9月8日は、白露でした。
二十四節気の一つ。
秋分の十五日前。

このころから朝晩暑さが収まり、夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿るようになることから名付けられたと言います。

午前9時の野川公園。
朝露も秋の気配も感じることができます。
秋の風物詩"彼岸花"
早々に出会っちゃいました♪

こちらが王道、赤の曼珠沙華。
英名 スパイダーリリー。
この花を見かけると、紅葉を意識するようになります。

街路樹で見かける百日紅(サルスベリ)

白粉花(オシロイバナ)

こちらも最近ではポピュラーになりました。
ピンクより先に咲く黄花秋桜(キバナコスモス)

茄子の花に似ているちょっと可哀想な名前の
"悪茄子(ワルナスビ)"

"紅花現の証拠(ベニバナゲンノショウコ)"

"サワシロギク"?

"蔓穂(ツルボ)"

"花水木"

ドングリ、見つけました!

そして、秋の味覚、栗。


イワタバコ@尾白川渓谷

くちびる型の花だけれどヒメジソでもないみたい?
ヤナギタデ?
@尾白川渓谷

キンミズヒキ@八ヶ岳森の小径

タチギボウシ@八ヶ岳森の小径

ヒメリンゴ@長門牧場

カナブン@八ヶ岳中央高原

エゾムラサキ@八ヶ岳自然教育園

スズラン型の花ですがツリガネの仲間でしょうか?
@八ヶ岳自然教育園

ボタンヅル@八ヶ岳自然教育園

ヤマボウシ@八ヶ岳自然教育園

クリ@女神湖

ナンバンハコベ?@蓼科中央高原

ススキや赤トンボもいて、そろそろ秋の気配の八ヶ岳。
次は彩りの木々や実りを写真に収めたいと思います。


朝だけの一日花。アサガオ。
奥の方角には、アメリカンデイゴ、ヒマワリの姿もありましたっけ。
夏らしいと思う花は、色も姿も艶やかで力があります。

先日お茶のお稽古の時、生徒さんが持って来られて知った "藪ミョウガ"

可憐なお花。
葉っぱはまさしくミョウガです。

お馴染みの"ツユクサ"ですけど、
コレのお仲間が染色の下書きに使われる染料になると知った時からなにやらトキメキを感じる山野草です。

"タデ"
こちらも、よく出向く蓼科の蓼なので、見つけると胸きゅん♪

"メドーセージ"

そう言えば赤と白のコントラストが面白いこのくちびる型の"ホットリップス"
これもセージの1品種なんですね〜。
わが家の近くで7月初旬見つけた園芸種。

"カタバミ"
ちいちゃな頃から親しんでいるクローバー。

"ミズヒキ"
これが慶弔のあの水引?と知ったのは何時だったか?
紅白に見える花序が水引に似ていることに由来する。
タデ科イヌタデ属。


7月初旬@大滝湧水公園
ユキノシタ
葉っぱは食用できて天ぷらにして食べたことがありますが、お花はこんなに個性的!
大滝神社の湧水の滝の側壁に群生していました。

7月初旬@蓼科中央高原
ウツボグサ
くちびる型の花。

紫色はよく見かけます。
@自然文化園遊歩道

7月初旬@自然文化園からの遊歩道。
トリアシショウマ
鳥の足のようなショウマだからその名が付いた。

7月初旬@自然文化園の遊歩道
ナワシロイチゴ
苞が開くと星形のガクになって、中に紫色した袋状のものはほおづきのようです。

7月初旬@蓼科中央高原
クサフジ

7月初旬@蓼科中央高原
我が家の裏で見つけましたが名前が不明。

地面に近いところで生育、かぼちゃやキュウリの花のようにも見えますが、大きさはやまぶき位ありました。


7月初旬@自然文化園
ウツギ

トップの写真のユキノシタと同じ科なのだそうです。

7月初旬@自然文化園
セリ科の何か?センキュウ

7月中旬@岳麓公園
ヒヨドリ?

7月中旬@自然文化園の遊歩道
マツヨイグサ

7月中旬@自然文化園の遊歩道
ダイコンソウ

7月中旬@自然文化園の遊歩道
アカバナシモツケ

7月中旬@自然文化園の遊歩道
キリンソウ

7月中旬@八ヶ岳中央農業実践大学校
ネジバナ

7月中旬@自然文化園の遊歩道
ハルジオン

7月中旬@まるやち湖
アカツメクサ

牧草として知られていますが、乾燥した草をガラスや機械類のパッキンとして使われたことから和名の詰草がついたらしいです。

別名はクローバー。

7月中旬@まるやち湖
オカトラノオ


お稽古の茶花が木槿であったことと、茶道の本をチラ見した際に見かけた言葉があったので、先生に質問をしました。
「利休木槿という品種はあるのですか?」と、
先生は、知らないと仰いましたが、庭花をいつもお持ちになる先輩は、
「宗旦木槿というのはあるわよ」
と、教えてくださいました。

先生は、原色茶花図鑑を託してくださいましたので調べてみると、【宗旦木槿】はありましたが、【利休木槿】はありませんでした。

その夜、【利休木槿】をググりましたところ、利休の愛花は椿であり、
山本一力作『利休にたずねよ』で木槿やチマチョゴリを登場させ、韓国との関わりを描いたことに、それは違うだろとの書き込みを幾つか見つけました。

韓国を旅したことで、木槿が韓国の国花と知りましたが、日本に入ってきたのは奈良時代で、利休が茶花に使ったことはあったのだと想像しますが、【利休木槿】という品種はないようです。



確かに本の表紙にも選ばれるということは、ただならぬアイテムですか?


宗旦は、利休の孫にあたるのだそうですが、利休流のわび茶の普及に努めたそうで、この際、豊臣秀吉が利休から召し上げた茶道具を宗旦を名指しして返したことから、伯父の道安ではなく宗旦が利休の後継者と目されるようになったとも言われているお方でございます。

毎年11月19日には宗旦忌が営まれる千家中興の祖ですが、
晩年に建てた一畳台目(約2畳の広さ)の茶室は、侘び茶の精神を表した究極の茶室とされていて、
現代まで続いている「三千家」は、
勘当された宗拙を除く3人の息子がそれぞれ
武者小路千家(次男:一翁宗守)、
表千家(三男:江岑宗左)、
裏千家(四男:仙叟宗室)を興しております。

数ある木槿の中でも宗旦が愛でたことから名付けられたのが【宗旦木槿】。
白色に底紅(そこべに)のムクを茶人の間では第一に上げられ好まれているそうですが、
茶花としての木槿は冬の椿に対して夏の木槿と云われるほどなんだとか…。

何ゆえに…、
木槿は明け方に咲き 夕べにしぼんで
「槿花一朝の夢」を具現していてそれが
「侘び」を求める茶の湯の世界に合致しているからです(原色茶道大事典より)


今日6月30日は、茅の輪をくぐって半年の穢れを祓う神事の夏越の祓(なごしのはらえ)の日です。

経験したことがあるのですが、
それは神の国に産まれたことを意識する行事ですよ。

夏越の祓@赤坂氷川神社

昨日姑と話していると、一駅手前の豪徳寺の世田谷八幡で、その行事があって参加することを知りました。
毎朝脇を通っているのに、知りませんでした。今朝、茅の輪があること拝見、参拝してきました。

そして明日7月1日は、半夏生(はんげしょう)です。
夏至から数えて11日目の日。
田植えの目安とされて、この頃までには田植えを終えるべきとされていたのだとか…。

写真は半夏生といわれる植物の写真。
花期に葉が白くなるのは、虫媒花であるために虫を誘う必要からこのように進化したのではないか、といわれているそうですが、緑と共生する姿、目立ちます。
烏柄杓(からすびしゃく)片白草(かたしろぐさ)と別名もありますが、その頃に花が咲くことから半夏生の名が付いたと言われているそうです。

また、この日に降る雨を半夏雨(はんげあめ)と言い、この雨が降ると大雨が続くと信じられていたそうですが、
明日は雨降りではないようです。
水不足、気がかりです。

半夏生に食べる行事食というのがあって、近畿地方の一部地域ではタコを食べるそうで「稲の根がタコの足のように四方八方にしっかりと根付くように」というような願いが込められていたということです。

他にも香川ではうどん。
福井県大野市では、焼きサバ。
長野県小川村では芋汁。
ほとんどが、農作業の労を労ってということのようですが、二十四節気七十二候。
日本の慣習を知って季節を愛でる、花を愛でるのもなかなか乙なものでございます。

二十四節気七十二候


お稽古の茶花に使われていた花【木槿】
あちこちで見られるようになりました。
この日訪ねた中村つねアトリエでも、白いムクゲが咲いていました。

蕾の美しさはお茶の先生が教えてくださいましたが、葉の形も魅力的な花です。

朝方3時頃に開花した花は夕方にはしぼんでしまう、「一日花」で、
「槿花一朝(きんかいっちょう)の夢」
(人の世ははかない、の意)に例えられているとかですが、
強い木で、枝を切って地面に刺しておくといつの間にか根づくということですし、
次々に別の花が咲くので、
韓国では
国の繁栄を意味する花として国花になっているのではないでしょうか?

夏の茶花としても欠かせない花ですが、
アオイやハイビスカスのお仲間です。


夕方のお散歩先、原村の自然文化園の散歩道、東京ではもう姿のないオダマキの花を見かけました。
山ではあまり見たことがないので、どこからか種が飛んで咲いた園芸種の花かと思っていました。

【キバナヤマオダマキ】という名で山野草でした。

釣鐘形がなんとも可憐。
ツートンカラーというのも惹かれる理由です。

よーく見ると、ホタルブクロにガクが付いたみたいなお花の形。
丈は結構ありますね。

今回、農大からの散歩道では、アヤメ。

コンフリー。
これは山野草とは言えないかしら?

湿地に咲いていた小さな花。
写真で見ると、バンマツリような花ですが、小花です。
調べてみましたが、名前がわかりません。

ノコギリソウ。
コデマリに似ていますね。

ヤマアジサイ。
水無月を象徴する花ですが、ヤマアジサイは改良種と違って原始的な佇まい。山の風景や空気にしっくりくるなと感じます。

今回あちらこちらで見かけたヤマボウシ。
我が家のピンクのヤマボウシも満開でした。
ヤマアジサイと同じく、瑞々しく色が鮮明です。

女神湖で出逢ったミヤマウグイスカズラの赤い実。

マムシグサ。
この姿を見かけると、山にいることをとっても感じます。

もう一丁、こちらは紫色をしています。
厳密には色々名前がついていますが、テンナンショウとも言います。
秋に熟す橙色から赤色に色づく果実が不気味で、この風情から変身する面白さが印象的です。

ズミ?高木なのでそうかと思いましたけど、季節が遅すぎます。
写真を良く見ましたら、ノイバラのようです。
小ぶりですが、薔薇の原種の姿です。

とにかく、6月の八ヶ岳は美しい季節なのでした。


少し前東慶寺に行った時にも見かけて名前がわからなかった花。
ようやく探し出しました。

ノハカタカラクサという名だそうですが、
別名 常盤露草(トキワツユクサ)の方が覚えやすそうです。

南アメリカ原産で、日本には昭和初期に観賞用として持ち込まれ、帰化植物として野生化していて、
外来生物法により要注意外来生物に指定されているんだそうです。

白い花弁の三角形の花。
ビヨウヤナギのようにおしべがいっぱいで、天使の羽根みたいで、可憐なイメージなのに、
これはちょっと、問題ですね。

特徴は、
やや湿っている日陰や水辺に生え、群落を形成するんだそうです。
確かに、【等々力渓谷】で群生していました。

詳しくはこちら


新宿副都心を歩いていたら、先日この時期の大好きな花として写真掲載したキンシバイの親戚が咲いていました。

たくさんのオシベが突き出しているのが特徴で、葉は、細長い笹の葉型で葉先は鋭三角形です。

名前の由来は、
金色の花と長い花糸(オシベ)が目を引き、花が美しいので"美容"。葉が"柳"の葉に似ていることからのようです。

もう1つは、中国の唐の時代の玄宗と楊貴妃との愛と悲しみを綴った長編叙事詩「長恨歌(ちょうごんか)」にある
「太液の芙蓉、未央の柳」から「未央の柳」から「ビヨウヤナギ」となったという説もあるそうです。

こちらは日曜日に犬の散歩時に撮った錦糸梅(キンシバイ)
鮮やかな黄色は、梅雨時の雨に映えて気分を明るくしてくれます。

名の由来は、黄色のおしべを"金の糸"5弁の花を"梅"にたとえたと云われているそうです。

上のビヨウヤナギと同じオトギリソウ科ですが、学名にピペリカムとついていたので調べてみました。
フラワーアレンジで良く使う赤い実のピペリカム。
お仲間だったのですね。知りませんでした。

◆ピペリカム◆


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM