目白に用事がありました。
行先、マップで検索していました。
目白通りを駅を出て左にまっすぐ歩いて行く目的地。地図上のちょうど左に曲がる手前に【エーグルドゥース】という標示がありました。
「聞いたことがあるけどなんだっけ?」
そんな感じで当日、ひたすら歩いていましたら、私の知っている豊島区目白は新宿区上落合になりました。
目的地の目印を見つけると、まるでパリの風景が目に飛び込んできました。

「おお、エーグルドゥースね♪」
すぐに横断して、店内に入ると、たくさんの生菓子、焼き菓子が並んでいて、テンションが上がりました。

【エーグルドゥース】
ノーチェックでしたが、アジアで5人しかいないという「デセール」の称号を持っているパティシエが営むパティスリーなんですね。
そしてそのパティシエ寺井氏は、四ッ谷の【オテルドミクニ】でグランパティシエをされていた方だそうです。
そりゃ人気なはずです。

"シャンティ・フレーズ"
フランス菓子にはショートケーキはありませんが、
in japanではなくてはならない存在です。
そのショートケーキを、フランス菓子に昇華させたという、お店でも人気の品。
夫の永遠のケーキの王様でもあるのでおさえます。

焼き菓子の種類も豊富で、ボストックやショーソンポムなど惹かれるものばかりですが、生菓子も20種類ほどあったように思います。
何にするか悩みました。

さて、苺のショートケーキ、やはりただ者ではありませんでした。
断面を見ますと普通の構成ですが、ジェノワーズにシロップの他、ジャムかにピュレが使われているようです。
姿もちょっと違いますよね、エレガントです♪

お味、濃厚です。
クリームは、最近ふわふわに感化されていたので、かっちりしていて刺激的でした。
苺も甘さを引き立てる技が施されています。

"ミロワールカシス"
ヴィジュアルの良さと細かい仕事に惹かれて選びました。

赤い鮮やかなケーキは、苺だけではなくなりました。
ムースに仕立てるならカシスの方が艶やかです。
カシスの果実味がレモンのパンナコッタと相まって素晴らしい仕上がりです。

濃厚なフランス料理をいただいた後にこんな爽やかだけれどお料理に負けないデセールが運ばれてきたら、もうあっぱれという言葉しかありません。

"アルメリア"という名で
チョコレートムースとヘーゼルナッツのケーキがあるようなんですが、こちらはキャラメル味。
名前はわかりません。

グランマニエが口の中でフワッと広がってクレープシュゼットをイメージしました。
オレンジ風味がかなりビターな仕上がりで、大人の味に仕立ててあります。

【エーグル ドゥース】

〒161-0033 東京都新宿区下落合3−22−13
03-5988-0330


パリジャンやパリジェンヌだけでなく日本人もローズベーカリーが大好きですが、
日本に来られる海外のお客さまも、ローズベーカリーがお好きなようですね。
新宿伊勢丹には流暢な英語で応対するバイリンガル店員さんがいらっしゃいました。

キャロットケーキは数々あれど、やはりローズベーカリーのキャロットケーキは特別ですか?
それは、パリっコ達に支持を受けたオーガニックの美味しさがホンモノだからなのでしょうか?

なんだかわからないけれど、しばらくぶり、ローズベーカリーのキャロットケーキを食べたくなりました。

私が知っているローズベーカリーは、丸ノ内のコム・デ・ギャルソンなのですが、
今、あのエリアは、ギンザコマツにあるのですね。
しかも、カフェが人気だとか…。

今回買い求めた伊勢丹にもカフェがあっていつもいっぱいですが、
ちっちゃくて落ち着かない場所なのに人気なのは、たくさんあるベイク、食べたくなるから?な感じがしました。

以前より、メニュー増えましたか?
ローズさんの故郷であるイギリスのビクトリアケーキや定番スコーン、パウンドケーキは数種類、ポピーシードやデイツを使ったもの。
たくさんあって迷いました。

ローズベーカリーのオリジナルレシピは、材料のニンジン、
擦りおろしたものの他、千切りにしたものが入りますが、今回作ることを前提に良く観察しましたら、かなり細かいことがわかりました。
このところ、全てを擦りおろしにしていましたが、細かくして再度試みたいと思います。

オリジナルはひまわり油のはずですが、先日えごま油を使いましたら、シナモン以外のスパイスを使っているの?効果がありました。

クリームチーズのトッピング、誠に美味しゅうございます。
有り無しでいったらぜったい有りです。
クリームチーズがこだわりの品でしょうか?
バターと砂糖の配合も具合がいいです。

ローズベーカリー、次回もお楽しみに♪

◆ローズベーカリー product◆

◆ローズベーカリーのキャロットケーキ はじめての出会い◆


◆ローズベーカリーのキャロットケーキ 初ベイク◆




「亀屋萬年堂のナボナはお菓子のホームラン王です」
この台詞を知っている貴方は古い!
このコマーシャルは、ホームランの記録を更新中の日本野球界のスーパースター王選手が出演されて、世の中にその名を広めたと記憶しています。

自由が丘へ行った日は、6月水無月初日の日でした。
最近は、6月に入るとすぐに水無月が店頭に並ぶところも多いので、パン以外に和菓子処で水無月を買うつもり満々でした。

ところが、自由が丘、和菓子司、少ないのですね。
そこで、懐かしい老舗 亀屋萬年堂さんを訪ねました。
こちら、総本店です。

和菓子のことを知らず、この辺りで遊んでいた時は、完全にスルーしていました。
訪ねた日、亀屋さんを目指したら熊野神社がありました。
すぐそばが亀屋さんでした。
こちらも社寺巡りをしていなかったらスルーしていたでしょうが、
友人に付き合ってもらい、お詣りさせていただきました。
青山にある熊野神社には、水無月と同じ厄除けの神事である茅の輪が設置されますが、
自由が丘はどうなのか?
『なごしのはらえ』のお知らせはどこにもありませんでした。

1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、この半年の罪やけがれを払い、
残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」
そのときに食べるのが「水無月(みなづき)」という和菓子です。

さてと、話をナボナに戻しますね。
今回購入したのは、【プレミアムナボナ】です。
プレーンが150円で、こちら250円。

包装もとっても上品で格上な雰囲気です。
しっかし、最近、なんでもプレミアム、ですね。
確かグラムさんのパンケーキもプレミアムでした。
まぁ、特別な日やご贈答にはチョイスしやすいですし、お相手の満足度は高いかもしれません。

【プレミアムナボナ】
定番の味 チーズクリームにコロコロチーズが入っていました。
イタリアンメレンゲを使用したクリームとふわふわのソフトカステラ味、
久し振りにいただくので、何がプレミアムかわかりませんでしたが、懐かしい味はそのままでした。
しっかし、ナボナの名がローマのナヴーナ広場に由来していたとは知りませんでした。

◆亀屋萬年堂 ナボナ物語◆


火曜日、新宿TAKASHIMAYAに茅乃舎ができたので、お出汁を買いに行きました。
この時に甘夏のためのお誕生日のケーキ、ちょっぴり下見していました。

去年のリベンジというのも考えていましたが、なんだかbad lack な気がしたり、
なんとなく予約も嫌な思いが甦って、
行き当たりばったりのバースデーケーキの用意になってしまいました。

でも、結果、goodでした。
新宿にいたので、チョイスは色々あったはずでしたが、時間もあまりないので、
下見していたTAKASHIMAYAの地下、人気の【パティシェリア】に行きました。

【パティシェリア】は平成19年4月に新宿高島屋に誕生した、人気パティシエの逸品が集うケーキのセレクトショップで、店舗のある場所に行かなくても見た目も美しい品を買い求められる場所です。
イートインもあるので、スイーツ女子がだいたい2つくらい選んで召し上がっています。

火曜日の時点では自由が丘にある『オリジンーヌ・カカオ』が魅力的で、プチガトーを幾つか買い求めようと思っていました。

でもね、やっぱりお誕生日は、デコレーションケーキ、ですよね。
ホールのケーキは5つありました。
残念ながら『オリジンーヌ・カカオ』のホールケーキはありませんでしたが、
王道ガトーフレーズ、イチゴのケーキは2つありました。

1つは、普通のスポンジ仕立てのようだったので、アーモンド生地のものを選びました。

それが【プラネッツ】さんのケーキです。
こちらのお店、名前は知っていましたが、いただくのは初めて。
場所、大泉学園ですからね。
ご縁がありません。

軽くてふわふわのクリーム。
そして、イチゴ。
抜群に甘くておいしかったです。

お店のロゴ、フランス菓子というより、カリフォルニアな印象?私にはユニバーサルスタジオのロゴがだぶります。

パティシェリアのセレクトパティスリーはどのぐらいで、扱うお店が代わるのでしょう?
詳しいことはわからないのですが、
以前、去年甘夏のバースデーケーキを購入した我が町経堂の『ミラベル』さんのケーキが並んでいることもありました。
入荷は、(火)(金)(日)。
今日は入荷日でした。

こちらで、取扱いのショップが多少確認出来ます♪

和菓子のコーナーもおなじようなブログがありますが、もう少し詳しく更新していただけると有り難いなぁと、思います♪

パティスリープラネッツ


半蔵門にまた用事があった日、今回は麹町から九段下へのお散歩を楽しむことにしました。
千鳥ヶ淵公園を目指して歩いていくと、
懐かしい店の名前がありました。
【泉屋】です。
どこが本店なのか?知りませんでしたが、私にとっては六本木店が馴染みの店舗でした。
色々あって、今はここ麹町が東京の本店のようです。
【泉屋HP】

滅多に足を運ぶ場所ではないので、入店することにしました。
めちゃくちゃに昭和な雰囲気な店内でした。

泉屋のクッキーと云えば写真の『リングターツ』
子供の頃、このちょっぴりスパイシーでなクッキーが大好きでした。
アンゼリカやチェリー、レモンピールの粒が宝石のように並んでいて、
それがきっと、子供心をくすぐったのでしょうね。
とにかく、このクッキーの訪問は、とても嬉しかった記憶があります。

自宅用にひとつ買いました。
泉屋のカラーリングはこの紺色と、ロゴマークの浮き輪です。

いいなぁ〜、この包装紙も…。
「純欧風銘菓 クッキーズ 製造販売」
今どきこんなこと謳っている洋菓子屋さん、めずらしいですよね。
そして泉屋さんは、日本で初めて売られたクッキーを作った会社なのですよね。
それぞれに幼い頃の思い出のお菓子があるかと思いますが、私は間違いなくこちらのクッキーが入ります。

包装紙を開けると缶を収めた厚紙の筒が…。
「Home Made Cookies」の上にロゴマーク。
微妙な位置に心惹かれます。

今回は、こんな限定品を買い求めてみました。
赤富士。北斎ですね。

缶の蓋を開けるとまたまたレトロなイラストのクッションが…。
帆船に中世の要塞でしょうか?
浮き輪のロゴマークも健在です。

中身は8種類。
赤富士のスペシャル缶には、3000円以上のギフト用にしか入らないショートブレッド入りです。

リングダーツ  泉屋のシンボルマークの浮輪をかたどったクッキーに、カレンズ・レモンピール・アンゼリカを彩りよく飾って リングターツ
 泉屋のシンボルマークの浮輪をかたどったクッキーに、カレンズ・レモンピール・アンゼリカを彩りよく飾ってあります。
ショートクッキー
 ソフトな歯ざわりで、口の中でとろける繊細な生地です。
チョコレートクッキー
 相性ぴったりのココアとミルクを含んだチョコレート味です。
ココナッツクッキー
 ココナツをふりかけ南国の香り豊かに仕上げました。
クリームフィンガー
 良質なクリームにジンジャーをほんのり利かせたおいしさです。
BSロック
 黒砂糖・木の実・シナモンが奏でるほろ苦い甘さです。
ウォルナッツクッキー
 クルミの風味と香りを生かし、さっくり香ばしく焼き上げました。
サボイフィンガー
 新鮮な卵を使ったスポンジケーキを2度焼きしました。
 








スペシャルクッキーズ







 
泉屋東京店 スペシャルクッキーズ
 

泉屋東京店 スペシャルクッキーズ
価格:1,080円(税込、送料別)





個別包装







 
〈泉屋〉マイクッキー 6袋ポイント2倍 02P26Mar16
 

〈泉屋〉マイクッキー6
価格:1,188円(税込、送料別)






 


浮世絵缶







 
泉屋クッキー限定缶セット
 

泉屋クッキー限定缶セット
価格:4,000円(税込、送料込)





 


我が家から徒歩1分のところに昨年の10月10日にオープンしたホットケーキ屋【つるばみ舎】さん。
夜閉店間際、みかんの散歩で前を通ると、結構お客様がいらして、人気なのです。

できてからすぐにお邪魔したかったのだけれど、週末のランチ、パンケーキに付き合ってくれるような旦那様ではないですし、食事後はデザートにっていうのもあり得ない
ってわけでなかなか思いが叶いませんでした。

義母の誕生日の食事後、提案をしたら夫が快諾。
満腹のため、ホットケーキは一枚だけですが、カリっとこんがり焼けていて、塩の利いたバターと、濃いめのメープルシロップが抜群で、少しずつ味見をした3人の評価は高かったように思います。

けれど…。
なんだか、このどんぐりの焼き印、見覚えあるなぁ〜と、思ったら、
以前、梅ヶ丘にあった『リトルツリー』さんでした。

今はなき、フルーツパーラー『万惣』で、修行をされていたご主人、
とっても丁寧な仕事をなさいます。

コーヒーもとってもいい味です。

◆つるばみ舎◆

◇梅ヶ丘 リトルツリー◇


キャロットケーキが好きです。
よく焼きます。
この間、ちょっと失敗。
そーいえば、と、キャロットケーキを検索。
あら、今、注目度あがっていますか?

人気の店を見ていると、
先日、吉祥寺にあると思っていたアメリカンケーキの店、思い違いで中野にあることがわかりました。
ずっと訪ねてみたかったところでした。
ちょっと時間があったので、行ってみました。
久しぶりに中野ブロードウエイを通り過ぎ、早稲田通りを左へ、
信号を渡ってさらに3分。
左手にピンクのビルが見えたら一階にありました。
オープンから随分経過してますけど、ちょっと外れたところにあるアメリカのグロサリーな雰囲気たっぷりでした。

あったら買おうと思っていたベーグルはありませんでしたが、
お目当て、そして、人気のキャロットケーキはありました。

早速、戻っていただきました。
フロスティングは緩めで、酸味もあるクリームチーズ味です。レモンが入っているかな?
キャロットケーキは、軽い仕上がりでした。
カイルさんの風情から勝手にアメリカ南部をイメージしていましたが、
意外にヘルシーな印象でした。

私がよく作るローズベーカリー風のクルミやレーズンが入ったキャロットケーキは、千切りのニンジンが全体の1/4入りますから、歯応えのあるものですが、
カイルさんのキャロットケーキは、なめらかでしっとりしていて、フロスティングとの相性も良かったです。

“アップルソーススパイスケーキ“
アップルソースってアメリカではよくお肉料理に使うアレでしょうか?
クグロフ型で焼いていて、スライスした形がちょっといいなって思いました。

“パンプキンアップルブレッド“
コーンブレッドやズッキーニブレッドと同じ、イースト発酵しないパン?
“アップルソーススパイスケーキ“同様、朝食にいただける甘すぎないスイーツでした。

カイルさんの似顔絵のシールの貼られた箱。

shop
カイルズ グッド ファインズ

キャロットケーキその1
キャロットケーキその2
キャロットケーキその3


誕生日でした。
ケーキは自分で用意します。

荻窪にいました。
ここには美味しいケーキ屋さんはありません。
新宿へ出てデパ地下でというのもつまらない。
そこで、杉並区、新宿区で検索して、そそられたのがこちら。

オレンジの扉がお洒落な曙橋にある【ラ ヴィ ドゥース】さん
曙橋あたり、とても変わりましたね。
昔ここに仕事で使うリース屋さんがあって、新宿からバスに乗ってくるものですから時間が読めず、大変でした。
女子医大病院も今みたいに立派ではなかったし、フジテレビがありましたっけ。
【ラ ヴィ ドゥース】さん、靖国通り沿いにありましたが、まったく未知の景色に困惑しました。

バースデーケーキもいいけれど、いつも同じ、イチゴのケーキはつまらない!
と、いうわけで、アラカルト。
小さなケーキを幾つか買い求めました。

“デリス“

姿も可愛らしいのですが、惹かれる味でしたので、中身をお披露目。
外側のスポンジはむちっとした食感。タピオカか米粉でしょうか?
ベリーのソースの酸味とムースが好みの味で、一番下はクッキー生地でした。

“ナッティー“
ナッツの生地にバタークリーム。
もうひとつのプラリネクリームの方が好みだったかしら?
木の実好きなので、ナッツの響きには弱いのです。

“バッカス“
コンクール優勝作品だとか。
オレンジコンフィとチョコレートのケーキ。リッチな味わいでした。
景色もいいですね。

“いちごショート“
旦那様用と思いましたが、一番に手に取ったのは違う品でした。
最近は大きなイチゴが売りのところが多いですが、小粒のイチゴ、とっても甘くて美味しかったです。

“キャラメルプリン“
これが旦那様のお眼鏡に叶いました。
キャラメル味、美味しいですよね。真ん中は生クリーム。プリンというより、プリンに近いブラマンジェな感じがしました。

“四谷シュー“
これも夫が反応。男衆は、見た目よりもノスタルジックなものが好みですね。
アーモンドとパイ生地のカリカリサクサクのシュー生地が魅力的でした。

ラ ヴィ ドゥース


豪徳寺、犬のお散歩と獣医さんへ行く以外、立ち寄ることないんですね。
でも、こちらの存在は気になっていました。
お店、水色でお菓子の家って雰囲気ですから。

(写真 食べログより)
買う予定がないとなかなか覗かないもので、その名前から、パンの他、焼き菓子を扱うお店かと思っていました。

店内、とってもせまいので、外から物色していましたら、夫におねだりできそうなので、入店。
お値段そこそこな感じです。

でも、ホールケーキが求めやすいサイズとお値段で気に入りました。
1,500円台のホールケーキはロールケーキを含めると4種類。
これって、街のケーキ屋さんでは、ヤるなって、印象です。
選んだのはバニラとキャラメルのケーキでしたが、他はチーズとチョコレートクリームでした。

先日、夫のバースデーケーキ捜しにISETANを利用しましたけれど【ペンギンペストリー】さん、アリです。
いいところ見つけました。

味もいいんで、サプライズでした。
飾り付けのフルーツは季節によって違うようでしたが、今日はストロベリー、ブルーベリー、グーズベリー。
生クリームの下は、キャラメルにバニラムース。上掛けはバーナーで、焼き目が入れてあります。スポンジケーキに挟まれたクリームは、カスタード。一番下は、アーモンドの入ったチョコレートクッキーでした。
バランスの良い組合せで、手間のかかったケーキ、久し振りに味わいました。

他もとっても評判が良いのでまた幾つかいただいてみたいです。
ペンギンペストリー


今日は旦那さまのバースデー!
お祝いメールをくださった方によるとこの日は、パールハーバーデー、ジョンレノン忌、そしてカノジョの祖母忌、入籍日であるそうです。

いつものようにひっそりとお家でお祝いしますが、バースデーケーキを予約しそびれていました。

新宿伊勢丹に行ってみました。
さすがですね。
ニーズに対応してくださっています。

記念日のためのデコレーションケーキは、やっぱりガトーフレーズ、いちごのショートケーキなわけですよ。我が家の場合。
それが、大きさも含めて色々なお店で選ぶことができました。

【シェ シーマ】マイナーでしょうか?
私がケーキ作りをせっせとしていた時代は、名の知れた店でした。
でも、伊勢丹に入っていること、知らなかったなぁ〜。

【ラ デュレ】があることにも気付いていませんでしたから、地下食、熟知していませんね。

私としては、こちらの赤いケーキ“イスパハン“の大きめサイズがあったので、これにしたいなってな気分でしたけど、
やっぱりカレのお好みは生クリーム&イチゴなわけでして…。
洋菓子売り場を二周して決めました。

ピエール エルメ イスパハン情報
ラデュレの記事
ホールのケーキはリスクがあるからなのか?小さなところでは、売り切れ御免か予約ですが、バースデープレートもその場で入れてくださいましたし、ロウソクもご希望だけどうぞと云われたので、6本いりを3ついただきました。
還暦なので、
赤とピンクで6本立てたかったの(^ー^)

ケーキですが、スクエアで切りやすいかと思いましたら、丸ごといちごがごろごろ入っていました。
最近「あまおう使ってます」とか言って、固くて甘くなくて美味しくないのありますけど、小粒ながら優秀でした。

生クリームもふわふわで美味しかったです。

シェ シーマ


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM