りに我が街経堂の【彩雲瑞】さんへ伺いました。
ランチ、しているかもわからずに向かいました。
けれど、やっておられました。
運良く入れました。

月替わりのランチ、1時近くになっていたので、麺が終わりと言われました。

写真は"鶏とカシューナッツ炒め"
彩りも良くいいお味。

こちらのイチオシ"麻婆豆腐"
四川風で、ラー油の中に豆腐があるような辛さです。
ごはんが進みます。
一品料理は、ごはん、スープ、一皿がつきます。すべて1,000円なり。

"かた焼きそば"
最後の二皿の一皿GET!
太麺で、食べごたえがあります。

2008 彩雲瑞


ちょっぴりぼろっちくても、昭和の味、日本の洋食を味わうなら良しとすることがあります。
経堂【デリス】はそんな店、
左隣はやっぱりよく利用する洋食もある定食屋さん【さかもと】
右隣はイタリアン【ルプロット】があります。

写真はポークソテー。
セットには付け合わせの温野菜の他、サラダ、スープ、ごはんが付いています。

スープはお味噌汁なのがまた昭和感あります。

お肉柔らかく、焼き加減もgoodでトマト味のソースもよくあっています。

ガーリックステーキ150g。
このボリュームでお値段が優しい。
フライドポテトは王道ですが、付け合わせがポークソテーと違うのも嬉しい心遣いです。

お店、どこか谷中にある【カヤバ珈琲】に似ています。

カヤバ珈琲

コルティ裏、駅からも近いです。

デリス


経堂で外食。
なにやら夫が調べていて、珍しくオシャレなお店を提案してくれました。
ならば、と、その提案に乗っかりましたお店は、ピーコック前の本町通りを少し歩いた地下一階。
手作りのヴルストドイツ料理の店
【インゴビンゴ】

ドイツといえばビールですが、私はいける口ではないので、軽い口当たりでフルーティーな味わいのピルスナーをお願いします。300ml。
"パウラーナーヘーフェヴァイス"
ドイツNo.1の生ビールだそうです。

夫はビターな味わいの500ml。
奥のビアジョッキをグビグビ。
"ブロウチェクラガー"というチェコの北部に醸造所があるボヘミアピルスナーを頼みましたが、日本のものとはずいぶん違う味わいでした。

気候風土を感じて味わうと、異国の地を旅した気分にもさせてくれますね〜。

ソーセージもドイツ料理もよくわからないので、ご自慢がいただけるであろう夏のオススメメニューをお願いすることにしました。

前菜の盛り合わせ4種。
サラダ。冷製ソーセージ。今日はスペシャルのアンガス牛のビール煮コンビーフ。クラッカー付き。
左手前の"ブレスサック"とは、豚カシラ肉とピクルスのゼリー寄せのことだそうですが、見た目ハムでも、コレもソーセージです。
ドレッシングを付けていただくのがオススメとかでした。
コンビーフも山盛りで味も良し。
前菜、すべてはなまるでした。

お馴染みのプレッツェル。
岩塩の辛さでおつまみとしてもいただけます。
パンは3種。全て自家製だそうです。
ドイツパンもやはり独特。
ヴルストありきの粉ものなのかしら?

コースター。
いいですね。ドイツ、ミュンヘン郊外でも修行をされたというオーナーのこだわり、感じます。
カウンターは、ビールサーバーが陶磁器製で、ドイツ気分を味わいたい方にはこちらがお薦めのようです。

夏のおすすめソーセージ3種。
"ツヴィーベルチェバブチチ"
玉ねぎの入り粗挽きソーセージ。
"ヴィナーヴルスト"
プレーンな絹挽きソーセージ。
"シュヴァインヴルスト"
粗挽き肉入り白いソーセージ。

ザウアークラウトはブイヨン仕立てとかで、
先日立ち寄った西荻窪のもくもくのと比べると酸味が柔らかく食べやすかったです。
ソーセージ、意外にボリューミーですね。
なんとなく三度の飯のおかずの意識が弱かったのですが、美味しかったですしお腹がいっぱいになりました。

プラス500円でお願いできた"ケーゼシュペッツレ"
こちらも手作りだそうですが、チーズをたっぷり使ったクリームソースのショートパスタ。
これで、お腹は12分目になりました。

コースの〆は、アイスケーキ。
3種から選べるおつまみにも変更可能なのですが、木の実やドライフルーツの入った懐かしい感じのするデザートで良かったです。

店内、カウンターの他、テーブル席が20客ほどかと思いますが、平日にも関わらず適当にお客様が出入りしていました。
 
ドイツは言葉も難しいですし、ヨーロッパの中で、景色、文化、音楽、独立した雰囲気があり、個性的な国だという印象ですし、お料理として確立した感はまだまだ日本では薄いので、ビール好き、ドイツ好き、インテリさんが集まるところ?
いずれにしろ、お店に魅力を感じて人が集まるように思いました。

インゴビンゴ


友人と待ち合わせ。
北鎌倉【鉢の木】は精進料理のお店です。

有り難いことに今日はしのぎやすい天候でしたが、こういうしつらいは、夏に涼を感じます。
店内は、畳にテーブル席。落ち着いた雰囲気で、ゆったりしたランチタイムが過ごせます。

お食事は事前予約。
"桂"をお願いしていました。
茗荷棒寿司、鬼灯(ほおずき)トマト、生ゆば寒天酢、気に入りました。
すべて植物性ですが、お味つけ、とてもしっかりとしていました。

先付、前菜、煮物、段付、小付が終わりますと、
そばの実の入った賀茂なすのオランダ煮の温物。

飯、汁物、香物。

生麩しぐれ煮が添えられていましたが、アサリと言われてもわからないほどで御飯が進みました。

桂の〆は、水菓子。洋梨のコンポート寒天寄せ
懐かしい雑味のない味わいの1品で、精進料理がからだにやさしいことをあらためて思いました。

こちらは延命袱紗湯葉(えんめいふくさあげ)
数種の具を半生の湯葉で包み、かんぴょうで結んで揚げたオススメのお品。
これは別注文ですがお持ち帰りはNGなので、召し上がること、私からもお薦めいたします。
天つゆだしがはってあります。

入ってすぐのテーブル席は予約なしでも大丈夫そうですし、お隣の会席料理、建長寺近くのカフェは気軽に立ち寄れそうですが、
久しぶりの精進料理、堪能いたしました。

北鎌倉 鉢の木


我が町経堂で外食となると、だいたいがうなぎか焼肉が定番です。
我が家から徒歩1分。
経堂駅からも2分ほどですか?
もちろん出前もしてくださいますが、
小田急線沿線に住む方はわざわざいらしているようです。
経堂では名店と言えますか…。

基本、丼ものは私の満腹神経を満たしてくれないので、お重の大きさには不満なのですが、
うなぎという日本の食文化は唯一無二ですし、やっばり美味しいなぁ〜。

土用の丑の日の前にいただきました。
夏にいただくと、やはりスタミナ源になるような気がします。

【寿恵川】食べログ


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM