写真では、分かりにくいでしょうか?
【柳櫻園茶舗】の、かりがねほうじ茶 『香悦』です。
鳥獣戯画が描かれたパッケージが好評で、そのお味も確かな、人気のほうじ茶です。

【鳥獣戯画】は京都にある高山寺で保管されている猿・兎・蛙などの動物が擬人化して描かれた絵巻物ですが、日本最古の漫画だと言われています。
【柳櫻園茶舗】さんの、包装には、この絵巻物のお馴染みの絵柄が使われています。

さて、ほうじ茶ですが、茎部分の多い、葉部分とのブレンドのほうじ茶です。
茶葉を見ると焙じた色は、緑がかった茶色。
茎も緑のものが見られます。
普通のほうじ茶は、見た目、茶色ですから、これには、美味しさ秘密が隠れていそうです。
同じ【柳櫻園茶舗】さんのほうじ茶 『金』 は、比べると全体的に茶色ような気がします。
茎がほとんどで、葉部分はないようです。

お湯を注ぐとすぐに、香ばしイイい香りがします。
淹れたお茶の色は、普通のほうじ茶のやや薄めの茶色です。
お味は、繊細で上品です。

焙じた香ばしさは勿論、豊かでお茶本来のいい香りがします。

ほうじ茶は、1杯目でほとんど出てしまって、2杯目以降は香りのないものになってしまうものが多い中、2杯目も十分に楽しめます。

とにかく店員さんも、こちらの『香悦』は、いただいてみれば、その違いを美味しさで確認できると、おっしゃいます。
その名『香悦』が示すということでしょうか。

パッケージの楽しさだけでなく、中身にこだわり、ネット販売をしないその精神、好感度が増すばかりです。

それを求めて買う喜び、東京では、新宿高島屋、催事中の新宿伊勢丹、乃木坂、新国立美術館などで、味わうことができます。



伊勢丹新宿店にて、2009年1月7日から開催中の 『京都展』へ、昨日、行って参りました。

お目当ては、【柳櫻園茶舗】の限定品、お抹茶を買い求めるためでした。
14日のお稽古で頂く、初釜用の抹茶を今年は、コレにすることにいたしました。

伊勢丹到着は、午後1時。
すでに人気の ”シトロン・サレ” の、『塩バターキャラメルロール』は、売り切れでした。
不景気はどこ吹く風?
このイベントには、多くのお客様が賑わい、イートインコーナーは長蛇の列でした。

お目当ての限定200点の 【長寿セット】、getできました。

その他に、オープニングサービスで、7日限りで販売されていたのが、
写真の【柳櫻園茶舗】鳥獣戯画塗缶入り煎茶です。
こちら、300点限りだそうです。
一つ、いただいてきました。

【柳櫻園茶舗】さんは、ネットでは、購入が不可能な、数少ないお茶屋さんです。

有名なお品は、パッケージにも印刷されている、『鳥獣戯画』で、お馴染みの『かりがねほうじ茶』ですが、
一昨年末、サントリー美術館で、本物を間近に見たことから、いっそうその絵柄が気になる存在になり、鳥獣戯画ものがあると、つい購買欲をそそられてしまいます。
同じ、乃木坂にある新国立美術館の、ミュージアムショップでは、その意匠が洒落ているからでしょうか?
『かりがねほうじ茶』、売っています。

さて、話は 【柳櫻園茶舗】 鳥獣戯画塗缶入り煎茶に戻りますが、こちら、大変お得でした。
雅柳ほりゑオリジナル鳥獣戯画塗缶は、直径16×高さ21cmあり、1kgのお茶がたっぷり入る大きさです。
お菓子入れとして、お洒落に使えそうです。
そして、煎茶、かぶせ玉露を厳選ブレンドしたもので500gのものが2つ入り。

私的には、福袋的な新年のHappyでした。

機会があれば、この伊勢丹の 『京都展』 は覗きに出かけるのですが、他にもお奨めしたいのは『伊藤組紐店』の真田紐です。
WEBでも紹介しておりますが、帯締めとして、手芸アイテムとして、洒落ていると思います。
茶道具店では、古帛紗やお茶碗、かなりお値打ち価格で求められます。

開催は12日(月・祝)まで。6階、催事場にて〜。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM