写真の粒々。
粒状に加工されたジャムです。
ついに最近はベーカリーマシーン用のお粉までネットで購入するようになり、その時にお試しで買ってみたものです。
なかなか使えます。
プレーンな豆乳シフォンを作る際、この粒を大さじ2杯ほど加えて混ぜるだけです。
粒状のジャム粒ジャム イチゴ 200g【2sp_120720...

粒状のジャム
イチゴ 200g...

価格:357円(税込、送料別)


姿はこんな風になります。

穴が開いたように見える場所にジャムが溶けていてその部分が口の中に入ると存在がキチンと感じられます。
普通のジャムを混ぜたりすると香りがやや残る程度ですし、マーブルケーキを作る要領で入れるとその比重が重いのでうまくいきません。
他に練乳と黒糖を買いましたが、黒糖がまた美味しい。
ちょっぴりですが、邪魔にならないじゃりっという食感があります。
ブラウンシュガー好きには、オススメです。
粒状のジャム♪粒ジャム 黒糖 200g【2sp_120720...

粒状のジャム
黒糖200g...

価格:357円(税込、送料別)


 
粒状のジャム♪粒ジャム 練乳 200g【2sp_120720...

粒状のジャム
練乳200g...

価格:357円(税込、送料別)


 ホームセンターに行くと色々な便利goodsにであうことがありますが、今回はコレ。
お試しに購入してみました。
シリコーン製のシフォンケーキの型。
扱いがし易くて、高温230℃までOKですから、あって不思議はなかったのですが、見つけた時は、「これは使わねば…」と思ったのでした。
シフォンケーキ作りをした方なら経験する、型抜けの悪さに朗報かと期待感もりもりでした。
一作目、まずは基本を作らなければを忘れて、アレンジしたものを焼き、やや膨らみが弱いかを感じてしまいました。
二作目、ベーシックな豆乳シフォンです。
 
型抜けはかなりスムーズです。ぺろりと剥がれる感じです。
修整なしが上の写真です。
やはり、少し、膨らみが弱く仕上がるかもしれません。
けれど、型からはずす時のあの失敗がないことは安心です。
【22%OFF】貝印 CAKE MATEシリコーン シフォン型 17cm DL6030【kosh...

貝印 CAKE MATEシリコーン シフォン型 17cm .
価格:980円(税込、送料別)

 
デパートの地下食に行くと、今のトレンドがわかって、あの行列は何かしら?とか、今までみたことのないお店だわとか、ワクワクして楽しい気分に浸りまして、怠けているお料理も今日は頑張ってみようかしらんという気分になったりしてきます。
必ず覗くのは、銘菓のコーナーなのですが、お茶を使ったお菓子が人気なのか?定番の抹茶だけでなく、番茶やほうじ茶などを材料に取り入れた生菓子があり、その出来栄えの美しさにも魅了されてしまいました。

昔のように手の込んだケーキはすでにおさらばしています。
今は、ごはんのようなケーキ、朝ごぱんのうちの一つです。
シフォンは、お米を研ぐのと同じような感覚で作ることができるようになりました。

今日はほうじ茶を取り入れてみることにしました。
豆乳を使います。ソイラテですね。
型も17cm使用で、改訂版全卵3個のレシピです。

※ほうじ茶は、少なめのお湯で濃い目に作っておきます。
 それを大さじ1、豆乳35ccと合わせておきます。

材料(17僖轡侫ン型)
【卵黄生地】
卵黄………………3個分
三温糖……………25g(お砂糖ならなんでもok)
紅花油……………大さじ2.5(サラダ油、なたね油ok)
薄力粉……………60g
ソイラテ…………50cc(上の説明のもの)
【メレンゲ】
卵白………………3個分
三温糖……………30g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
●まず、材料を用意します。
 ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
●泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておきます。
●卵黄、卵白に分けます。からざを取り除きます。
●卵を分けたら、すぐにキッチンエイド
  

 を回して卵白を泡立てます。
 目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。

1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜます。
4.続いて、ソイラテを入れて混ぜ合わせます。
5.薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/2量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。

シフォンケーキのレシピ
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?cid=42850


 冷凍庫の整理をしていたらマンゴーアイスバーが一つありました。しばらく気に入って食べていました。今日はこれを使ってシフォンを焼いてみようと考えました。 
室温に置いて解凍しておきます。60ccほどの分量になりました。
今日はもうひとつ
型を18cmから17cmのものに換えていつも膨らみのかさが多く型からの取り外しもうまく行かない時が多くあったので、分量の見直しをすることにしました。メーカーによっては、卵4個といういままでの分量でも大丈夫かもしれませんが、型からはずしやすい点では、17cmの型は以下の分量が適正なのではないかと思います。生地を型にめいいっぱい入れることで型との密着度をたかくしているのではないかと考えました。お菓子作りは科学に近いので、むずかしいことはわかりませんが…。
以下が本日の訂正の分量、作り方です。
今までのシフォンのレシピはこちらから
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?cid=42850

材料(17僖轡侫ン型)
【卵黄生地】
卵黄………………3個分
三温糖……………25g(お砂糖ならなんでもok)
紅花油……………大さじ2.5(サラダ油、なたね油ok)
薄力粉……………60g
マンゴーアイス…60cc(上の写真のもの1本)
【メレンゲ】
卵白………………3個分
三温糖……………30g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
●まず、材料を用意します。 ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
 ●泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておきます。
 ●卵黄、卵白に分けます。からざを取り除きます。
 ●卵を分けたら、すぐにキッチンエイド
   
を回して卵白を泡立てます。 目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。
1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜます。
4.マンゴーアイスを室温に戻したものを入れて混ぜ合わせます。
5.薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/2量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。 

ほんのり甘いマンゴーの香りのするもちっとした食感のシフォンになりました。

 
 たんかん第3弾。
マーマレードを作ったので、
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?eid=1264319
それと、果汁を入れたシフォン。
そのまま皮を入れたものとは、やっぱり一手間が違うみたい。
果汁の香り高く、食感はもっちりとして感じでできました。

材料(18cmシフォン型)
【卵黄生地】
卵黄………………………4個分
三温糖……………………30g(お砂糖ならなんでもok)
紅花油……………………大さじ3(サラダ油、なたね油ok)
薄力粉……………………80g
たんかん果汁……………50cc(約1,5個しぼっておきます)
たんかんマーマレード …大1(ハサミを使ってみじん切りにします)
【メレンゲ】
卵白………………4個分
三温糖……………40g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
●まず、材料を用意します。
 ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
●泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておきます。
●卵黄、卵白に分けます。からざを取り除きます。
●卵を分けたら、すぐにキッチンエイド
  

 を回して卵白を泡立てます。
 目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。

1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜます。
4.続いて果汁、マーマレードを入れて混ぜ合わせます。
5.薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/2量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。

シフォンケーキのレシピ
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?cid=42850


 無農薬たんかん、屋久島から届きました。

この香り、う〜ん、たまりません。
このフレッシュさ、ジュースそのまま、皮も加工せず、そのまま使ってシフォンを作ってみることにしました。

材料(18僖轡侫ン型)
【卵黄生地】
卵黄………………4個分
三温糖……………30g(お砂糖ならなんでもok)
紅花油……………大さじ3(サラダ油、なたね油ok)
薄力粉……………80g
たんかん果汁……50cc(約1,5個しぼっておきます)
たんかん皮 ………1,5個分(白い部分を少し削りみじん切りにします)
【メレンゲ】
卵白………………4個分
三温糖……………40g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
●まず、材料を用意します。 ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
 ●泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておきます。
 ●卵黄、卵白に分けます。からざを取り除きます。
 ●卵を分けたら、すぐにキッチンエイド
   
を回して卵白を泡立てます。 目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。
1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜます。
4.続いてたんかんジュース、皮を入れて混ぜ合わせます。
5.薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/2量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。 

シフォンケーキのレシピ
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?cid=42850

 
 シフォンケーキの型の比較その2です。
材料を同じ分量で、17cmと21cmの型で作りました。
昨日の記事で今回の経緯はお話しましたが、購入した二つ型が以前のものと大きさが異なるので、いつものレシピでどちらが適正なのか知ろうと思いました。
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?day=20111029
17cmは型として小さく感じましたが、卵4個の材料のレシピが好ましいようでした。
上の写真は21cmの同じお皿にのせてあります。

焼き上がり直後は、こんな感じでした。

左が21cm右が17cmです。
冷ました後は、21cmのものは膨らみはあるもののだいぶ低く感じます。
下の写真は、型からはずし俯瞰から見たものです。

焼く時間もいつもと同じ33分。仕上がりのフワフワ感も変わりませんが、いわゆるシフォンとしての高さがありませんでした。
生地を入れた時も分量として適正でないのは一目瞭然でした。

プレーンシフォンですが、豆乳を使いました。分量作り方は、一つの型に対して下の通りです。

材料
【卵黄生地】
卵黄………………4個分
三温糖……………30g(お砂糖ならなんでもok)
紅花油……………大さじ3(サラダ油、なたね油ok)
薄力粉……………80g
豆乳…………………50cc

【メレンゲ】
卵白………………4個分
三温糖……………40g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
●まず、材料を用意します。
 ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
●泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておきます。
●卵黄、卵白に分けます。からざを取り除きます。
●卵を分けたら、すぐにキッチンエイド
  

 を回して卵白を泡立てます。
 目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。

1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜます。
4.続いて豆乳を入れて混ぜ合わせます。
5.薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/2量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。

つなぎ目のないアルミシフォンの型は、こびりつきが少なく少しの間水を張っておくだけで洗いが楽でした。
また、煙突の部分が高いので、瓶に立てておかなくても煙突部分をそのまま置くだけでも大丈夫でした。
次回は21cmの型に適応した分量で作ったシフォンの報告をさせていただきたいと思っております。

シフォンケーキのレシピ
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?cid=42850


 頻繁に使うようになった時もすでに年代モノでしたが、シフォンケーキの型がだいぶ傷んできました。
なんとなく気分も悪いので買い換えようと思いました。
現在使っている型の寸法を正確に測ってみると、内径17,8僉
今まで17cmと思って使っていた型はどうやら最近では一般ではない18cmという型であることに今更ながら気づきました。

何度も何度も測ってみたんですね。今作っている材料で適応する型でないといけませんから。
いいと思った継ぎ目のないというアルミ製の型は、近いものは17cm&21cmのものでした。
どちらかを買って落胆したくないので、どちらも買うことにしました。
到着してみると、わずか1cm弱の内径の違い、見た目かなり違いました。
21cmのものはかなり大きく感じます。
逆に17cmのシフォン型は、今使っているものよりだいぶ小さく見えます。

最近のお菓子のレシピは、家族構成が変わったこともあって17cmの型での紹介が多いでしょうか?
21cmは、市場でカットされて販売されているものの元になる大きさでしょうか?
 
私のシフォンレシピは、卵を全卵無駄なく使うものなのですが、卵4個が基本です。

そこで同じ分量でシフォンを作って比較してみることにしました。

そうそう、安価なアルミ製はシフォンを型からはずす時に一番好ましいということです。
さて、これから作ってみたいと思います。


 昨夜、主人がビールをちょっぴり残しました。
いつもなら捨ててしまうところを、明日はシフォンを焼く日!使えないかしら?と取っておきました。
お肉を煮たり、フリッターの衣に使ったりとお料理では頻繁に出てきます。
最初は、こんな残り物を活用しようと思ってレシピが出来たのかもしれません。

ちょっと苦味があるかもしれないと、お砂糖は、いつもより10g増やしました。
ビターな感じ?いえいえそんなことはありませんでした。
気の抜けたビールですが、ふわふわ食感に一役アりな感じがしました。

それだけでは面白くないので、まとめて茹でて冷凍しておいた雑穀米を入れました。
ホームベーカリーにも使いますし、まとめて200gくらいを茹でて大さじ3ほどの量を小分けにしてラップに包み冷凍しておくと便利です。
特に解凍しなくてもケーキやパンの材料として使えます。

材料(17cmの型)
【卵黄生地】
卵黄……………8個分
三温糖…………30g(お砂糖ならなんでもok)
紅花油………大さじ3(油なら何でもok)
薄力粉…………80g
ビール…………80cc
雑穀……大さじ3(茹でておきます)
【メレンゲ】
卵白……………4個分
三温糖…………40g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
●まず、材料を用意します。
(泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておくと、いい状態で、生地を仕上げることができます。)
●雑穀は(お米売り場の10種の雑穀を使用(お好みでどうぞ)7〜8分茹で、ざるにあげて冷ましておきます。
●ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
●卵黄、卵白に分けます。
●からざを取り除きます。
●卵を分けたら、すぐにキッチンエイド
   
を回して卵白を泡立てます。
目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。

1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜ、続いてビールを入れて、擦り混ぜます。
4.雑穀を入れて、擦り混ぜます。
5.薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/2量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。

 


 薫り高い韓国ごま油。
これを使って作ってみたかったんですね。シフォンケーキを。
黒のすりごまもたっぷり入れてみました。
サムギョプサル塩をちょっぴり入れて冒険してみました。
見かけはちょっとワイルド?な印象ですが、がさがさした感じも悪くない思いがしています。
韓国のごま油は特にコクがあるのですが、コショウの入ったサムギョプサル塩も面白い効果を醸し出しました。
ほんのり塩味のシフォンケーキ。
塩はモチロン、コショウというスパイスが使える発見もありました。
 
材料
【卵黄生地】
卵黄………………4個分
三温糖……………30g(お砂糖ならなんでもok)
ごま油……………大さじ3
薄力粉……………80g
すりごま……………大さじ3
豆乳…………………80cc
サムギョプサル塩…小さじ1/2

【メレンゲ】
卵白………………4個分
三温糖……………40g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
●まず、材料を用意します。
 ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
●泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておきます。
●卵黄、卵白に分けます。からざを取り除きます。
●卵を分けたら、すぐにキッチンエイド
  

 を回して卵白を泡立てます。
 目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。

1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.ごま油を入れて、擦り混ぜ、続いて豆乳を入れて混ぜ合わせます。
4.すりごまを入れて、擦り混ぜ、続いてサムギョプサル塩を入れ混ぜ合わせます。
5.薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/2量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。

 
おんどるオリジナルのサムギョプサル塩」(100g) ...

豆乳とすりごまのシフォン
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?day=20110519
ごまとごま油のシフォン
http://blog.kisetsu-o-mederu.com/?day=20101214


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM