今朝の杏。
一昨日お泊まりで、昨夜、家に戻りました。
またお泊まりですと、食事の管理が充分できず、栄養状態が良くないのでとの、先生のご配慮です。

今日も午後から輸血です。
そして、多分その後もということなりそうなので、カテーテルは留置。
ゆえに、エルザベスカラー必須アイテムになりました。

とうちゃん、かあちゃんはベッドから飛び降りる危険を回避するため、
また、リビングにお布団を敷いて寝ることにしました。

昨日は、私が面会に行って人肌に温めました血液を輸血し始めたのが15時でした。
私達が迎えに行った21時、診療所にはまだ2名の先生、2名の看護士さんがいらして、診察が終わって、カルテの整理やら、検査結果の連絡をされていました。
とにかく皆さん、朝から晩まで忙しくしていらっしゃいます。

水曜日に農工大より、全面的にこちら豪徳寺なみき動物診療所にお願いすることになりましたから、
経口薬もご用意していただきました。

ところが、
私達二人、そして診療所にいた皆さんも、薬のやりとりを忘れてしまい、夫が家に戻ってから気付き、取りに戻りました。

それくらい疲れているのです。
患者さんは家ばかりではありません。

また、私が面会した時、診療所にどなたからか輸血にご協力いただける電話があったことを聞きました。
ところが、その時間は予約の患者さん、さらに急患があって、詳しく聞かないで、終わってしまいました。

私は、ブリーダーのTさんが、協力できるとメールをくださっていたので、そうだと思っていました。
ところが、夜、電話を受けた先生からそれが、兄弟犬の福くんの飼い主さんであることがわかりました。

上がらぬ貧血の数値、輸血はいつまで続くでしょう?
採取させていただいた血液は、今日で終わります。
その後も必要であることを言われていました。

福くんの飼い主さんにお願いすることにしました。
土曜日、ご足労いただきます。

1回分では足りないのと、不適合であった場合の保健が欲しいと思っていたところ、
今朝の2回目のお散歩の時に会ったハスキー犬の飼い主さんに夫が話をすると、快諾してくれたと、言います。

この流れでいきますと、貧血の数値が上がらないままでも抗がん剤を使うか、
輸血直後の抗がん剤投与はNGとされていますが、
数値が上がった状態で投与せざる得ないかもしれません。

いづれにしろ当分、輸血は必要になりそうです。

この場をお借りいたしまして、診療所までわざわざ連絡をしていただき、ご協力を快諾していただいた福くんのパパさん、ママさん。
連日心配して、駆けつけると仰ってくださっているお菓子の家のマム様、
御礼申し上げます。
本当に本当にありがとうございますm(__)m


杏のいない朝。
気配を感じられないのは寂しいものです。

昨夜は輸血のため、20時に連れて行き、お預けでした。
その前にドナー犬との適合を調べる検査をしていただいて、結果をうかがう19時に連絡する前、
また、もしやの不適合の事態もあるかもと我ここにあらずの心境でした。

夕方の散歩で会った、仲良くしていただいている飼い主さんに、杏の状況を聞いていただきます。

「このコは?」と指を指してくれるカッチャンは、柴犬11歳。
採血をするのは少し負担をかけてしまう年齢です。
でも、念のため連絡先を教えていただきます。
わんちゃんの飼い主さんは、大体カッチャンのママさんとかとお呼びしているので、お名前始めてうかがいました。
そういう私もこの辺りでは、甘夏、小梅、杏のママです。

写真は、昨夜杏のために血液を提供してくださったドーベルマンのオーガくん、3歳、44kg。
パパさん、獣医さんたちです。

とってもお利口さんで、家の甘夏のように鎮静剤を打つことなしで採血させていただいたようです。
時間は21時。結局、夫は、22時半に帰ってきました。

今朝は8時に夫が食欲不振になってしまった杏に手作りごはんを届け、
私は仕事後、面会へ。

今日は夏日でしたから、杏、喉が渇いているようでした。
先生にお願いして、飲む許可をいただきましたが、輸血後、吐いたようで、少ししかいただけませんでした。

15%だったヘマクリット、輸血時はあがったのでしょうが、また17%に下がってしまったと聞きました。

この状況だと、今回採血させていただいたオーガくんの血液を、3日間輸血しても、20%台に引き上げたタイミングでの抗がん剤投与が難しい確率が高いことが予想されます。

心配をして、頻繁に連絡を入れてくださるブリーダーさんに助けていただくことになるかもしれません。

写真の甘夏&小梅は、杏にナイショでおとうちゃんにおやつをもらいました。

ただ今21時、獣医さんに電話し、おとうちゃんとおかあちゃんは杏を30分後、迎えに行くことになりました。


抗がん剤の投与から2週間目の今日は、農工大で検査の日です。
それまでの体温や体重の変化、嘔吐、黒色便、かかりつけ獣医さんへ行って、投与していただいた注射などの記録を出力したものを研修医さんにお渡しし、報告、その後杏を一時おあずけして検査をしていただきます。

その間夫は、輸血ということになった時のために、友人に連絡をしてくれました。
ご主人はお仕事が13時にあってNGだったのですが、奥さまが引き受けてくださって、今日の対応を快諾してくださいました。

検査結果を担当医が説明してくれます。
ヘマクリット値17%、また下降していました。
そして、この数値なので、抗がん剤の投与ができないということでした。

この先は、集中治療が必要になると言います。
「それは、入院ということですね」
「そうなります」
そのやりとりをきっかけに、
杏を入院させることはもうしたくないし、出来れば今後治療は、かかりつけ獣医のなみき動物診療所で受けたいことを伝えます。

今後使う抗がん剤はまだ決まっておらず、ヘマクリット値が20%台になれば、リスクは大きいがレスキュープロトコルと呼ばれる抗がん剤を使う方向だということでしたが、それもかかりつけ獣医さんの方にお願いしたいと考えていました。

夫が、今日の採血、輸血もお願いできるということの確認ついでに、農工大で処方されている薬もお願いできるのかを
直接なみき動物診療所に連絡をして、聞いてくれました。
結果OKでした。

と、いうことであれば、輸血ドナー犬の飼い主さんに一刻も早く連絡して今日のお願いをしたい、
そう思って、いくつかの質問をして、今後は一駅先の豪徳寺なみき動物診療所にお任せを致します、と、告げました。

杏の病気の展開にオロオロするばかりですが、私達の元で見守りながら治療していくのは、かかりつけ獣医さんでお願いする方法が望ましいのです。

2週間前に投与していただいた抗がん剤は、結局今回も抑止力にもなってもいませんでした。
よって、癌細胞は大きくなり、多くの出血をし、貧血に陥っています。

データによって選ばれた抗がん剤は、担当医によって異なるのでしょうか?
これも運命なのかもしれません。

今日先生はおっしゃいました。
「無治療だったら1ヶ月の命とお伝えしましたよね。
それが、2ヶ月近くになっているということは、今までしてきたこと、無駄ではなかったと、思います」と…。

友人の奥さまとドナーのビアンカちゃんを迎えに三軒茶屋へ向かいます。
その後豪徳寺のなみき動物診療所へ。
まずはクロスマッチという適合判定のために杏とビアンカちゃんの血液を少し採取します。
結果を待つ間、外のベンチで待つビアンカちゃん。
ママにお得意のポーズで抱っこされていると、ぬいぐるみのような愛らしさに足をとめて声がけをされていました。

クロスマッチの結果、NGでした。
まさかの事態。
ご足労いただいた奥さまとビアンカちゃんには本当に申し訳ないことをしました。

急遽、獣医さんの方から患者さんへ連絡をしていただき、輸血をしていただけるわんちゃん探しが始まりました。
非常に難しいことなはずなのに、こちらの獣医さんのお役に立つならという方がいらっしゃるのでしょうね。
間もなくいいお応えがありました。

採血におみえになれるのは夕方ということで、一旦私達も杏も帰宅。
夜また来院して、今夜は杏はお泊まりで輸血をしていただくことになりました。
また、抗がん剤は数値の上がった時のタイミングで投与していただくことが理想的と、杏には少し辛抱をもらって、明日も一旦戻していただかずにおあずけをお願いすることになりそうです。

今度こそは抗がん剤が効果を発揮し、腫瘍の出血が止まり、貧血が改善されることを願います。


今日も獣医さんです。
今日こそは…。
8時半、一番を狙って出かけます。
雨あがりだからですか?狙いの一番がゲットできました。

担当の先生が遅れていました。
昨日、先生はお休みで、輸血を実施してくださったり、農工大と連絡を取ってくださったのは他の先生方でした。
けれど、今後のことや今日のことお話しできるのはいつも診ていただいている先生です。

その間、採血。貧血の進行を検査していただきました。
体重4.35kg 体温39.1℃

今朝はレバーをミキシングしたものに興味を示し、一番良いと云われている缶詰adを混ぜたものを予想より食べてくれました。
薬もしっかり飲ませることができましたが、処方されている経口薬以外の止血の注射もしていただきます。

10時過ぎ、先生とお話しができました。
ヘマクリット値が17%なので、輸血しましょうというご判断をいただきました。
昨日採血した甘夏の血液の出番です。
採血した血液、保存できる設備がないことも一つですが、ヘマクリット値10%台は、危険な状態なのです。

杏の場合、貧血の状態が続いていてそれに慣れてしまっているかもしれないので、普段と変わらない様子にみえるそうですが、10%台というとやはり少し様子が違います。

先生とは、明日の農工大行きについて、
今後のこと、
今の不安などを話し、ご意見もいただきました。

今回の輸血について。
血液はただ数値を上げるだけでなく血中の機能も期待できるということで、励ましをいただきました。

最初の頃、天から落ちてきた運命に泣いてばかりいました。
実は今日、様子を知っていたアフガンちゃんが突然亡くなって、医院長にご挨拶にみえていたシーンに遭遇して、涙してしまいましたが、
こうして酷しい状況に接していると、強くなっていることに気づきます。
この経験はまた、何かの時に振り返って役に立つか、繰り返すことなのかもしれません。

杏、またおあずけです。
午後3時一度様子お伺いの電話のお約束をします。
「問題なくできています。7時にまた連絡を入れてください」とのことでした。

このところ、連日夜、獣医さん行きです。
それまでに、お散歩、食事、入浴を済ませます。

結局8時に迎えに行きますが、待合室だけでなく、少し冷えてきた外のベンチにも飼い主さん、わんちゃんねこちゃんがわんさかいらっしゃいました。

ヘマクリット値22%
わずか5%の上昇です。
昨日は、輸血して連れて戻った日に嘔吐してしまったので、服薬しているウルソ以外を注射していただきましたが、
家に到着する頃には効き目があらわれているという吐き止めを注射していただき、経口薬の服用を指導していただきます。

今日はお留守番がこたえて少々神経質になっている小梅の見張りと、仕事脳をほぐすお酒を呑めずにいるのが可哀想なので、夫には家にいてもらうようお願いしました。

帰宅前に連絡、工夫してごはんを作って待っていてくれました。
この何日間か、6食食べていたごはんが、食欲不振も経て、輸血時は2食になってしまいました。
でもそれも今は臭いを嗅いだだけで終わってしまうことがあります。
困りました。

また、目下のところの切羽つまった問題は、輸血のための血液です。
この先、近いところで輸血が必要になった場合、甘夏はまだ可能性がありますが、その後は1ヶ月はNG。
また、抗体ができてしまうので、拒否反応が出てしまうと聞いています。

診ていただいている豪徳寺なみき診療所でも、供血犬は、診察にきているわんちゃんのご協力いただける飼い主さん探しから始まるそうです。
私達も自力で献血していただけるわんちゃんを探さなければいけません。


昨夜夫が、その日2度目の病院に杏を連れて行ってくれました。
悪い予感はしましたが、当たって欲しくなかった!
夫からの電話はこうでした。
「良くない、ヘマクリット15%に下がってる、取り合えず明日、輸血をするって」
と、
それからというもの、もう落ち着いていることができずにいました。

26→20→15
明らかにこの数値、危険な状態です。
採血後の兄弟犬 小梅のヘマクリット値は51%でしたから、極度の貧血です。

嘔吐の出血、それは、胃?
便の出血、それは小腸?
昨日、輸血したばかり…。
と、いうことは毎日しなければいけない進行状態?

けれど、輸血って、限度があるはず。
明日は甘夏から採血することになっているけれど、その後はどうする?

出血しているそれら、今、吐き止めで抑えているけれど、排出しないのも問題なのではないの?
食べないのに4.5kgの平行線の体重も異常?

もちろん今朝はお散歩同伴はNGでした。
私と家でお留守番です。
杏自身も、自分のからだの具合が良くないことで、みんなと一緒にいけないこと、理解しているようでした。
あぁ、そうではなくて、尋常でない体調だったのかもしれません。

今日は、ねえちゃん甘夏に助けていただきます。
夫、仕事の都合をつけて杏と甘夏を獣医さんに連れて行ってくれます。
愛犬の命に付き合うこと、大変です。

杏のヘマクリット値、昨夜の15%から14%に。
甘夏は、朝ごはんを吐かないように八分目の指示を受け、軽い麻酔後、農工大で剃られた首下の右から80cc、左から80cc、採血しました。
杏はまたおあずけ。

出掛ける時に、なんだか今日のこと、予感しているように「行かないで」の目を私に向けていましたっけ。

杏の前にいる小梅ちゃん。
ひとり、はじめてのお留守番。
私が戻った時、それはもう、必死で「アタシ、淋しくて淋しくて〜」と、お迎えで嬉しょん。
一睡もせず待っていたようです。
今だかつてない悲しい鳴き声で、私に訴えていました。

杏をその後、20時にお迎えに行きます。
農工大に入院時、とてもお利口だったと言いますが、今日は甘夏が採血する間ずっと吠えていたようです。
ケージに入っていても診療室は丸見えなので、ゆっくり休むこともできなかったのではないかと思います。
輸血をして少し元気になっているかと思いましたが、家に戻っても疲れている様子で食欲もありませんでした。

今日は担当の先生が不在のため、明日また来院のお約束をします。
心配なのは、輸血直後なのにもかかわらず下降する貧血の数値です。


昨日の杏の姿にまた心が折れました。
無理もないです。
命にかかわるそれこそ瀕死の状態だったのですから…。

気になって、ベッドの上の杏を何度確認したことか…。
そのたびに熱のあるからだに保冷剤を移動していました。

今朝は、様子が違っていました。
自分から、お散歩は僕を置いて行かないでね。
と、着替えをする私たちの足元から離れませんでしたし、
可愛いお目目はぱっちりしていました。

今朝も病院に向かいます。
小梅の様子もおかしかったのです。
小梅、今朝のお散歩は用足し以外、歩行拒否でした。
からだ全体がむくんでいました。

久しぶりにふたつ揃って乗車です。
まぁ〜、仲間が並ぶとうるさいです。わんわかわん。

杏、体重4.5kg。
今朝も食欲がありませんでした。
心配した熱は体温38.7℃。
抱っこするとからだが熱かったので、意外でした。

輸血はしたものの、血液を調べていただくと、貧血の度合いの目安のヘマクリット値は輸血時26%に上がったのに20%に下がっていました。

先生に相談しました。
「からだの中の出血、良くない状態ですね。
このままだと、水曜日に予定している大学病院での検査、抗がん剤投与までまた輸血が必要ですか?」
「嘔吐が続くことも問題ですよね」と、

「取り合えず、止血剤と吐き止めの注射を打ちましょう」
「それと、貧血の進み具合をみたいので、夜また来てください」
そう言われました。

小梅は、輸血の後の皮下点滴が足に落ちてきて、違和感があるために歩きたがらないのではということで、体温にも異常なく、大丈夫でしょうとのことでした。

念のため血液検査をお願いしましたが、結果は、夜、杏が伺う時になりました。

甘夏さん、付添ありがとう。
どこへ行くのもご機嫌ですが、病院での待ち時間は2時間以上でしたから、じっとしているだけでも大変でした。

小梅は、少しずつ調子を取り戻したのか、夕方のお散歩は、楽しそうに歩いていました。


昨日必ず今日は来るようにと云われていました。
先に夫に順番とりをお願いしましたが、開院20分前ですでに3番目。
杏を大好きなユリノキ通りでバギーから下ろしてみましたが、全く元気がありません。

今朝は後ろ足がヨロヨロしていました。
無理もありません。
体温は、点滴のお蔭か?39.2℃には下がってはいましたが…、
血液検査したヘマクリット値13%でした。

先生、即刻、輸血のご判断でした。
このところの嘔吐での鮮血。黒色便。
造血機能も落ちているのかな?

麻酔をしなくても抑えのきく、小梅から採血する予定で、
また、13時に来院のお約束。
一旦家に戻ります。

爽やかな陽気となったのに、小梅、甘夏は
この2ヶ月近く、杏ペースに付き合わされて、ちょっぴり可哀想。
コースを変えた病院行きを提案しましたが、今は杏が一番と却下されました。

とばっちり、
ごめんなさいね。
誰かが病気になると、家族が大変っていうけれど、君たちにはわかんないよね。

到着後、小梅の血液の検査をします。
検査の採血の際、シリンジに採取した血を見て
「濃い血!」と!お墨付きをいただきます。
いかに見た目で杏の血が薄いか…。

小梅の検査結果が出る間、杏の小さな短い腕に管を入れる準備をしていただきます。
農工大に入院中、そこに管が通してあったので、毛が剃られていました。
そこから今日は、輸血をしていただくことになります。
その後、その箇所はテープで固定されますが、小梅が採血の間は、久しぶりにエリザベスカラーもされます。

そして、小梅さん。
検査結果は、絶賛の数値で、問題なく採血していただくことになりました。
ヘマクリット値57%でした。

まずは左首下にバリカンが入ります。
採血、うまくいかず、
右首下、またバリカンが…。
2ヵ所、剃られてしまいました。

しかし、それから採血は迅速に済みました。
1kgに対して15ccが目安ということですが、80ccを採取。
太いシリンジに2本半、横にいた私が、小さい(ちなみに体重5.7kg)小梅から抜かれた血を見て貧血を起こしてしまいそうでした。

杏はそのままおあずけ。
小梅は杏の乗車していたバギーに乗りまた一旦帰宅します。

帰宅後は、杏不在で今まであげられなかったおやつをあげます。
小梅ありがとう。
甘夏、おつきあいご苦労様。

夕方6時45分、病院に電話。
シリンジからパックに入れられた血液を生食で入れているので、7時20分頃に迎えに来てくださいとのこと。
小梅の血液は無駄なく杏に入れられました。

帰宅してごはんを食べてもらいたかったけれど食欲なし。
無理矢理上顎に指から運んであげてみたけれど、量もそれほど摂れず、
その後、薬も一緒に吐いてしまいました。

ベッドで休むまでに三回の嘔吐。
熱もあるようで、アイスノンをからだの横に置きました。


近頃、夜明けが早くなったので、5時、ベッドの上の3頭は一斉に目を覚ましていました。
おはようのチューをした杏の舌はとても熱かったので、そのことを夫に訴えると、
「朝だからだ」と云われて、睡魔に負けてうとうとしてしまいました。
杏にしてみればそれは、何かを教えていたチューだったのです。
少しして起床します。
杏は床の上にいて、シートに○○チをしていました。

やはり少し元気がありません。
でも、写真のように集います。
私の大好きなシュンカン。

夫が午前、獣医さんに連れていってくれました。
熱があると言った言葉はカンではありませんでした。
39.8℃。今だかつてない高熱でした。

夫は、心配だったのでしょう。
その後、仕事をウチですることにしました。

私は仕事の後、ごはんの食いつきが悪く、もはや薬を一緒に飲ませることが困難なので、それをすりつぶすための乳鉢を買いに行きました。

出勤の時、ネットで探してみました。
Amazonで購入可能のもの、少し大きめですが、今から3時間後までの注文なら今日中に配送可能ということでした。

そこのショップが、原宿にあって全国展開している“生活の木“だということがわかります。
アクセスポイントの新宿店に連絡して在庫の確認をしました。
それまでに、いくつかの薬局をまわりましたが、扱うところは一軒もありませんでした。

“生活の木“は、京王百貨店6Fにあって、乳鉢は、手作りでハーブを楽しむための道具として販売されています。
他にも、ハーブを扱う店を見て回りましたが、在庫を持っているのはこちらだけで、後はお取り寄せということでした。

夕方、杏の散歩同行はやめます。
その前に嘔吐。
私と家でお留守番の時もまた嘔吐。

そして、深夜、また嘔吐。
吐き止め“セルニア“を飲ませます。


昨日は何もなければ完璧な日でした。
退院してからそういう日は一日もなかったように記憶しています。

午前0時半、杏、ベッドの上で落ち着かない様子だったそうです。
夫が気づいて、床に下ろすと、ぺットシートの上で嘔吐。
内容がよくありませんでした。
鮮血の塊がありました。

その後、悪くない状態の○○チもしました。
形は良くてもまだ、黒色便と言われるものでしょうが…。

昨日は何事もなく過ごせた一日でしたが、また心がざわついて、眠れなくなりました。

朝、元気でした。
当然、お散歩は行くつもりで、着替えをする私達から離れません。
相変わらず、ワンちゃんに遭遇すると、わんわかわん。

朝ごはん、また食いつき悪し。
2回目、違うものをあげます。
少し食べました。
一日6回でようやく入院した時の体重に戻りましたが、これではいけません。

筋肉がすっかり落ち、今では自力でベッドにジャンプすることもありません。

調子は悪そうではありません。

甘夏とは相変わらず寄り添って、時には腕枕です。(*^_^*)

結局、夕方、先日の血液検査の結果をお聞きすることもあって、獣医さんに連れて行くか行かないかは、
電話でお訊きすることにしました。

貧血の度合いを示す数値、外に検査に出されていて、19.6%とか、院内で計測した値とそれほどの誤差はありません。
抗がん剤の副作用で起こる肝機能の数値、それも異常はありませんでした。
白血球の増加、この数値が問題ですが、まぁ、落ち着いているなら今日は大丈夫でしょうと言われ、安心して家にいることができました。

私達も助かりますが、病院行き、杏くんにも負担なのです。


良かったり悪かったりとしていて、
「今一番しなくてはいけないことは【安静】なのではないか?」

「明朝の天気が雨なら杏をバギーで連れて行くのはやめる」
そう昨夜は言っていました。

でも、快晴。
連れて出ました。

昨日先生に、「よく吠えるんですけど、それって内臓疾患には刺激を与えてよくないですよね」
「そうですね。振動を与えるからね〜、でも、吠えるのもストレス解消だからね〜」
否定も肯定もされませんでしたが、やはりいいわけがありません。

わたしだってぎっくり腰で、
腰ってこんなにもいろんな動きで使っている部分なのだと実感していますから…。

散歩に出ると吠えるんです、杏。
そこでコースを変えてみました。
いつものコース、朝一番に会う方はおやつをいつもくださっていた大好きなおじちゃんです。
そこでわんわかわん。
当然杏はもらえませんから可哀そうです。

わんちゃんにも会うとわんわかわん。
ウチではとってもお利口さんなのに外に出ると、結構強気なのです。

安静にはほど遠い?
お留守番で淋しい思いをさせるより、バギーに乗車、わんわかわんでも、私はこちらの方が杏は幸せではないかと思うのです。

今日は何もなければ獣医さんには来なくても大丈夫と言われていました。
嘔吐もなし。
とっても落ち着いていました。

食欲、2回目までは問題なし。
4回目、食いつき悪く、薬を飲ませるのに手こずりました。
5回目、食べてくれました。
食欲に影響、何が原因でしょうか?


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM